夜勤中の暇つぶし対策【5選】介護夜勤を楽に過ごす方法も解説!

介護夜勤の仕事には、待機時間が2時間近くあります。これから夜勤に入る方は、どのように暇つぶしをすればいいか気になるでしょう。

今回では、介護夜勤中の暇つぶし方法を5つ紹介します。

実際に夜勤で働いている職員の過ごし方がわかるので、自身と照らし合わせながら読めます。また眠くなったときの具体的な食べ物や飲み物もわかるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

夜勤中の暇つぶし方法5選

夜勤中の暇つぶし方法は以下の5つです。

  • 資格の勉強をする
  • SNSを見る
  • 読書をする
  • ゲームをする
  • 他職員と話す

夜勤中は自己投資や趣味の時間に充てている方が多い傾向です。

資格の勉強をする

夜勤の時間は、資格の勉強には最適です。ナースコールや急変時の対応がない限り、基本的に待機している時間が長いからです。その時間を利用して、初任者研修や介護福祉士の勉強をされている方もいます。

日中忙しくて勉強時間を確保するのが難しい方は、ぜひ夜勤中を有効活用してみてください。

SNSを見る

夜勤の待機時間をSNSを観る方も多い傾向です。スマートフォンを持ち込みが可能な施設なら、待機中にSNSを観ることができます。近年ではTikTokやYouTube、InstagramなどさまざまなSNSが存在しています。

好きなコンテンツをどこにいても観られるので、夜勤の待機時間にはおすすめです。

読書をする

夜勤の待機時間は長い施設だと、2時間近くあることもあります。そのため、読書もできます。紙の書籍も良いですが、スマートフォンがあれば何十冊でも読むことが可能です。

夜勤前に気になる本をダウンロードしておけば、仕事中にゆっくり読むことができます。

本を読むのが好きな方は、夜勤中をぜひ読書時間にしてみてください。

ゲームをする

ゲームを楽しむことも夜勤中はできます。携帯ゲームや本体を持ち運べるタイプの機種を持参して、夜勤中にプレイしている方は多いです。2人体制の夜勤では、職員同士でゲームを楽しんでいる方もいます。

バトルアクション系のゲームなら楽しみ続けられるので、夜勤中の暇つぶしにはおすすめです。

ただし、仕事に支障が出るほどのめり込むのは避けましょう。

職員と話す

2人体制の夜勤なら、会話をすることも可能です。待機時間が長ければ、普段話さない職員と趣味や仕事の悩みなど深い話もできます。職員を知る機会になり、信頼関係を構築する時間になるでしょう。

上司やリーダーの立場の方は、あえて職員と交流する時間にするのもおすすめです。

https://caitech.co.jp/media/2795/

夜勤中の睡魔に耐える方法5選

夜勤中にどうしても眠くなることがあるでしょう。しかし、仕事に取り掛からなくてはいけない場面もあります。

そこでここでは、夜勤中の睡魔に耐えるための方法を5つ紹介します。

  • 目が覚める食べ物を食べる
  • 目が覚める飲み物を飲む
  • 身体を動かす
  • 身体を冷やす
  • あきらめて仮眠する

眠くても夜勤を続ける方法がわかります。

目が覚める食べ物を食べる

夜勤中に睡魔が襲ってきたら、目が覚めるものを食べましょう。具体的には以下のとおりです。

  • チョコレート
  • ガム
  • グミ

チョコレートは眠気の原因物質「アデノシン」を抑える効果があります。また、疲労回復の効果もあるので、忙しい夜勤中にはおすすめのお菓子です。ガムやグミは噛むことで目が覚める食べ物です。

キシリトールが含まれているガムや、酸味の強いグミを食べれば一気に目が覚めるでしょう。

目が覚める飲み物を飲む

目が覚める飲み物を飲むのも効果的で、具体的にはコーヒーやエナジードリンクなどがおすすめです。これらはカフェインが含まれているので、眠気を抑えられます。ただし、中毒性が強いので飲み過ぎには注意しましょう。

カフェインを摂りすぎると、めまいや胃痛など体調不良の原因につながります。

身体を動かす

眠気が襲ってきたときは、身体を動かすことで睡魔を飛ばせます。眠いときは身体にリラックスさせる「副交感神経」が優位な状態です。反対に「交感神経」が優位なときは、身体が興奮状態になっています。

交感神経を働かせるには、ストレッチや筋トレがおすすめです!

眠いときは、休憩時間や待機時間に軽く身体を動かしましょう。

身体を冷やす

身体を冷やすことでも眠気を遠ざけられます。先ほども解説しましたが、眠気は副交感神経が優位な状態です。副交感神経から交感神経を優位にするには、身体を興奮状態にする必要があります。

冷たい水を身体に当てると、交感神経を優位にできます!

顔を洗うのも良いですが、首のような大きな血管が通っている部分に冷水を当てるのも効果的です。

あきらめて仮眠する

本当に眠いときは仮眠しましょう。睡魔が襲ってきているときには、何をやっても効果がありません。無理に対策をしても眠気が取れず、夜勤の仕事に支障を起こす可能性も高いです。

休憩や待機時間は仮眠をするのも1つの手段です。

https://caitech.co.jp/media/223/

介護夜勤を楽に過ごすためのコツ3つ

介護夜勤を少しでも楽に過ごすための方法は以下の3つです。

  • 寝だめをしない
  • 夜勤前に仮眠をしない
  • 食事は3時間以上前に摂取する

睡眠や食事をコントロールすることが大切です。

寝だめをしない

夜勤中に眠くならないために、前日たっぷり寝ようと考えている方もいるでしょう。しかし、寝だめは、夜中に眠くならないための対策にはなりません。寝だめをすると体内時計が狂ってしまい、日中眠くなったり身体がだるくなったりしてしまいます。その結果、夜勤中のパフォーマンスが落ちる原因につながるので寝だめはおすすめできません。

休日や夜勤前でも、規則正しい生活を送り続けることが大切です。

夜勤前に仮眠をする

夜勤前に仮眠をすることで、仕事のパフォーマンスを上げられます。人間は睡眠と覚醒を約90分ごとに繰り返しています。そのため夜勤前は、1時間半か3時間の睡眠を取るのがおすすめです。覚醒したタイミングで目が覚めるので、嫌なダルさがなく起床できます。

夜勤中に強い睡魔に襲われないためにも、ぜひ仮眠にこだわってみてください。

食事は3時間以上前に摂取する

夜勤前は食事を3時間以上前に済ませ、体調管理をするのがおすすめです。消化には多くのエネルギーを消費するといわれており、身体に吸収するまでに約3時間かかるといわれています。胃に内容物がある状態で仕事をすると、夜勤中のパフォーマンス低下に影響します。消化効率が悪い方は、腹痛や下痢の症状につながる場合もあるでしょう。

夜勤前は消化しやすい食事をすると、身体の負担を軽減できます。

https://caitech.co.jp/media/3854/

自分なりの夜勤や睡魔対策をしよう!

夜勤の待機時間は長いため、趣味の時間にしたり勉強したりなど自由に過ごせます。会話を通して先輩や部下を知る機会にもなるでしょう。ただし夜勤中は睡魔により、仕事のパフォーマンスを落とすこともあります。そのため、夜勤の前後に事前対策や体調管理をしておくことが重要です。ガムを噛んで眠気を飛ばしたり食事に気を遣ったりして、自分なりの対策を講じておくのがおすすめです。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 給与は最短15分で当日にGET
  • 転職・副業にも利用できる
  • 専門職としてスキルアップ

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次