気になる派遣看護師の給料事情!相場や正社員との違いを徹底比較

看護師には、「派遣看護師」という選択肢があり、派遣会社を経由して医療機関や施設で働くことができます。しかし、給料面に不安を感じることから、派遣看護師として働くことを躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、派遣看護師の給料事情についてご紹介します。

さらに、正社員との比較や収入アップのコツもお伝えしますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

目次

派遣看護師を選択する意味は?

一般的には、看護師として働くにあたり正社員またはパート・アルバイトという働き方を選択する方が多いです。しかし、派遣ならではのメリットも多々あり、あえて派遣看護師を選択する方もいます。

こちらでは、派遣看護師を選択することのメリットについてご紹介します。

ライフワークバランスが取りやすい

派遣看護師は、自分の働きたい時間や日数を選べる職種で、これは派遣会社が自分に合う派遣先を紹介してくれるからです。

正社員と違い、就業規則による出勤日数の制約がなく、無理なくプライベートと仕事を両立しながら働くことが可能なのです。

派遣看護師はライフワークバランスが取りやすい働き方と言えます。

サービス残業がない

派遣看護師のもう一つの特徴は、定められた時間が終われば勤務が終了し、法律で定められている通り、派遣先は時間外労働に対して手当を支払う義務があります。

そのため、残業を強要されることは違反行為となります。

正社員やパート、アルバイトに比べて残業を依頼されることは少なくなるでしょう。

派遣先の選択肢が多い

派遣看護師は、病院やクリニック、介護施設、保育園、一般企業など、さまざまな職場で働くことができます。

これは派遣看護師ならではの特徴で、自分の希望に合った職場を選択することができます。また、派遣先で契約が満了となれば次の職場へ移ることができ、これにより多くの職場を経験し、看護師としてのスキルを向上させる機会も増えます。

派遣看護師の給料はいくら?

ライフワークバランスが取りやすく、さまざまな職場を経験できる派遣看護師。

働き方が変えるにあたって、実際はどのぐらい給料をもらえるのでしょうか?

こちらでは、派遣看護師の給与事情についてご紹介します。

派遣看護師の時給

派遣看護師の時給は地域や派遣会社、派遣先により異なります。

大都市の東京都や大阪府では時給1,500円〜2,000円程度で、地方部では時給1,200円〜1,500円程度となることが多いです。大都市と地域間でのこの時給差は物価や需要供給の影響を反映しています。

一部の派遣会社や派遣先では時給が2,500円以上となるケースも存在します。

派遣看護師の月収

派遣看護師の月収や手取り額は、勤務時間に基づいて計算することができます。

例えば、時給1,500円で1日8時間、月20日勤務すると仮定すると、月収は24万円となります。この額から各種税金を差し引いた後の手取り額は約21万円となります。この金額は、物価の低い地方で自立して生活するには十分な額と言えます。

時給が高くなったり残業や夜勤手当が付与されると、手取り額はさらに増えます。

派遣看護師の年収

派遣看護師の月収から年収を換算してみると、派遣看護師の年収は単純計算で252万円となります。しかし、通常、派遣スタッフには賞与が支給されないため、この金額は月収の12倍であることを覚えておいてください。

看護師の場合は各手当が年間通して付与されるため、実際の年収はこれよりも高くなる可能性があります。

派遣看護師と正社員はどちらが高給?

派遣看護師は、正社員またはパート・アルバイトと比べてどちらが給料が高いのでしょうか?

こちらでは、派遣看護師と正社員、パートやアルバイトの給料を比較してみます。

トータル収入は正社員より低い

正社員の看護師と比較して派遣看護師には賞与が支給されません。

賞与を含む年間の収入を比べると、正社員の方が多く収入を得ることが一般的です。具体的には、賞与は通常、夏と冬の年2回、1回あたり約2ヶ月分の月給額として支給されます。このため、正社員と派遣では年収に差が生じます。しかしながら、派遣看護師には柔軟な働き方が可能であるという利点があります。

派遣ならではのメリットを最大限に活用すれば、正社員と同等の収入を得ることも可能です。

パートやアルバイトよりは高給になりやすい

派遣看護師とパート・アルバイト看護師はともに時給制です。

派遣看護師の時給額は、多くの場合、パート・アルバイトよりも若干高めに設定されています。

看護師以外の職種でも見受けられ、派遣職員の方がパート・アルバイトスタッフよりも時給が高い場合が多いです。加えて、派遣看護師は派遣会社の福利厚生を利用できる場合があります。一方で、パート・アルバイトの場合は正社員と同等の福利厚生を受けられない職場も存在します。

派遣看護師の方がパート・アルバイトよりも高給になりやすいと言えます。

派遣看護師の収入アップのコツ3選

派遣の給料でも生活していけることは理解できたものの、もっと稼ぎたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

さらに収入アップを目指すためには、どのような方法があるのでしょうか?

こちらでは、派遣看護師が収入アップするためのコツを3つご紹介します。

高時給の職場を探す

派遣看護師として働くメリットの一つは、その時給の差異です。

案件ごとに異なる時給が設定されていますので、高時給の職場を探すことで収入アップを目指すことが可能です。

高時給の案件は競争率も高くなる傾向にありますので、新着案件を随時チェックすることが重要です。

夜勤専従で働く

さらに収入アップを目指すなら、夜勤専従の仕事も考えてみてはいかがでしょうか。

夜勤専従では時給プラス手当が支給され、場合によっては1回の夜勤で3万円以上を得ることも可能です。これは正社員と比べても高給となる可能性があります。ただし、夜勤は生活リズムの調整や体調管理が必要となります。

夜勤に慣れている方や経験がある方にとっては、夜勤専従の仕事は一つの選択肢となるでしょう。

カイテクでダブルワークをする

派遣看護師は時間の融通が利きやすいため、ダブルワークをすることも可能です。

「カイテク」は看護師のダブルワークを探すツールとしておすすめです。カイテクに登録すれば、自分のスケジュールに合う1日単位の看護師の仕事を探せ、手続きや面接も不要です。

派遣先で副業が許可されている場合は、「カイテク」の利用を検討してみてください。

派遣看護師は短期間で集中的に働く方におすすめ

派遣看護師の給料は地域や派遣会社、派遣先などにより差がありますが、看護師としての給料が必ずしも低いとは限りません。

勤務期間が短期的で集中的に働けることも派遣看護師の魅力の一つです。時間の融通が利く働き方を活用して、ダブルワークで収入アップを目指すことも可能です。

より収入を増やしたい派遣看護師の方には、「カイテク」の利用をおすすめします。

カイテクは面接なし・給与即金の看護単発バイトアプリです。

現在、100,000人以上の看護師などの有資格者が登録

  • 面倒な手続き不要面接・履歴書無し!
  • 給与は最短当日にGETアプリで申請・口座に振込!
  • 転職にも利用できる実際に働いて相性を確認!
  • 専門職としてスキルアップ様々なサービス種類を経験!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次