【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

【体験談あり】ブランクがある介護職の勉強法やおすすめの働き方紹介

「介護の仕事を再開したいけれど、ブランクがあって心配」とお考えの方に、必見の情報をお届けします! ブランクに対する不安を解消し、安心して介護職に復帰するために必要な勉強やタスクを整理してみましょう。

今回では、経験豊富な介護士の方々の体験談を交えて、効果的な勉強方法や就職前に行っておくべきことをご紹介します。

ブランクが気になる方に向けて、おすすめの介護の働き方も解説しますので、ぜひご一読くださいね。

【例文あり】介護にブランクがある場合の志望動機や記載の注意点解説

目次

【体験談あり】みんながやっていた介護のブランクがあるときのおすすめ勉強方法3選!

介護のブランクがあると、現場に戻ろうとする際に「本当に仕事ができるかな」と心配になることがあると思います。

ブランクに不安を感じる場合は、復帰前に介護の勉強を少ししておくことをおすすめします。

そこで、ここからは、ブランクのある介護士さんが実践していたおすすめの勉強方法3つを解説していきます。

動画でトランスファーなどの介助方法を復習しておく

介護技術に不安があったYさん。Yさんは下記の勉強方法でブランクを乗り切ったと教えてくれました。

ブランクがあって心配だったので、介護技術を復習しました。
いまでも移乗介助に必要なトランファーなどの動画をみて、やり方を思い出すようにしています。
現役でずっと移乗介助をしていたときには体に沁みついたものでも、ブランクがあると忘れてしまい不安になります。
介助方法もそれぞれ復習しておくと復帰が安心かもしれません。

介護の仕事から離れていると、体で覚えていたトランスファーなどの介助方法を忘れてしまうことがあります。

動画や参考書で復習しておくだけでも、移乗介助を頼まれたときにすぐに対応できるようになります。

登録者数1万人越え!人気介護系YouTuberをコンテンツ別に厳選!

なるべく新しい参考書を読んで変わったことを勉強しておく

介護のブランクが長かったというYさん。ブランクが長いゆえの不安とその対処方法を教えてくれました。

私は介護のブランクが十数年ありました。
私の知っている介護ケアは現在行われていない可能性もあると思ったため、最近主流になっている介護ケアの方法や新しい知識を知るために参考書を買いました。
復帰してからも、わからないことがあると参考書を読むようにしています。

介護業界の常識は時代とともに変化します!

ブランクがあると、介護の風潮や制度の変化についていけるか不安になる方もいると思います。 そういったときには、最近出版された新しい参考書を購入してみると良いでしょう。

新しい知識を取り入れることで、現場復帰したときによりスムーズに適応できるかもしれません。

【最新2024年度】介護福祉士国家試験に合格できる参考書のおすすめランキングTOP5

SNSで現役の介護士さんに質問する

ブランクゆえに新しい職場の介護職員とうまくやっていけるか不安だったというRさん。RさんはSNSを活用してその状況を乗り越えたといいます。

現場復帰して最初、誰とも話せず、なんとなく居心地悪さを感じていました。
既存のスタッフさんも、私が経験者であることを知っていたため、なんとなく新人に対する扱いではなくて「もうこれくらい知っているもの」として、最初から結構ハードな業務を任せられていました。
しかし、内心は不安で「私のやり方が間違っていたらどうしよう」と考えている一方、なかなか他のスタッフさんにそれが相談できなくて…。
そんなときにSNSで介護士のみなさんに相談するようにしていました。
介護ケアの方法や人間関係についてなど、さまざまなことを話していくうちに私の中の介護知識もアップデートされ、今では現場で活躍できるようになりました。

ブランクがある介護士さんは、新人さんとは異なる問題に直面することがあります。

SNSを活用することで、悩みを共有し、現役の介護士さんから様々な知識や情報を得ることができます。

ブランクのある介護士さんが就職までにやっておくことベスト4

ブランクのある介護士さんが安心して現場復帰するためには、事前準備が大切です。

そこで、ここからは、ブランクのある介護士さんが就職までに行っておきたいことベスト4を紹介していきます。

生活習慣リズムをつけておく

介護の仕事は、移乗や入浴介助など、体力を必要とする場面が多いです。 そのため、再就職したばかりで生活習慣が整っていないと、余計に疲れてしまうかもしれません。

しばらく仕事から離れていた方は特に、生活習慣を整えておくことをおすすめします。

すぐに取り出せるメモ帳を用意しておく

介護の仕事は、覚えることが多いです!

ご利用者様の情報や介助方法、業務の流れなど、多くのことを記憶しなければなりません。 口頭で伝えられただけでは覚えられないことも多く、常にメモ帳が必要になるでしょう。

先輩スタッフからの指示をすぐに記録できるように、ポケットサイズのメモ帳を予め用意しておくことをおすすめします。

メモ帳を用意して勤務すると、周りのスタッフから意欲があると評価され、好感を持たれる可能性もあります。

不要なプライドは捨てておく

介護の経験があると再就職する際に、介護ケアについて知っている内容が多く、ついついプライドを守りたくなることがあります。 しかし、「私はそれくらい知っている」という態度を持つと、先輩スタッフからの指導や指示を無視することにつながり、好印象を損なう可能性があります。

知っていることがあったとしても、初心に戻り、謙虚な姿勢で業務に取り組むことが望ましいです。

再就職は、新たな知識や経験を磨くチャンスでもありますので、この機会に不要なプライドは捨て、新しいことをどんどん取り入れていきましょう。

最初は仕事でいっぱいいっぱいになることを想定した準備をしておく

再就職したては、慣れない環境で多くのことを覚える必要があるため、通常よりも疲れやすいでしょう。 それを予め想定して、仕事以外の予定は余裕を持たせておくことも大切です。

休日は予定で埋めず、1日は体を休めるようにするなど、最善の状態で業務に臨むことができるよう調整していくことが、長く続ける秘訣となります。

ブランクがある介護士におすすめの働き方

ブランクがある方が再就職して、介護士としてうまくやっていけるか不安になることもあるかもしれません。 その場合は、就職先をうまく選んでいくのがおすすめです。 

いきなり大変な介護施設を選ぶのではなく、比較的ゆっくり仕事ができるようなジャンルの働き方を選択すると良いでしょう。 

そこで、ここからは、ブランクがある介護士におすすめの働き方を紹介していきます。

話相手・見守り中心の保険外訪問介護の仕事

通常の訪問介護サービスは、1対1で身体介助や生活支援などを行う必要があり、ブランクのある介護士さんには少しハードルが高いかもしれません。 しかし、保険外の訪問介護サービスは少し業務内容が違います。 例えば、お話し相手や推し活の付き添いなど、負担なくできる業務を頼まれることがあります。 

最近では、保険外の訪問介護サービスの仕事が気軽にできるマッチングサービスもあるため、登録して少しずつ始めてみるのもよいかもしれません。

介護度が全体的に低い住宅型有料老人ホーム

一概にはいえませんが、介護サービス種別の中でも、住宅型有料老人ホームに入居されているご利用者様は比較的介護度が低い傾向にあります。 特養のように、要介護度が高めの方がそれほど多くないため、介護量も必然的に少ない可能性が高いです。 

ブランクにより、介護技術に自信のない方は、まず住宅型有料老人ホームを始めとした全体的に介護度が低めの施設で働いてみるのがおすすめです。

対応人数の少ないグループホーム

ブランクのある方のスロースタートとしてはグループホームもおすすめです。 グループホームは、少人数制の認知症対応型施設であり、ご利用者様の定員は最大9名です。 家庭的な空間の中、少人数のご利用者様と過ごすため、他施設に比べ、ゆったりとした時間の中で業務を行うことができます。 

せかせかと仕事する自信がない方は、まずグループホームで復帰を検討されるのも良いかもしれません。

グループホームのトラブルあるある4選!対処法や事前回避方法も解説

ブランクがある介護士さんのスロースタートにはカイテクがおすすめ!

ブランクがある介護士さんに最もおすすめな復帰方法は、カイテクの活用です。カイテクは、看護・介護に特化した単発バイトアプリであり、多くの介護事業所が毎日求人を出しています。

現在ユーザー数10万人以上の人気アプリで、求人数も多く、さまざまな介護サービス種別のバイトの体験が可能です。バイトは単発のため最短で数時間の勤務も選択でき、精神的な負担もなく手軽に介護復帰が目指せてしまいます。さまざまな介護サービス種別のバイトに入れば、介護の勉強をし直すことにも繋がるかもしれません。

すぐに就職することに抵抗がある方は、まずスロースタートとしてカイテクを利用してみるのはいかがでしょうか。カイテクで気に入った事業所があれば、そのまま就職することもできます。

便利なアプリをうまく活用しながら介護の勉強をして、思い切りご自身の力を現場で発揮していただきたいと思います。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次