【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

介護ワーカーの評判は?利用者からの口コミと評価を徹底解説

介護ワーカーは、介護職の仕事を無料で探せる転職サイトです。

未経験から介護業界にチャレンジしたい方や、転職経験が浅い方は、どのサイトを利用すれば良いか悩んでいるかもしれません。

今回では、介護ワーカーの口コミや評判を紹介します。

介護ワーカーでは、面接同行といった転職活動に慣れていない方向けのサポートも提供しています。さらに、求人数が10万件近くと多いため、幅広い求人から自分に合った職場を見つけることができます。

介護に特化した転職サイトを利用したい方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

目次

介護ワーカーの良い口コミや評判

ここからは介護ワーカーの口コミを紹介します。

  • 理想の求人を紹介してもらえた
  • 求人数が多い
  • 面接に同行してくれて助かった

ご利用を検討している方は、ぜひご確認ください。

理想の求人を紹介してもらえた

転職の登録をすると、その日の夕方頃に連絡が来ました。どれくらいの距離まで通勤できるか、年間休日の希望などを聞かれました。その電話の後、翌日にはいくつかの求人情報がメールで送られてきました。お休みが多いところを希望と伝えたので、年休120日以上の場所も紹介していただけました。

理想の転職先を探している方には、介護ワーカーをおすすめします。介護ワーカーのキャリアアドバイザーは介護業界に精通している方ばかりです。希望年収や理想の職場のイメージを伝えると、迅速に紹介してもらえます。

求人数が多い

私が持っているのは医療系のマイナーな資格で、さらに地方住まいなのですが、そういった条件を絞り込むための入力も簡単でした。最初の時点で詳細に絞り込むことができ、希望通りの求人を見ることができます。ちなみに、選択肢が予想以上に多くて驚きました。

介護ワーカーは公開・非公開を含めて10万件以上の求人を保有しています。マニアックな資格も活かせる職場が見つかると思います。また、介護ワーカーは都心だけでなく、地方の求人も多数持っているので、地元での就職や転職もしやすいです。

面接に同行してくれて助かった

アドバイザーさんには、自宅から通いやすい場所や働きやすい時間帯を希望として伝え、それに沿った提案をしていただきました。面接のフォローもしていただけ、大変感謝しています。自分に合う職場を見つけることができ、長く仕事を続けられそうです。

介護ワーカーには面接同行のサービスがあります。求職者には専任のアドバイザーが付き、面接の準備や当日の同行を行っています。「履歴書に何を書くかわからない」「面接で緊張してしまう」という方は、介護ワーカーを利用してみてください。

介護ワーカーの悪い口コミや評判

介護ワーカーの悪い口コミや評判を紹介します。

  • 電話がしつこい
  • スケジュールのトラブルが発生した

介護ワーカーを利用される方は、ぜひ確認してみてください。

連絡がしつこい

介護ワーカーからの毎日の電話は、闇金の取り立てのようで怖いと感じます。LINEでの連絡で結構だと伝えたにも関わらず、頻繁に電話がかかってきて困りました。最終的に、再度LINEでの連絡を強く求めて断りました。LINEや専用のサイトを使用して日程を決める方法が良いと思います。私はさまざまなサイトを利用してきましたが、このような感想を持ちました。

介護ワーカーのキャリアアドバイザーとの主なやり取りは電話です。そのため、連絡の頻度が増えると、「しつこい」と感じる人もいるでしょう。ただ、求人が増える時期には、介護ワーカーだけでなく、他の転職サイトからの連絡も増える点に注意が必要です。

スケジュールのトラブルが発生した

本当に不要な手配をされてしまったようです。介護ワーカーの方には来年からの仕事を希望していたのに、9月からのポジションの面接を受けることになってしまいました。最初からその月からの勤務は難しいと伝えていたのに、結局内定を得たものの辞退せざるを得ませんでした。再度の面接も受けられないため、この転職先候補は選択肢から外さざるを得ません。

キャリアアドバイザーと求職者の間での意思疎通が不足しており、このようなスケジュールのトラブルが発生してしまいます。しかし、スケジュールの誤りはどの転職サイトでも起こりうることです。連絡の頻度を増やしたり、口頭と文面での確認などの工夫が求められます。働きながら転職活動をしている方は特に注意が必要です。

介護ワーカーを利用するメリット

介護ワーカーを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 高額求人や非公開求人が多いため年収アップにつながる
  • スピーディに求人を紹介してもらえるため就職しやすい
  • 求人数が日々更新されている
  • キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

それぞれ順番に解説します。

高額求人や非公開求人が多いため年収アップにつながる

介護ワーカーのWebサイトには「高額求人」として検索できる機能があります。

10万件近くの求人から、あなたの希望する収入を実現できる職場を見つけることができます。また、介護ワーカーでは非公開求人も豊富に取り扱っています。

非公開求人とは、求人サイトで公開されていない求人情報のことを指します。これは「好条件の求人にため応募が殺到するのを避けたい」や「人手不足を顧客に知られたくない」施設からの要望を受けてのものです。

非公開求人は、求職者が登録後、条件に合致した場合のみメールや電話で紹介されます。2万件以上の非公開求人がある介護ワーカーを通じて、好条件での転職も見込めます。

「今よりもよい給与の職場を求めている」方は、介護ワーカーをぜひご利用ください。

スピーディに求人を紹介してもらえるため就職しやすい

介護ワーカーでは、求人情報を迅速に紹介します。求職者は登録後、アドバイザーとのヒアリングで希望する職種や条件を伝えることができます。

アドバイザーは、適切な求人を即座に紹介してくれるため、効率的に求職活動を進めることができます。一方、他の介護人材紹介サービスでは、連絡後も数か月を要することもあるようです。

「働きながら新しい職を探したい」「早急に介護の仕事を希望している」という方に、介護ワーカーは特におすすめです。

求人数が日々更新されている

介護ワーカーは、10万件近くの求人情報を保有しています。

非公開求人を含めると12万件近くになり、介護転職サイトの中でもトップクラスの取扱い量です。求人は日々更新されているので、多岐にわたる選択肢から最適な職場を探すことができます。

あなたの希望や条件に合った職場を探して、満足度の高い転職を目指す方は、介護ワーカーをぜひご利用ください。

キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

介護ワーカーでは、求職者一人ひとりに専任のアドバイザーが付き添います。

アドバイザーは、履歴書の添削、面接対策、そして面接当日のサポートを提供します。初めて介護職に就く方や、自己PRが得意でない方でも、安心して面接に臨むことができます。

特筆すべきは、介護ワーカーが採用している両面型のサポート体制です。これは、企業側と求職者側に異なるエージェントが付くのではなく、一人の転職エージェントが双方のサポートを担当するシステムです。

企業と求職者の情報を一元管理することで、ミスマッチを避けた求人の紹介が期待できます。

介護ワーカーを利用するデメリット

介護ワーカーを利用するデメリットは以下のとおりです。

  • アドバイザーの質にムラがある
  • 地域によっての求人数が違う
  • 連絡が多い

それぞれ解説します。

キャリアアドバイザーの質に差がある

キャリアアドバイザーのサービスの質には差があり、そのデメリットとして、介護ワーカーが電話対応がしつこいと感じたり、希望に合わない求人を紹介されることもあります。

キャリアアドバイザーとの相性は人同士の関係ですので、難しいこともありますが、合わないと感じた場合は早めに変更をお願いすることができます。

問い合わせれば、キャリアアドバイザーを変更してもらえるでしょう。

地域によって求人数が違う

介護ワーカーの求人は地域によっては数が少なく、特に都心の東京や埼玉、神奈川などに求人が集中しています。
そのため、地方に住んでいる方は求職活動に時間がかかる可能性が高まります。しかし、介護ワーカーの非公開求人にはハローワークからの依頼を受けたものも含まれるため、地域差はそこまで大きくはありません。

キャリアアドバイザーは多くが介護職や介護業界に精通しているため、地域での人気施設を紹介してもらえる可能性もあります。

メールや電話の連絡が多い

介護ワーカーへの求人提供は、主に電話対応やメールで行われます。そのため、電話の時間が長引いたり、メールの頻度が増えることも考えられます。

仕事をしながら求人を探している方には、電話の時間帯が合わないこともあるでしょう。

電話やメールのやり取りが面倒だと感じる方は、メールやチャットで求職活動が可能な転職サイトを選ぶのも一つの方法です。

介護ワーカーがおすすめな人

介護ワーカーとしておすすめな方は以下のとおりです。

  • 派遣の求人を多く掲載している転職サイトを探している人
  • 地方で働きたい人
  • 未経験から介護の仕事に挑戦したい人
  • ミスマッチを避けて転職したい人

介護ワーカーとしては、正社員やパートの求人もありますが、派遣の仕事が主に掲載されています。そのため、派遣の仕事を希望している方に特におすすめです。さらに、介護ワーカーとしてのキャリアアドバイザーのサポートが充実しています。初めて介護職に挑戦する方も、安心して求職活動ができるでしょう。

ミスマッチを避けるための両面型の転職サポートも行っているのが、介護ワーカーの特徴です。

介護ワーカーの登録から採用までの流れ

介護ワーカーへの登録後、採用までの流れは以下のとおりです。

  • 公式サイトから登録
  • 会員登録
  • ヒアリング
  • 求人の紹介
  • 面接
  • 採用

介護ワーカーの公式サイトから、経歴や保有資格などの情報を入力して登録します。その後、キャリアアドバイザーから連絡があり、希望の職種や条件を伝えることができます。

キャリアアドバイザーからの求人紹介を受け、気に入った職場が見つかれば面接の日程を設定します。書類選考や面接を通過すれば、採用となります。

おすすめの介護転職サイト3選

介護ワーカー以外におすすめの転職サイトを紹介します。

  • マイナビ介護
  • かいご畑
  • レバウィル介護(旧レバテックキャリア)

それぞれ具体的に解説します。

マイナビ介護

マイナビ介護は、株式会社マイナビが運営する、介護に特化した転職エージェントです。介護業界に精通したキャリアアドバイザーからの求人紹介を受けられるため、自身の希望に沿った職場に転職できるでしょう。

株式会社マイナビは長い間、転職事業を続けており、転職のノウハウや知見が豊富です。そのため、手厚いサポートを受けられます。

https://caitech.co.jp/media/4516/

かいご畑

かいご畑に掲載されている約80%の求人は、「未経験・無資格」でも応募可能です。介護の仕事に挑戦したい方には、このサイトがおすすめです。

かいご畑には「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」など、介護の基礎スキルを学べる資格取得支援制度があります。

通常、介護資格の受講料は10〜20万円程度ですが、かいご畑と提携しているスクールなら無料で受講できます。これから介護の仕事に就きたい方は、ぜひかいご畑を利用してみてください。

https://caitech.co.jp/media/4902/

レバウィル介護(旧レバテックキャリア)

レバウィル介護(旧きらケア介護)は、高単価な案件を多数保有する転職サイトです。

時給1,700円以上の求人が多数掲載されており、育児休暇や介護休暇などの福利厚生が充実している職場も取り扱っています。派遣の仕事で日払いや週払いにも対応しており、急な出費が発生しても困らないでしょう。

アフターフォローも充実していて、入職後のトラブルに関する相談も受け付けています。

よくある質問

介護ワーカーに関するよくある質問を紹介します。

  • 介護ワーカーの退会方法は?
  • 介護ワーカーは無料で利用できるの?
  • 介護ワーカーの運営元は?

記事を読み進めるなかで気になる点がある方は、ぜひ確認してみてください。

介護ワーカーの退会方法は?

介護ワーカーの退会方法は、ホームページに記載されていませんでした。連絡手段として、電話やメールの2種類がありますので、どちらかを利用して問い合わせてみてください。

介護ワーカーは無料で利用できるの?

介護ワーカーは無料で利用できます。事業所からの広告料によって収益を得ているため、利用者に料金が発生することはありません。

介護ワーカーの運営元は?

介護ワーカーの運営元は、株式会社トライトです。医療業界の人材紹介や、高齢化社会に向けたDX推進を手がけている企業です。介護や福祉に精通しているため、安心してサービスを利用できるでしょう。

バランスのいい転職サイトを利用したい方は、介護ワーカーがおすすめ!

介護ワーカーは面接対策も充実しているので、介護職未経験の方や面接が苦手な方はサポートしてもらえます。また高額求人を見つけられる可能性もあるので、今よりも給料の高い職場を探せます。電話やメールが多くなりますが、連絡頻度が気にならない方は、ぜひ介護ワーカーをご利用ください。

画像参照:https://kaigoworker.jp

https://care.shinten.jp/213

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次