【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

主婦が看護師になるには?家庭と両立しながら最短で資格取得する方法

近年、社会人経験を経てから看護師を目指す方が増えています。しかし、「家庭や子育てと両立しながら看護師になることは可能なのでしょうか?」「そもそも主婦から看護師を目指すことは可能なのでしょうか?」という不安を抱く方は少なくありません。

今回では、主婦から看護師になるための最短ルートや、家庭や子育てと両立しながら看護師を目指す際に知っておくべきポイントについて解説いたします。

目次

主婦から看護師になる方法|最短ルートは専門学校

主婦の方が看護師を目指す場合、いくつかのルートが存在します。その中でも、最短で資格取得が可能な方法は、看護系の専門学校に通うことです。

こちらでは、主婦から看護師になるための最短ルートである、看護系の専門学校の履修期間や学費などについて解説いたします。

卒業までの期間は3年間

看護系の専門学校は、一般的に3年制となっています。

実際に看護師として病院や施設などで働くためには、最短でも3年間が必要となります。

学校によってカリキュラムの内容は異なりますが、1年次は基礎的な看護技術や知識を学び、2年次からは病院での実習が少しずつ始まります。そして、3年次は臨地実習が中心となり、現場で対応できる実践技術を学びます。

学費は300〜350万程度

学校によって違いはありますが、看護系の専門学校の平均学費は300〜350万円程度となっています。

全国の専修学校の学費を調査した令和5年度学生・生徒納付金調査によれば、看護系の学校では1年間に約120万円の学費が必要という結果が出ています。これには、入学金や実習費なども含まれています。

看護師を目指す場合は、実習を受けるにあたって聴診器やナースウォッチなどのナースアイテムを揃える必要がありますので、余裕を持って費用を準備しておくと良いでしょう。

参照:令和5年度 学生・生徒納付金調査

専門学校以外のルート

主婦の方が看護師を目指す最短ルートは、専門学校となりますが、その他にもいくつかの手段が存在します。

例えば、3年制の看護系短期大学や4年制の看護系大学などです。通学期間が長い4年制の大学では、看護に関する科目だけでなく、一般教養科目なども含まれます。

年数が長い分、幅広い知識を身につけることができ、大卒の方が給料が高いケースもあります。

看護師と子育ての両立は無理?!後悔しないおすすめの方法について解説!

主婦が看護師の専門学校で学ぶメリット

これから看護師になるには、短期大学や4年制大学など様々な手段がありますが、期間や費用面を考えるとやはり専門学校のルートがおすすめです。

こちらでは、主婦が看護師の専門学校で学ぶメリットについて解説いたします。

3年間で看護師の資格が取得できる

専門学校ルートがおすすめである理由の一つは、看護師の資格取得までの期間が早いからです。

専門学校の場合は、3年間学校に通うことで看護師国家試験の受験資格が得られます。4年制の大学に通う場合は、さらに1年間長く学校に通う必要があります。

できるだけ早く看護師になりたいと考える方にとっては、その1年は大きな差となるでしょう。

実習が多い

看護系の専門学校のカリキュラムは、実習の割合が多いという特徴があります。2年次から実習の授業が始まるため、大学に通うよりも早く実践的な看護技術を学ぶことができます。

専門学校では大学とは異なり、一般教養の授業が少ないため、看護師になるための学習に集中しやすい環境となっています。

大学よりも学費が安い

専門学校は、大学よりも通学期間が短いため、当然学費も安くなります。家庭の生活を考えると、できるだけ学費を抑えたいという方も多いでしょう。

トータルで数百万円単位で変わる場合もあるため、経済面での不安がある場合は、専門学校から看護師を目指すルートが最適な選択肢と言えます。

家庭や子育てと両立しながら看護師になるためのポイント

こちらでは、家庭や子育てと両立しながら看護師になるためのポイントについて解説します。

家族のサポートを得る

主婦の方がこれから看護師を目指す場合、学校に通う必要があります。最低でも3年間の通学と、国家試験の合格が必要です。そのため、事前に家族と相談し、サポートを受けられるかを確認しておくことが重要です。

学生時代のように生活の全てを勉強時間に充てることは難しい場合もあるため、家族のサポートは必須となります。

学費の準備をする

学校に通うためには、学費の準備が必要です。主婦の方は、家庭との両立も考慮しなければならないため、他の仕事をしながら学校に通うことは大きな負担となります。

通学期間中は、できるだけ学習に集中するためにも、入学する前に生活費を含めた貯蓄を計画しておくことが必要です。

もしも、費用面で不安がある場合は、奨学金制度をリサーチしておくと良いでしょう。

勉強のためにスケジュール管理を徹底する

看護師になるためには、多くの学習時間が必要です。家庭や子育てと両立しながら目指す場合、スケジュール管理が重要となります。

1日のスケジュールを確認し、勉強のために一定の時間が確保できるようにしておくことが大切です。

専門学校に通うとなると、通常授業と実習の場合で、スケジュールが変化します。身体的・精神的なストレスができるだけ大きくならないように、スケジュールの工夫が必要です。

看護師になりたい動機や理由を明確にする

看護師は、患者さんの命を預かる責任の大きい仕事です。資格取得するまでにも、様々な授業や実習を受けていくことになります。思っていたよりも大変だと感じる場合もあります。

途中で心が折れないためにも、看護師になりたいという動機や理由を明確に持っておくことが重要です。

最新!看護師の勉強におすすめの無料アプリ11選

主婦が看護師として働くメリット

こちらでは、主婦が看護師として働くメリットについて解説します。

安定した収入を得られる

厚生労働省の令和5年賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は約508万円です。国税庁によると、国民の平均給与は461万円となっており、看護師の給与は高い傾向にあります。

職場や役職などによっても変化しますが、看護師になると安定した収入を得られると言えます。

参照:令和5年賃金構造基本統計調査1年を通じて勤務した給与所得者(国税庁)

家族の都合に合わせた働き方を選べる

看護師は正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣など、様々な働き方があります。もちろん、正社員を目指すことも可能ですが、人によっては家族の都合に合わせて常勤が難しいケースもあります。

看護師の資格を保有していれば、全国各地で働くことができます。また、病院だけでなく、介護施設や保育園など、活躍の場も幅広くあります。

子どもが大きくなるまではパートやアルバイトスタッフとして働くというような、柔軟な働き方が可能です。

看護師としてのスキルを家族のために発揮できる

看護師のスキルは、仕事だけでなく家族のためにも役立つものです。家族が体調不良や怪我をしたときなど、もしものときに看護師の知識や技術が役に立ちます。

家族のために自分のスキルが発揮できることで、改めて仕事に対するモチベーションややりがいを実感できます。

【看護師をやっててよかった!】仕事のやりがいを感じる瞬間やモチベーションアップの方法とは?

周囲のサポートを受け、看護師のスキルを磨こう!

主婦の方がこれから看護師になるためには、看護系の学校に最低でも3年間通う必要があります。最短で、できるだけ費用面の負担を抑えたいという場合は、専門学校のルートがおすすめです。ただし、家庭と勉強を両立するためには、家族や周囲のサポートが重要です。1人で無理をしようとせず、事前に家族と話し合いをして、スケジュールや学費の計画を立て、看護師のスキルを磨いていきましょう。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次