介護職50代の苦悩と解決策:充実感と働きやすさを手に入れる方法

介護職は、年齢や性別これまでのキャリアなどに関わらず挑戦しやすい職業です。しかし、50代から挑戦しようとなると、不安なことも多いですよね。

今まで介護職の経験が無く、資格も持っていないとなると尚更不安を感じるでしょう。

今回では、50代の介護職未経験・無資格の方が、転職を成功させるためのコツやポイントについてご紹介します。

これからチャレンジしようと考えている50代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

50代でも遅くない!介護職への転職が有利な理由

一般的に、50代からの転職は難しいと判断されることが多々あります。しかし、介護職の場合は、50代からでも挑戦しやすい職種であり、反対に50代という年齢が有利に捉えられることも少なくありません。

実際に、50代以上の方も多く活躍しており、50代からの転職も珍しくないです。

こちらでは、50代の介護職への転職が有利である理由についてご紹介ます。

介護業界が人手不足だから

50代から介護職への転職が有利である理由のひとつに、業界の人手不足が挙げられます。

高齢化が進む日本は、介護を必要とする人の割合がますます増加しています。2025年以降、団塊世代が後期高齢者となり、超高齢化社会を迎える日本において介護職の需要やニーズは増え続けています。

今後もさらに人手が必要となる介護業界は、転職しやすい状況が続くと予測されます。

子育てがひと段落した方や、長年勤めた仕事をリタイアした方も介護業界に参入するケースも多くみられます。

これまでのキャリアや人生経験を活かせるから

50代の方は、キャリアや人生経験が豊富です。介護職は、利用者の生活や人生に寄り添う仕事であるため、これまで培った経験を活かせる場面が多くあります。

  • 接客業を経験したことがある方 ⇨ コミュニケーションスキルが活かせます!
  • 主婦や子育ての経験がある方 ⇨ 家事スキルを大いに活かせます!

他にも、送迎業務やレクリエーションなど介護職の多岐にわたる業務に、これまでの経験が活用されます。

利用者との年齢が近くコミュニケーションが取れやすいから

介護施設の利用者との年齢が近くなるので、コミュニケーションも円滑になりやすいです。

80代前後の高齢者が多く利用しているので、50代の方にとっては自分の親世代と近いという方も多いのではないでしょうか。また、利用者からしても、自分と年代が離れている人よりも近い人だからこそ話せるという安心感もあるでしょう。

利用者とのコミュニケーションに悩む職員もいるなかで、円滑に関係性を構築できる人材がいることは職場にとってもメリットとなります。

50代に求められる介護職の要素

50代からの転職も有利になりやすい介護職ですが、現場ではどのようなことを求められるのでしょうか。転職活動を進めるにあたり、職場が求める要素を把握することは重要なポイントです。

こちらでは、50代に求められる介護職の要素についてご紹介します。

健康であること

介護職は、体力を必要とする仕事です。そのため、50代から介護職へ転職する人に対して、健康状態を気にする職場も少なくないでしょう。

ときには、自分より体が大きい高齢者を支えてケアをしなければなりません。腰や肩など自身の体に大きな負担が掛かることもあります。

介護の仕事を検討する場合は、体調管理やメンテナンス方法など自分の健康を保つコツや秘訣をしっかり身につけておくことが大事です。

コミュニケーション能力が高い

人と人が密に接する仕事であるため、コミュニケーション能力も求められます。利用者との関係性だけでなく、同じ職場で勤務するスタッフとの関係を構築することも大切です。

50代から転職するとなると、自分より年齢が若いスタッフから指導を受ける場合もあるでしょう。

利用者が安心して過ごせるように、スタッフとコミュニケーションを取り、業務を進めていきます。50代になると前職やこれまでの経験のなかで、自然とコミュニケーションスキルが身に付いている方も多いでしょう。

自分から会話を広げるだけでなく、相手の話をしっかり受け取るといった力が求められます。

柔軟性がある

年齢を重ねていくと、これまでの自分のやり方にプライドを持っている方も多いでしょう。しかし、介護職は臨機応変に対応しながら、チームプレーを行わなければなりません。

その場の状況や変化に対して、適切な判断をして行動していく力が求められます。

自分よりも若い人から指導される場面もありますので、相手の意見を聞き入れて、適切な行動を取れるかどうかも大事な要素です。

50代が介護職への転職を成功させるためのコツ

介護職未経験の50代が、転職を成功させるためにはいくつかコツがあります。

こちらでは、介護職への転職を成功させるための4つのコツをご紹介します。

介護の資格を取得する

未経験から介護職に参入する場合は、介護に関する資格取得を目指しましょう。

無資格でも就職することは不可能ではありませんが、利用者の身体に直接触れる介助業務は資格が必要です。

まだ何も資格を持っていないという方は、まず「介護職員初任者研修」の受講をおすすめします。

介護に関する基礎的な知識や技術を学べる、第一歩となる資格です。研修内容をしっかりと把握してれば、ほぼ100%合格できる資格と言われています。

資格取得することで、採用に大きく近づきますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

施設選びを工夫する

介護職の求人を見ると、様々な施設があります。施設によって利用者のニーズが異なるため、業務内容や働き方にも違いが見られます。

転職後に無理なく働き続けられるように、やみくもに面接を受けるよりは自分の希望に合う施設を選ぶことが大事です。

できるだけ日勤で働きたい方は、デイサービスのような夜勤がない職場がおすすめです。

希望条件を整理し、転職を希望する施設の情報を調査しましょう!

正社員にこだわらない

50代の場合、定年までの年数が短いため、正社員のみに絞って転職活動をすると難しい部分があるでしょう。正社員にこだわらず、パートやアルバイトなどの非正規雇用を視野に入れることも転職成功のコツです。

最近は、非正規雇用であっても、給料や福利厚生が充実している職場も増えています。

正社員と比べて勤務日数が少ないので、無理なくワークライフバランスを重視しながら働くことができるでしょう。

自分の強みやアピールポイントを明確にする

50代の方は、培ってきた経験やスキルが採用面接においても強みになります。

社会人経験やコミュニケーション能力など、人生経験が豊富である50代ならではの強みが介護職には欠かせない要素として捉えられます。

20代や30代にはない強みをアピールすることで、転職成功への道が近づきます!

転職活動を進めていく前に、自分の長所をしっかりと見つめ直し、アピールポイントを洗い出してみましょう。

これまでの経験やスキルを介護職として活かそう

介護業界は全体的に人手不足であり、今後もますます介護職の需要やニーズが高まることが予測されます。

キャリアや人生経験が豊富である50代は、介護業界でも重宝される人材です。資格取得や施設選びを工夫するなどコツを抑えることで、より転職成功への道が近づきます。

これまでの経験やスキルを強みとして、介護職の道を挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次