【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

介護職のブランクはなにが不安?乗り越えた体験談やおすすめ仕事紹介

「久しぶりに介護の仕事がしたい!」と思っても、ブランクがあると踏み出すのに少し不安を感じてしまうことでしょう。実は、ブランクがある介護士さんは同じ悩みを抱えていることが多いです。

今回では、介護職のブランクに対する不安の声やそれを乗り越えた体験談を紹介します。

ブランクのある方におすすめの介護の仕事についても解説していきますので、ぜひご覧ください。

目次

【口コミあり】介護職でブランクが長い方によくある不安の声

介護職にブランクがあると、復帰に対して不安になるものです。 あなただけではなく、ブランクがある方は案外同じことを思っています。

そこで、ここからはみなさんの口コミを参考に介護職でブランクが長い方によくある不安の声を紹介していきます。

介助で力が入るか心配

ブランクがあると心配なのが体力の低下です。 特に「介助時に力がうまく入らなかったらどうしよう」と心配する声はよく聞かれます。

トランスファーなど、体で覚えた介護技術もブランクがあると感覚を忘れてしまっているかと不安になる方も多いです。

仕事やご利用者様の情報を覚えられない気がする

ブランクにより、仕事内容やご利用者様の情報が覚えられなくなっているのではないかと心配する意見も聞かれました。

介護の仕事を続けていたときは肌感覚で沁みついていることも、ブランクが空くとその感覚がなくなってしまうのではないかと思ってしまいます。確かに導線が繋がらない状態で、また仕事を一から覚えることに対しては誰でも不安があるものです。

ブランクによって「介護の感覚が鈍り、覚えが悪くなる気がする」と思っている方は意外と多いです。

「デイサービスの仕事が覚えられない…」介護職がすべき3つの対策

自分よりキャリアのない介護士さんにダメな部分を指摘されることが恥ずかしい

いくら経験があったとしてもブランクが空くと、介護の知識や技術が現役の頃よりも衰えてしまうこともあるようです。 それが原因で自分より後に業界に入った介護士さんに「スキルがないと思われるのではないか」と心配されている方もいます。

仕事だから仕方ないとはわかっていても、自分よりも介護歴が浅い方に仕事の仕方について指摘されることを恥ずかしいと思う方も多いでしょう。

自分よりもキャリアが低い方もその職場では先輩になるので、そのバランスを保つのも難しいという意見もあります。

【作成例】介護職員のキャリアパスや評価シートの書き方を解説!

介護ケア方法の変化についていけるか不安

介護ケアの常識は、時代によって変化していくものです!

数年前はみんなが実践していたことでも、時間が経つと方法や形が変化していくこともよくあります。 ブランクがあると、そういった介護業界の時代の流れがわからず、現在の介護ケア方法に合わせられるかどうかと心配する意見も聞かれました。

ブランクを乗り越えた介護士さんの体験談4つ

ブランクがあることで心配になってしまう声も多いですが、一方で不安な中でもうまく乗り越え、現在ではイキイキと仕事を再開されている方もいます。 イキイキとお仕事を続けられている方はどうやってブランクを乗り越えたのでしょうか。

ここからはブランクを乗り越えた経験を持つ介護士さんの体験談を4つ紹介していきます。

最近出版された参考書を読んでみた

私が介護の仕事をしていたのは10年以上前です。最近では制度も主流とされる介護ケアのやり方も変わっているのかなと思ったので、参考書や動画を読んで勉強するようにしました。
そしたら、心配も消え、今ではみんなと大差ない介護技術を身に着けることができています

介護業界や現場の常識は、時代によって違う部分もあります。 そのため、最新の情報を取り入れていくことは大切です。情報を自ら習得して、ブランクを乗り越えた良い例ではないでしょうか。

【体験談あり】ブランクがある介護職の勉強法やおすすめの働き方紹介

SNSで介護士さん達と交流し、悩みや最近の介護事情について共有した

ブランクがある中での介護業界への出戻り。最初は戸惑いが多く、悩みがちになりました。そんなときはSNSで介護士さん達と交流し、悩みや最近の介護事情について共有することにしています。
さまざまなお話しが聞けたり、辛いことも共感していただけたりするので、めげることなく介護の仕事をまた続けることができています

ブランクによる不安や悩みを共感し合える方がいるだけで、心の支えになるという方は多いです。 一人で悩まず、心配事を共有できる場所をぜひ確保していきたいところです。

スロースタートとしてバイトやパートから始めたらうまくいった

スロースタートとしてバイトやパートから始めたら、うまく介護の仕事に馴染めました。
ブランクが不安でしたが、気軽にできる仕事ばかりだったので、安心して新たな経験を積むことができたと思います

ブランクによって不安になっているときは、最初から正社員の雇用形態にこだわらず、バイトやパート職員として仕事を再開することもおすすめです。

介護単発バイトなら「カイテク」などを使って、介護の仕事をスロースタートしていきましょう。

【カイテクの評判を徹底調査】ユーザーレビューからわかる顧客満足度

プライドを捨てて質問したことで新しい知識が身につく喜びに繋がった

自分よりもキャリアの浅い方に質問をすることは少し勇気がいります。
しかし、不要なプライドを捨てて思い切って質問してみたら、新しい知識を習得することができました。
プライドはないほうが周囲ともうまくいくと思います

介護に限ったことではないですが、いつでも成長できるのは、不要なプライドを持たず、誰にでも質問できる人です。不要なプライドを持つと、余計なストレスにも繋がってしまいます。

キャリアの浅い方にも積極的に仕事を教えてもらう姿勢でいきましょう。

ブランクがある方におすすめの介護の仕事は?

ブランクがある方にとって、介護の仕事を再開することは少し勇気が必要かもしれません。 そういった場合には、いきなり全力で働くよりも、最初はハードルの低い業務内容から選んでいくと良いでしょう。

そこで、ここからは、ブランクがある方におすすめの介護の仕事4つを紹介していきます。

グループホームでの認知症ケア

グループホームは、認知症ケアに特化した介護施設であり、ご利用者様の定員数は最大で9名となっています。 そのため、家庭的な雰囲気の中でゆっくりと介護ケアをすることが可能です。 介護士としての経験があってもブランクがあることで「せかせかと仕事をする自信がない」という方もいるでしょう。

グループホームのゆったりとした空間の中でご利用者様と向き合いながら時間を過ごすのも良いでしょう。

グループホームのトラブルあるある4選!対処法や事前回避方法も解説

少人数制の地域密着型デイサービス

デイサービスは、大型の施設だけでなく、少人数制のものも存在します。 少人数制の地域密着型のようなデイサービスであれば、こじんまりとした雰囲気の中で、ご利用者様とゆっくりと関わりながら仕事ができます。

全体的に要介護度が低く、介護量が少ないデイサービスも多いため、そういった職場で働くことから始めてみても良いでしょう。

【働きやすい】デイサービス(通所介護)の仕事内容とは?施設別の働き方の特徴

介護保険外の訪問サービス

よく知られる保険内の訪問介護サービスは身体介助や生活援助などがメインで、慣れていないと大変な仕事が多いですが、介護保険外の訪問介護サービスは少し内容が異なります。 お話し相手やお買い物の付き添いなどの仕事内容も多いため、ブランクにより介護技術に不安があっても、取り組みやすいでしょう。

ブランクが心配な方は保険外の自費訪問介護サービスの事業所で働いてみるのはいかがでしょうか。

個人で自費ヘルパー(介護保険外)サービス開業する方法は?

特養や老健のような大型施設なら単発バイト

上記では地域密着型デイサービスやグループホームなど、小規模な施設ばかりを紹介してまいりましたが、大規模な施設がブランクのある方に不向きというわけではありません。

比較的、ご利用者数が多い、特養や老健などでも、単発バイトであればスロースタートとして負担なく介護の仕事を再開することができます。 例えば、介護単発バイトアプリ「カイテク」を利用してみるのはいかがでしょうか。

ブランクがあっても、特養や老健の仕事を気軽にスタートすることが可能です。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

介護職のブランクは働き方次第で乗り越えられる!

介護職のブランクは、働き方次第で十分乗り越えることが可能です。 不安な方は、特にカイテクを使ったスロースタートがおすすめです。 カイテクで求人を掲載している事業所の多くは、ブランクのある方も歓迎しています。 ぜひ、カイテクで単発バイトを重ね、介護の仕事に再び慣れていただきたいと思います。

【例文あり】介護にブランクがある場合の志望動機や記載の注意点解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次