リンパマッサージに資格は必要?看護師が開業するうえで抑えておくポイントやおすすめの資格を紹介!

リンパマッサージで独立したいと考えている看護師の方は多いでしょう。看護師の資格や経験を活かせば、一般的な人よりもサロンの信頼度を高めやすいです。しかし資格によっては、看護師資格では開業できない場合があります。

マッサージ資格やサロン運営の特徴を知っておくことで、時間やお金を無駄にせずにすみます。

今回では、マッサージ資格の特徴やサロン運営をする際の注意点を解説するのでぜひ最後までご覧ください。

https://caitech.co.jp/media/15823/

目次

リンパマッサージに資格は必要?

リンパマッサージの資格には医療系と美容系があります。仕事によっては、国家資格が必要な場合や無資格でも始められる仕事があります。

リンパマッサージで開業したい看護師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

“医療系”マッサージには国家資格が「必要」

医療系リンパマッサージとは、病気の治療やリハビリテーション、身体機能の改善を目的としたケアです。リンパマッサージを通して、リンパ浮腫の改善につながる施術を実施します。そのため医療系マッサージをするには、医師や看護師、あん摩マッサージ師などの国家資格が必要です。

資格によっては、特定の国家資格を取得していないと開業できない仕事もあるので気をつけましょう。

“美容系”マッサージには資格は「不要」

美容系マッサージとは、フェイシャルサロンやボディマッサージなどストレスや疲労の軽減を目的としたケアです。美容サロンは資格がなくても開業できますが、民間資格も多くあります。サロン運営をするうえで資格が必ずしも必要ではないものの、スキルアップや信頼性につなげるために取得する方もいます。

民間資格は課題を提出したり講義を受講したりするだけで取得できる場合もあるので、開業前に取得しておくのはおすすめです。

医療系マッサージの代表的な資格

医療系マッサージの代表的な資格を紹介します。

  • 医療リンパドレナージセラピスト
  • リンパ浮腫セラピスト
  • MLD認定セラピスト

看護師の国家資格を保有している方は、医療系マッサージで開業できるのでぜひ参考にしてみてください。

医療リンパドレナージセラピスト

医療リンパドレナージセラピストは、リンパ系の機能促進を目的としたマッサージを提供する仕事です。取得要件には医師や看護師、あん摩マッサージ師などの国家資格が求められます。ただし、独立開業できるのは医師とあん摩マッサージ師のみとなります。

看護師は医療リンパドレナージセラピストの資格を取得できますが、独立はできません。

職場でのスキルアップを目指した方にはおすすめです。

リンパ浮腫セラピスト

リンパ浮腫セラピストは、リンパ浮腫の改善につながる治療や日常生活のスキンケア・指導などを医師の指示に基づいて行える資格です。資格を取得するにはいずれかの国家資格が必要です。

  • 医師
  • 看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士

いずれかを取得後、浮腫に関する研修を受講します。そして、認定研修に合格することでリンパ浮腫セラピストになれます。

独立開業するには、国家資格を保有し認定研修に合格するのが条件です。

MLD認定セラピスト

「マニュアル・リンパドレナージ(MLD)は、デンマークのエミール・ボッダー博士が開発したリンパ排出をする手技です。オイルやパウダーを使わず、肌に優しく触れながらリンパ管をマッサージします。

資格コースは、基礎・応用・治療専科課程の3段階に分かれており難易度は高めです。また、受験資格は医師や看護師、マッサージ師の国家資格を保持が条件です。

資格要件を満たし、MLD認定セラピストの資格を取得すれば独立開業ができます。

美容系マッサージの民間資格

美容系マッサージの民間資格は、スキルや店舗の信頼性を上げるために重要です。ここでは、人気の美容系マッサージ資格を紹介します。

  • オリエンタルリンパドレナージュセラピスト
  • リンパケアセラピスト
  • リンパリファインセラピスト

それぞれ解説します。

オリエンタルリンパドレナージュ講座

オリエンタルリンパドレナージュセラピストは、東洋医学を取り入れたボディケアを学べる民間資格です。

ツボとリンパのマッサージを施すことで、だるさやむくみを解消する効果があります。

以下の3つの通信講座を修了することで認定証を取得できます。

  • フルボディケアコース
  • 小顔リフトアップケア
  • 美脚ヒップアップケア

これらの講座を修了することで資格を取得でき、美容業界から高い注目を集めています。

リンパケアセラピスト

リンパケアセラピストは、人体の基礎知識から精油(アロマオイル)の効能などを学び、効果的なリンパケアを提供する仕事です。マッサージ以外にも、リンパの流れを改善する食べ物の知識が得られます。

資格を取得すれば、肩こりや腰痛の改善、ダイエットなど、目的に応じたリンパケアを提供できます。

試験は「一般財団法人日本能力開発推進協会」と「日本メディカル心理セラピー協会」から受験が可能です。一般財団法人日本能力開発推進協会から受験する場合は、通信講座を運営する「キャリカレ」からの受講が必要です。

日本メディカル心理セラピー協会から試験を受けるには、独学かSARAスクールのリンパケア心理基本コースを受講する必要があります。SARAスクールのリンパケア心理基本コースを修了すると試験が免除されます。どちらの協会からでも合格基準は得点率70%です。

リンパリファインセラピスト

リンパリファインセラピストは、美容ストレッチやリンパマッサージからリンパ療法の歴史・理念など、実技と理論をバランスよく身につけられる資格です。また、東洋医学を取り入れたオリジナルメソッドを学ぶことも特徴です。

資格を取得するには「グローバルボディケア総合学院」の通信講座を修了し、課題を提出する必要があります。グローバルボディケア総合学院は、「一般社団法人国際セラピスト支援振興協会(ITSA)」が主催する指定校です。

セラピストがスキルアップを目指すために通う権威ある学校であり、資格取得により「厚生労働大臣認可全国整体療法協同組合認定 認定書」も発行されます。

開業する際のアピールにもつながるので、ぜひ取得してみてください。

よくある質問

リンパマッサージに関するよくある質問は以下のとおりです。

  • リンパマッサージの企業に必要なことは?
  • リンパマッサージ起業の収入は?
  • リンパマッサージ起業の注意点は?

それぞれ解説します。

リンパマッサージの起業に必要なことは?

リンパマッサージ起業に必要な要点は以下の通りです。

  • 資金
  • 必要な物品
  • 場所

リンパマッサージは店舗ビジネスですので、物件や必要な物品の初期費用が発生します。内装工事や広告費用を含め、約200万円の資金が必要です。運営後も、家賃や人件費などのランニングコストを考慮する必要があります。サロンの運営場所も重要で、テナントを借りるか、自宅で始めるかによって資金の必要額が変わります。

自分の状況に合わせ、必要な手段を選択してください!

コストや広告費を削減したい場合は、レンタルサロンやフランチャイズに参加するなどの選択肢があります。

リンパマッサージ起業の収入は?

サロン運営は立地やリピーターの数によって収入が変動しますが、店舗の知名度が上がれば高収入も期待できます。自分の努力次第で、年収1,000万円以上も可能です。

収入を最大化したい方は、自宅サロンの運営がおすすめです!

自宅の一室をサロンに改築して開業することで、ランニングコストを抑えることができます。

https://caitech.co.jp/media/15828/

リンパマッサージ起業の注意点は?

リンパマッサージのようなサロン運営をする場合、以下の点に留意する必要があります。

  • 金銭面の負担を最小限にする
  • コンセプトを明確にする

サロン運営では初期費用や固定費がかかります。独立初期は客数が少ないため、売上が少なく赤字になることも考えられます。自宅でのサロン運営や最低限の物品で始めるなど、工夫が必要です。

また、起業する際はサロンのコンセプトを明確にすることが重要です。ターゲットの明確化がないと、提供サービスが誰向けなのか不明確で、SNS運用や広告の効果が上がりません。

具体的なターゲット層(例:「働き盛りのサラリーマン男性」や「育児と仕事の両立を頑張るママさん」)を定めておくことがおすすめです。

https://caitech.co.jp/media/17675/

国家資格を保有する看護師はリンパマッサージ起業を有利に進められる!

看護師の資格があれば、医療系マッサージでの起業も可能です。もちろん、資格が低い美容系マッサージでの独立も可能です。看護の知識を活かしたマッサージ提供は他店との差別化になり、ビジネスを有利に進めるでしょう。開業の際には注意点を抑え、積極的にサロン運営を始めてみてください。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 給与は最短15分で当日にGET
  • 転職・副業にも利用できる
  • 専門職としてスキルアップ

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次