【必見】介護福祉士国家試験に合格するためのおすすめの勉強法!

初めて介護福祉士国家試験に挑戦する方は、勉強をどのように進めていけばいいかわからない方もいるでしょう。介護福祉士国家試験は1年に1度しか行われないので、自分に合った勉強法を見つけていくことが大切です。

今回では、介護福祉士国家試験に合格するための勉強法を紹介します。

必要な学習期間や時間も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

介護福祉士国家試験に合格するための勉強法

介護福祉士国家試験に合格するための方法は以下のとおりです。

  • 最適な学習方法を見つける
  • 勉強時間を確保する
  • 試験のパターンを理解して準備をする

それぞれ解説します。

最適な学習方法を見つける

介護福祉士国家試験に合格するには、自分に合った勉強法を見つけることが大切です。

自分に合った勉強法を実施しないと、記憶への定着率が悪かったり継続できなかったりします。思うように学習が進まず、試験日まで全科目を学習できないことも起こるでしょう。

学習方法は独学や通学、スクールなどがあり、それぞれ特徴が異なります。ぜひ、自分に合った学習方法で進めてみてください。

学習期間を確保する

介護福祉士国家試験は試験のルールにより、全11科目中1科目でも点数が取れないと不合格になってしまいます。試験科目を全体的に学習しなくてはいけないので、学習期間を長く取る必要があります。

また介護福祉士国家試験は、試験の合格率が7割を超えているテストです。そのため、なかには油断して学習期間を短く設定してしまう方がいます。

合格率が高くても試験の全体像を理解していないと、合格するのは難しいでしょう。

試験のパターンを理解して準備をする

介護福祉士国家試験に合格するには、出題傾向のパターンを知る必要があります。過去にどのような問題が多く出題されたのか、どの科目の問題が多いかを理解しておきましょう。

テキスト学習に集中するあまり実際の問題を解く時間を作らないと、対策ができずに試験日を迎えてしまいます。

過去問題や模擬問題を解いて、実際の試験に近い状態で学習を続けていくのがおすすめです。

あわせて読みたい
介護福祉士国家試験の試験当日の流れは?実技試験の試験内容も解説! 介護福祉士国家試験を受ける前に、試験日までの流れを知っておかないと当日焦ってしまいます。 今回では、介護福祉国家試験の筆記と実技の当日の流れを紹介します。 介...

介護福祉士国家試験の勉強法

ここでは、介護福祉士国家試験の勉強法を3つ紹介します。

  • 独学の場合
  • 通学の場合
  • 有料スクールの場合

それぞれ特徴が異なるので、自分に合った勉強法を試してみてください。

独学の場合

自力で勉強できる方は独学がおすすめです。独学のメリットは、お金をかけずに勉強できる点です。

介護福祉士国家試験の受験手数料は18,380円かかります。独学で必要な学習アイテムはテキストや過去問題集のみなので、3,000〜5,000円の予算で収まります。

自分で学習できる自信があり、費用を抑えたい方は独学で挑戦しましょう。

あわせて読みたい
【介護福祉士が語る】国家試験に独学で合格するための勉強方法! 介護福祉士国家試験の有料講座は、決して安い値段ではありません。そのため、独学で勉強して合格したいと考えている方もいるでしょう。 結論から述べると、介護福祉士国...
あわせて読みたい
【最新2024年度】介護福祉士国家試験に合格できる参考書のおすすめランキングTOP5 介護福祉士国家試験のテキストは多く「どれを買えばいいかわからない」と考えている方もいるでしょう。何となくインターネットで見つけた参考書を購入すると、自分に合...

通学の場合

通学での学習方法は、試験対策講座を実施するスクールに通いながら勉強する形です。「1人で勉強を続けるのは難しい」と言う方は通学での学習がおすすめです。

スクールに通えば、プロの講師にわからないことを直接聞けます。1人で悩むことが少なくなるので、学習を継続しやすいです。またスクールでは、同じ介護福祉士国家試験を目指している方と交流できます。

仕事や育児をしながら勉強をする大変さを共有できるので、学習のモチベーションを下がりにくくなるでしょう。

オンライン講座の場合

近年では、オンライン講座を提供しているスクールもあります。「通学するのは大変」との方には、オンライン講座が有効です。

介護福祉士国家試験を受ける方の多くが、仕事や育児を両立しながら挑戦しています。家庭の事情により、なかなか通学するのが困難な方もいるでしょう。

オンライン講座は、ビデオ講義や課題添削を中心とした学習形式です。そのため、子どもが学校に行っている時間や仕事の休憩時間などを活用できます。

スキマ時間を利用して学習したい方は、オンライン講座がおすすめです。

介護福祉士国家試験の合格に必要な勉強期間や時間

介護福祉士国家試験の勉強を始めるにあたり「何時間くらい必要なの?」考えている方もいるでしょう。

ここでは、介護福祉士国家試験の合格に必要な勉強期間を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

勉強期間は半年〜1年

介護福祉士国家試験の合格に必要な時間は半年〜1年です。介護福祉士国家試験は全11科目あるので試験範囲が広いです。

科目の内容も介護保険制度や認知症の理解など、専門的な知識を身につけなくてはいけません。

継続的に学習する必要があるので、遅くても半年前から勉強を始めましょう。

勉強時間は1日30分以内

勉強時間は1日30分以内がおすすめです。介護福祉士国家試験を受験する多くの方が、仕事や育児をしながら勉強しています。そのため、1日1〜2時間以上の学習時間を取るのは困難です。

毎日少しずつ続けるためにも、1日30分以内の学習期間を継続することが大切です。一気に学習時間を取りたい方は、休日にまとめて勉強すると良いでしょう。

自分自身に合った勉強時間を確保し続けることが重要です。

あわせて読みたい
介護福祉士国家試験に受かる気がしない…落ちる人の特徴を紹介! 介護福祉士国家試験の学習を始めるにあたり「受かる気がしない」と考えている方もいるでしょう。 結論から述べると、介護福祉士国家試験は合格率の高い試験なので受かり...

介護福祉士国家試験の試験対策

介護福祉士国家試験のパターンを理解するには、正し勉強法を身につけることが重要です。

ここでは、介護福祉士国家試験に合格するための対策法を紹介します。具体的には以下のとおりです。

  • 全体像を理解する
  • 苦手科目を重点的に学習する
  • 過去問を解く
  • 模擬試験を受ける

それぞれ解説します。

全体像を理解する

介護福祉士国家試験の学習を始める前に、試験の全体像を理解してから勉強すると良いでしょう。過去問に目を通して試験内容をイメージしておくのがおすすめです。

介護福祉士国家試験は、11科目ある試験科目が変わりません。試験科目を過去問で確認しておけば、試験の全体像をイメージできます。

自分の得意や苦手な科目を見つけていくことで、効率的に学習を進めることが可能です。

苦手科目を重点的に学習する

試験の全体像を確認したら、苦手科目を重点的に学習するのをおすすめします。介護福祉士国家試験は、全11科目中1科目でも点数を取れないと不合格になるテストです。苦手科目の学習をおろそかにしてしまうと、試験近くで焦りや不安が生じます。

苦手科目を認識し、早めに対策しておくことが大切です。

過去問を解く

試験の全体像を理解し苦手科目を学習したら、過去問を解いていきましょう。過去問を活用することで、実際の試験に出題された問題に触れられます。

学習してきたことが定着しているか確認できるので、自分の現状を把握できます。

得意や苦手科目の知識があるかを、ぜひ過去問で確かめてみてください。

あわせて読みたい
【過去問だけでOK】介護福祉士国家試験を過去問だけで合格する方法や利用する際の注意点を解説! 介護福祉士国家試験の有料講座やスクールに通わずに、過去問だけで受かる方法を探している方もいるでしょう。過去問だけでも試験に合格することは可能ですが、正しく使...
あわせて読みたい
【2023年度版】介護福祉士試験対策でおすすめの無料アプリ4選! 介護福祉士の国家試験を受けようと考えている方の中には、効率的な勉強方法がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。問題出題範囲が広い介護福祉士の...

模擬試験を受ける

模擬試験とは、試験で出る可能性の高い問題が出題される練習のテストです。試験勉強の最終確認で、模擬試験は活用できます。

実際の試験と同じマークシート形式と、試験時間内に問題を解くことが可能です。本番の緊張感を味わいながら、自分の実力を確かめられるでしょう。

介護福祉士国家試験までのラストスパートをするためにも、ぜひ取り組んでみてください。

あわせて読みたい
介護福祉士資格取得は簡単すぎ?取得方法や難易度、メリットを解説 介護福祉士資格を目指した場合に気になるのは、資格取得の難易度です。 できるだけスムーズに資格を取りたいものですよね。 今回では、介護福祉士資格の取得方法と難易...

時間を確保して自分に合った勉強法を実施しよう!

介護福祉士国家試験は試験科目が11科目あり、全科目で点数を取らないと合格できません。そのため網羅的に学習しなくてはいけないので、最低でも半年間の勉強時間を確保してください。

長い学習期間を確保すれば、仕事や育児をしながらでも焦らず勉強を続けられます。また勉強方法は独学や通学、オンライン講座などがあり、自分に合った学習方法を選択する必要があります。

学習方法を選んだら過去問や模擬試験を活用して、実際の試験問題に触れながら勉強しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次