【看護師でも可能】自宅でサロン運営をする際のポイントや注意点

エステやネイルなどのサロンは特別な資格がなくても始められます。そのため、看護師の経験を活かして開業したいと考えている方もいるでしょう。しかし開業前に経営の注意点を知らないと、廃業リスクを上げてしまいます。

今回では、看護師の経験をサロン運営に活かす方法やおすすめの起業アイデアを紹介します。

自宅サロンを運営する際の気をつけるポイントも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

看護師の経験がサロン経営に活かせる理由

看護師の経験がサロン運営に活かせる理由は以下のとおりです。

  • 他店と差別化しやすい
  • パーソナルな対応ができる

それぞれ解説します。

他店と差別化しやすい

サロン運営を始めるには、特別な資格や届出が必要ありません。そのため、誰でも参入しやすく、競合が増えているのが現実です。しかし、看護師の経験があると、具体的には以下のようなサービスを提供できます。

  • 肌質に合わせたスキンケアプログラムや安全な製品の提案
  • 皮膚の健康に関する専門的なアドバイスや疾患予防に関する指導

看護師の経験や知識を活かした集客が可能です。今後は副業・起業ブームにより、個人でビジネスを始める方が増えます。

看護師の経験を活かしたサービスを提供できることは、あなたのサロン運営に役立ちます。

パーソナルな対応ができる

看護師は、患者さんに寄り添ったコミュニケーションを取ることが得意です。そのため、ヒアリングを通したパーソナルな対応ができます。顧客の悩みに特化して、カウンセリングやアフターケアのサポートなどを提供できるでしょう。

看護師の人間関係スキルも起業する際に役立ちます。

看護師が自宅サロンを開業するために必要なこと

看護師が自宅サロンを開業するために必要なことを紹介します。

  • 事業計画を考える
  • 開業資金を集める
  • 必要な許可や資格を取る

これからサロン運営を始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

事業計画を考える

事業計画は、短期・長期のビジネス目標を設定し、それらを達成するための具体的な戦略を策定するものです。自宅サロンの運営には、ボディフェイシャルやネイル、マッサージなど、さまざまなビジネスモデルが存在します。

提供するサービスによって、ターゲット層も大きく異なります。したがって、目標を定めずに始めると、SNS戦略や営業方法で迷う可能性があります。

自宅サロンを運営する前には、事業計画を立てることが重要です!

大きな失敗を避けるためにも、具体的な経営方針を定めてからの活動がおすすめです。

https://caitech.co.jp/media/15828/

開業資金を集める

サロン運営には、人件費や設備費などがかかるため、開業資金が必要です。開業資金を調達したい場合は、国の助成金や補助金を活用しましょう。クラウドファンディングや銀行からの融資など、さまざまな方法がありますが、返済義務やリターンの提供が伴います。国の支援制度では原則的に返済が不要であり、融資よりも低リスクで開業資金を調達できます。一部の支援制度には、以下が含まれます。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • 事業再構築補助金
  • 地域創造的起業補助金

『資金調達ナビ』というサイトには、補助金の詳細情報が記載されていますので、ぜひ確認してください。

必要な許可や資格を取る

サロン運営には、特定の資格取得や申請手続きが不要なケースもありますが、信頼度向上のために資格を取得することも一考です。エステやネイルなどには、いくつかの民間資格が存在します。

代表的な資格には、以下があります。

  • ネイリスト検定2級
  • 脱毛士検定(一般社団法人 日本脱毛安全普及協会)
  • AJESTHE認定エステティシャン

民間資格の中には、研修や課題提出だけで取得できるものもあります。サロン運営に資格が必要な場合は、ぜひ取得を検討してみてください。

看護師が始められる自宅サロンの開業アイデア

自宅サロンの起業アイデアは幅広いです。そのため、ここでは美容系やエステ系に分類して紹介します。どのサロンを自宅で運営したいか考えながら読み進めてください。

美容系サロン

美容系サロンは、まつ毛パーマやネイル、ヘアなど美容のサービスを提供する店舗です。まつ毛パーマやネイルサロンは必要な機材が少ないため、初期投資を抑えながら始められます。また、資格も必要なくすぐにスタートできます。

ただし、スキルアップやサロンの信頼度を高めるために資格を取得したい方もいるでしょう。美容系は民間資格が多いので、誰でもすぐに取得できます。

「ネイリスト検定2級」や「ジェルネイル検定中級」があると、現場で活躍できるスキルが磨けます。

エステ系サロン

エステ系サロンはボディケアやフットケア、脱毛などを行うお店です。お客さんの身体に直接触れるケアを提供します。看護師は医師の指示のもと、必要に応じて患者さんをマッサージする機会があります。

商業的なマッサージではないものの、経験があるため取り組みやすいでしょう。また、看護師の国家資格があれば、医療資格の取得要件を満たしています。

他店と差別化するためにも、医療マッサージの資格取得がおすすめです!

「リンパ浮腫療法士」や「医療リンパドレナージセラピスト」のような医療マッサージができる資格を取得できます。

教室系サロン

教室系サロンでは、ヨガやハンドメイドなど自分の得意なことを提供できます。趣味や特技を仕事にできるので、特別な資格は必要ありません。スクールや講座に通う必要もなく、看護師をしながらでも取り組めるでしょう。

看護師の経験とは関係ないものの、スキルを教えるのが好きな方には向いています。

ヒーリング系サロン

ヒーリング系サロンは占いやアロマセラピーなど、心身の癒しを提供する店舗です。お客さんの話を聞き、悩みを解決するのが主な仕事です。人の悩みを聞くヒーリング系の仕事には、民間資格が多く存在しています。

無資格でも開業できますが、自宅サロンの信頼につなげるためにも資格を取得するのは有効です。

看護師のコミュニケーションスキルも活かせるので、ぜひ取り組んでみてください。

自宅サロンを運営する際の注意点

自宅サロンを運営する際の注意点は以下のとおりです。

  • 経営の知識がないと運営が難しい
  • 医療機器を取り扱った営業ができない

それぞれ解説します。

経営の知識がないと運営が難しい

サロン運営において経営の知識があると、安定した収益を得るための基盤を築けます。たとえば、収益管理やコスト削減など、サロンの財務を維持するための会計知識が身につきます。

市場のニーズに合わせてサービスを調整することも可能です。いち早く新しい機器や施術を導入できるので、新規のお客さまを集客できます。

経営の知識を身につけて、安定した収益を得られる自宅サロンを運営しましょう。

医療機器を取り扱った営業ができない

美容サロンでは、医療機器の使用や医療行為が禁止されています。レーザー機器やスチーマーなどは、お客さまの皮膚の状態によって怪我を負わせるリスクがあるので使用できません。そのため、美容サロンを運営する前に使用できる機器を知っておくことが重要です。

美容系サロンでは、具体的には以下のような機器が利用できます。

  • 脱毛機
  • 痩身機器
  • 美顔機

一般利用もされているIPL(インテンス・パルス・ライト)を使用した脱毛器や、超音波で老廃物を流す「キャビテーション」などがおすすめです。

https://caitech.co.jp/media/17599/

よくある質問

自宅サロンに関するよくある質問を紹介します。

  • エステサロンを開業するには何歳くらいがいいですか?
  • ホームサロンとは何ですか?

それぞれ解説します。

エステサロンを開業するには何歳くらいがいいですか?

エステサロンを開業する年齢は限定されていませんので、何歳からでも始められます。ただし、業界経験や社会人経験、資格などがあると、エステサロンの運営を成功につなげられるでしょう。

年齢ではなく、エステサロンを開業するまでの経験やスキルのほうが重要です。

ホームサロンとは何ですか?

ホームサロンとは、自宅の一室でエステやネイルなどのサロンを運営することです。開業資金を抑えられるため、小規模事業者に人気があります。また、ホームサロンは、ゆったりとした環境でサービスを受けたいお客さまに好まれています。

プライベート空間でケアを受けたい方にはおすすめです。

看護師の経験を活かして起業することは可能!

看護師の経験があれば、他店と差別化した自宅サロンを運営することが可能です。医療マッサージや施術、専門性の高いアドバイスが提供できます。また、看護師で培ったコミュニケーション能力をヒアリングに活かせます。

顧客目線に立ったサービスを提供できるので、着実にリピーターを増やせるでしょう。ぜひ看護師の経験を活かして、自宅サロンを運営してみてください。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 給与は最短15分で当日にGET
  • 転職・副業にも利用できる
  • 専門職としてスキルアップ

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次