【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

介護の新しい働き方って?方法や押さえるべきポイントも解説

介護の仕事を続けたいけれども、今とは異なる働き方を模索している方もいることでしょう。 実は、介護分野において新たな働き方の取り組みが業界全体で進行中であることをご存知でしょうか。 

今回では、具体的な情報を求める方々のために、厚生労働省のウェブサイトを参考にその内容について解説していきます。 

さらに、自ら始めることのできる新たな介護の仕事や留意すべきポイントも紹介していきますので、ぜひご一読ください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

介護の新しい働き方の具体策は?

介護現場は、職員の業務負担が大きく、待遇が良くないこと、離職率の高さや人手不足など、これまで多くの問題を抱えていました。しかし、近年、介護現場のそういった課題に着目し、厚生労働省ではさまざまな取り組みが行われています。そういった取り組みのことを介護業界では「介護の新しい働き方」と表現する人もいます。

そこで、ここからは、介護の新しい働き方とは具体的にどのようなものであるのか、厚生労働省HPの内容を参考にまとめていきたいと思います。

AIの導入

介護現場にテクノロジーを導入することにより、サービスの向上や職員の負担軽減を図る取り組みが行われています。介護現場の助けとなるテクノロジーは、見守りシステムやICT、介護ロボットなどです。

介護現場でテクノロジーが導入しやすいよう、補助金や相談窓口などを設置するなど国や都道府県で積極的に支援を行っています。

参照:厚生労働省の資料

人員配置の緩和

介護現場の慢性的な人手不足により、人員配置基準を満たすことが難しいと頭を抱える事業所も多いです。しかし、近年開発された見守りシステムを導入し、条件を満たすと、人員配置基準が緩和されるようになりました。また、2024年には外国人の介護職員に対する人員配置基準の緩和も決定されています。

以前よりも人員配置基準に縛られすぎず、事業所を運営していけるといった声も聞かれています。

参照:公共コメント

処遇改善

近年、介護職員の離職防止や介護サービスの質向上を目指して、処遇改善としてさまざまな加算が設定されるようになりました。それにより、介護職員の平均収入が数年前に比べて上がっています。

今後も介護業界の需要は高く、ますます介護職員の平均収入が上がるのではないかと予想する声も多いです。

介護職員の処遇改善加算を簡単に解説!条件やQ&Aも紹介

自分で始められる介護の新しい働き方は?

介護の新しい働き方についての取り組みについて解説してまいりましたが、

それだけでは自分の仕事スタイルまではそこまで変化がない…

と思っている方もいるのではないでしょうか。確かに、介護業界全体で働き方改革の取り組みを行っていても、実際に現場にいる方の仕事スタイルが変わったとは実感しにくいかもしれません。

そんな方には、個人で始められるような新しい働き方に挑戦してみることがおすすめです。

そこで、ここからは自分で始められる介護の新しい働き方4つを紹介していきます。

介護本業+在宅の副業

新しい働き方の一つとして、本業をしながら副業に挑戦してみるという方法があります。介護の本業がある安定した状態のため、副業を楽しんで取り組むことができるでしょう。

副業は、在宅でできるようなものがおすすめです。介護関係のライターや動画編集者なども良いですし、全く違うジャンルの仕事に挑戦してみるのも良いかもしれません。

自分に合う在宅の副業を探し、楽しく稼ぐことに挑戦していきましょう。

絶対バレない!介護職員向けの賢い副業・ダブルワーク活用術

フリーランス介護士

フリーランス介護士という言葉が最近流行っていることをご存じでしょうか。フリーランス介護士とは、その名の通り施設に所属せず、フリーランスとしてさまざまな介護施設などに働きにいく介護士のことです。フリーランス介護士が引き受ける仕事は、訪問介護サービスや保険外サービス、介護施設内の仕事などさまざまです。

カイテクなどでスポット的に仕事ができるアプリを活用して仕事を受注している方もいます。

まさに新時代の新しい働き方であるといえるでしょう。

フリーランス介護士になる方法とは?働き方やメリット・デメリットを解説!

夜勤専従

夜勤専従という働き方も人気が高いです。最近では、夜勤専従の求人も多く、比較的取り組みやすい働き方といえるでしょう。

同じ施設の夜勤を繰り返し勤務するパターンもありますし、カイテクなどのアプリを使ってさまざまな施設の夜勤を単発で入る方法もあります。

介護でも稼げる!夜勤専従の年収や仕事内容とは?向いている人の特徴も解説!

介護パート+介護単発バイト

さまざまな事情でフルタイムで働くことができず、パート職員として介護施設に勤務している方もいるのではないでしょうか。そんな方に多いのが給料問題です。

フルタイムで働けるわけではないため、正社員にはなれず、「パート職員として働いているけど、頑張っているのに給料に満足できない」と思っている方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのがパートの副業として単発バイトを行うという方法です。

介護求人数が多い「カイテク」であれば、近くの介護施設の単発バイトを探すことができます。

求人は単発でのバイトであるため、急な休みや空き時間に効率よく稼ぐことが可能です。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

介護で新しい働き方をする前に押さえておきたいポイント

介護の新しい働き方はとてもおすすめですが、注意点もあります。新しい働き方を目指す前に、押さえておきたいところです。

そこで、ここからは介護の新しい働き方をする前に押さえておきたいポイント3つを解説していきます。

副業をしたい場合は職場に可能か確認しておく

副業をする場合には、本業先が副業OKな職場であるかどうかを確認しておく必要があります。規約などに副業禁止の文言があった場合、違反すると何らかのペナルティが課せられる可能性があるからです。また、上司が副業を良く思っていない職場であれば、バレたときに印象を落としてしまうかもしれません。

トラブルになり、後悔しないためにも、副業OKの職場であるかをしっかりチェックしておくようにしましょう。

リスクも理解しておく

新しい働き方にはさまざまなリスクがあります。例えば、フリーランス介護士であれば、どこにも所属しない働き方であるため、社会保険料を企業に負担してもらえなかったり、いざという時に職場に守ってもらえなかったりという問題も発生します。

また、仕事が急に受注できなくなる恐れもあります。そういったさまざまなリスクを理解しないまま、無計画に新しい働き方に移行してしまうと後悔してしまう結果になってしまうかもしれません。

新しい働き方に挑戦する前に、必ずリスクを考え、それに備えるようにしましょう!

計画を具体的に立ててから、挑戦することがおすすめです。

資格を取得しておく

フリーランスや副業を始めて稼ぎたいと思うなら、資格を取得しておくと有利です。実務者研修や介護福祉士、ケアマネなどの資格を取得しておくことで、さまざまな仕事が受注しやすくなります。実際に、フリーランス介護士として活躍されている方は、資格を取得し、カイテクなどのアプリを使って仕事を得ています。

カイテクで応募する際には、介護系の資格が必須となるため、取得しておくと働き方の幅も広がるかもしれません。

介護の新しい働き方にはカイテクがぴったり!

介護の新しい働き方は、単調な毎日に飽きてきた方や職場に不満がある方には、特に合っているかもしれません。また、介護の新しい働き方に挑戦したいなら、フリーランスや副業に最適なカイテクがおすすめです。

便利なアプリをうまく活用し、自分スタイルの新しい働き方に挑戦していきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次