介護・看護職必見!単発バイトに必要な資格やスキルをマスターする方法

単発バイトは短期間で効率的に稼げる魅力がありますが、介護・看護職の場合は人の命を預かる責任があるため十分な知識とスキルが必要です。そのため単発バイトを始めるには資格や専門技術が求められます。

今回は、単発バイトで活躍するために必要な介護・看護の資格やスキルを解説します。

未経験の方でも単発バイトが始めやすいように、基本から応用まで幅広く解説した内容になっているので、ぜひ参考にしてください。

目次

介護・看護職の単発バイトで必要な3つの資格

介護や看護職の単発バイトをするのに必要な3つの資格を紹介します。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士
  • 看護師資格

事業所によっては資格を限定していることがあるので、単発バイトへ応募する前に確認しておきましょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の基礎的なスキルや知識が身についていることを証明する資格です。

初任者研修を取得していると、高齢者の身体に触れて生活支援をする「身体介護」がおこなえます。介護の単発バイトのなかには、食事介助や排泄介助など身体介護を要する場面が多いので、介護職員初任者研修が必要です。

介護初任者研修は2週間〜3か月で取得できるため、これから介護職に就きたい方や単発バイトで働きたい方は取得しておきましょう。

介護福祉士

介護福祉士は「社会福祉及び介護福祉法」にもとづいて学習や研修を進め、専門性の高い介護技術を保持していることを証明する国家資格です。

介護福祉士の取得条件は介護実務経験を5年以上積み、介護職員実務者研修を受けたあとに介護福祉士国家試験に合格する必要があります。介護福祉士があれば、単発バイトに募集されている事業所はほぼ応募が可能です。

介護職の実務経験を積んでいることをアピールできるので、即戦力人材として重宝されます。

看護師資格

看護師資格は看護師の技能や知識があることを証明できる資格です。

看護師資格を取得するには、看護師国家試験を受ける必要があります。

国が指定する看護学校や大学・短期大学などで、看護師養成課程におけるカリキュラムを修了しなくてはいけません。

介護の単発バイトの募集要項には看護師資格も記載されている場合があるので、看護師の方でも介護の単発バイトをおこなえます。

これがあると働きやすい!介護・看護職の単発バイトで必要な3つのスキル

介護や看護職の単発バイトで必要な3つのスキルを紹介します。

  • 食事や入浴・排泄などの身体介護
  • ベッドや車椅子への移乗介助
  • コミュニケーション能力

介護や看護職を始める際に必要なスキルなので、ぜひ確認してみてください。

食事や入浴・排泄などの身体介護

介護や看護職の単発バイトでは、生活支援に関わる身体介護を実施する機会があります。

たとえば食事介助や排泄介助・入浴介助などが挙げられます。そのため身体介護に関する経験や技術を身につけておくのがおすすめです。

身体介護の技術があると、時給も高くなります!業務全体に携われるので、稼働時間を伸ばしたり多くの求人に応募できたりするからです。

務経験が長ければ、夜勤業務にも関われるのでより高い時給で働けます。

ベッドや車椅子への移乗介助

介護には食事介助や排泄介助のような生活支援だけではなく、ベッドや車椅子などの移乗介助も必要です。

移乗介助ができれば利用者を起こしたり寝かしたりできるので、多くの介護業務に携われます。

たとえば夜勤帯では朝食前に利用者を起こすことがあるので、夜勤の単発バイトができます。また入浴介助では利用者をベッドへ移動させたり、寝ながら入浴できるリフト浴に移動したりするので移乗介助が必要です。

入浴介助の時間帯のみ募集している単発バイトもあるので、移乗介助ができれば幅広く仕事ができます。

コミュニケーション能力

利用者と話をしたり聞いたりするのも介護の仕事のひとつなので、介護や看護職は傾聴の技術を身につけておくのがおすすめです。

傾聴は他人の話を聴くためのテクニックで、相手の意見を受け入れて否定せずに聞く姿勢です。単発バイトは利用者と距離を縮める時間が短いため、傾聴や対話などのコミュニケーションの技術を使用して早めに利用者と信頼関係を築く必要があります。

コミュニケーション能力は身近にあるものなので軽視されがちですが、介護技術のなかでは重要な要素です。

勤めている職場でもコミュニケーションを磨く習慣を身につけ、単発バイトですぐに発揮できるようにしましょう。

介護・看護の単発バイトで必要な資格やスキルを身につける3つの方法

介護や看護職の単発バイトで必要なスキルや資格を身につけるには3つの方法があります。

  • 実際に介護施設で働く
  • 研修機関に通う
  • 国の制度を利用して資格を取る

必要な資格やスキルがなければ介護や看護職の単発バイトができない場合もあるので、3つの方法を確認しておきましょう。

実際に介護施設で働く

介護事業所で実務経験を身につければ、すぐに介護の単発バイトができます。

実務経験は、身体介護や移乗介助などの専門技術を実践の場で身につけられるからです。また事業所によっては介護職員初任者研修の費用を施設が負担してくれるので、単発バイトに必要な資格が実質無料で取得できます。

5年以上勤めれば、介護福祉士を取得するための実務経験も積めます。そのため単発バイトを始めたい方は、実際に介護施設で働くのがおすすめです。

研修機関に通う

介護の資格取得ができる研修機関に通うことで、介護初任者研修や介護福祉士の資格が取得できます。

研修機関では、2週間から3か月間で介護の資格を取得するための学習ができます。

実務経験を積む前に介護初任者研修を取得したい方や、介護福祉士を取得するために必要な介護実務者研修を取得したい方にはおすすめです。

費用は研修機関や通学期間にもよりますが、約2万円〜10万円です。

看護師や准看護師の資格は、国が認めた養成校に通う必要があるので研修機関での資格取得はできません。

国の制度を利用して資格を取る

教育訓練給付金制度を利用すれば、医療や福祉系の資格を取得することが可能です。

教育訓練給付金制度とは、厚生労働省が認めた就業プログラムの受講費用が一部支給される制度です。費用はレベルに応じて変動しますが、20%〜50%まで支給されます。

国から支援を受けながら取得できる福祉・医療職の資格や講座は以下のとおりです。

  • 介護初任者研修
  • 介護実務者研修
  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 准看護師

受給要件を満たす方は、国の支援を受けて資格を取得してから介護や医療職の単発バイトを始めてみてください。

介護・看護職の単発バイトの資格やスキルを磨いて自由に働こう!

介護や看護職の単発バイトは命を預かる仕事なので、資格やスキルが必要です。そのため、実際に事業所で働いたり研修機関で学んだりしながら、必要な職務能力を身につけていきましょう。

介護や看護職の単発バイトを探している方におすすめのアプリは「カイテク」です。

カイテクは面接なし・給与即金の介護/看護単発バイトアプリです。

現在、100,000人以上の介護福祉士や看護師など介護の有資格者が登録

  • 面倒な手続き不要面接・履歴書無し!
  • 給与は最短当日にGETアプリで申請・口座に振込!
  • 転職にも利用できる実際に働いて相性を確認!
  • 専門職としてスキルアップ様々なサービス種類を経験!

アプリ上で応募から報酬の受け取りまでできるので、スキマ時間を有効活用し手軽に介護・看護の単発バイトができます。

単発バイトを検討している方は、ぜひカイテクのアプリページを覗いてみてください。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次