稼ぎたいなら看護師派遣がオススメ!理想の収入を得る方法

  • 看護師派遣の方が稼げるって本当?
  • 看護師派遣をするためにはどんなことに注意すると良いのか?
  • 看護師派遣は給料が安定しないんじゃない?

看護師派遣として働いてみたいと思いながらも、このような思いで行動に移せず悩んでいる人はいませんか?

2006年の法改正後に、一部では看護師の派遣が認められてきました。看護師も自由な働き方をすることが可能となったのに、今のまま心と体が疲弊してしまってはもったいないです。

看護師として医療機関で働く中で、これからはさまざまな場所で働いてみたいと希望している人も多く、看護師の派遣として働く人が増えています。

今回は、看護師派遣の給与やメリット・デメリット、主な派遣先と派遣をするための注意点を詳しく解説してます。

是非、転職やダブルワークをしてみたいという人は参考にしてみてください!

目次

看護師派遣の現状

看護師の派遣があることを知らない人もいるかもしれません。

看護師派遣において以下について解説しています。

  • 看護師派遣の時給
  • 看護師派遣のメリット
  • 看護師派遣のデメリット

それぞれみていきましょう。

看護師派遣の時給

派遣看護師の時給の相場は1,500円〜2,000円ほどです。

看護師のパートやアルバイトと比べたら少し高く設定しているところが多いようです。

人員配置によれば、2,500円以上の高額設定としているところも珍しくはないようです。

看護師派遣のメリット

看護師派遣のメリットで1番に言えるのが時給が高いことです。

さらに、夜勤を伴うシフトとなれば基本時給に加えて深夜手当もつくことになりますので、派遣でガッツリ働きたいという人にとっては魅力手と言えます。

他に、残業がほとんどないケースも多く、長期の研修を受ける必要もほとんどないため、自分の時間を確保することができます。 

自分の都合に合わせて働くことができるのも大きなメリットでしょう!

派遣で働く期間が終了すれば次に職場を変更することができるので、面倒な人間関係やトラブルに巻き込まれずに済むことが多いです。

看護師派遣のデメリット

デメリットでは、派遣先の居心地が良くても同じ職場で長く働くことができません。

長く働きたい場合は紹介予定派遣を利用すると良いでしょう!

また、福利厚生やスキルアップ補助も受けられません。給料においては、昇給やボーナスを受けることができません。

スキルアップを希望した際に、直接雇用のスタッフと比較すると研修や教育制度を受けることができないこともあります。

看護師派遣先とは

看護師の派遣先や、派遣できないところはどのようなところでしょうか。

ここでは看護師が働いている以下について解説しています。

  • 訪問看護ステーション
  • 介護施設
  • 病院
  • 保育園、幼稚園
  • 夜勤専従
  • 健診センター
  • 電話・コールセンター
  • コロナ対応コールセンター
  • コロナ療養施設

それぞれみていきましょう。

訪問看護ステーション

在宅医療が進んでいる昨今、訪問看護ステーションの派遣看護師はいるのでしょうか。

労働者派遣法施行令によると、医療業務は、労働者派遣事業を行ってはならない業務の一つとして禁止されています。

訪問看護ステーションへの看護師等を派遣することは、居宅において行われるものとして禁止されています。

訪問看護ステーションで派遣看護師として働くことは現状ではできません。

介護施設

介護老人保健施設への派遣もあります。

日常生活に介助を必要とする高齢者に対し、体調確認や服薬管理、スキンケアなどを行います。対象者によっては、経管栄養や喀痰吸引、褥瘡の処置などの医療ケアも行うこともあります。

施設によっては、看護業務だけではなく介護業務も行わないといけない場合もあります。

病院

看護師派遣において、病院やクリニック、訪問介護などの医療機関への派遣は原則的に認められていません。

しかし、産休交替などの欠員補充としての派遣や紹介予定派遣など、例外的に認められるケースもあるようです。

保育園

保育園の派遣看護師として働くことはできます。

保育園では、園児の健康管理やケガをした際の応急処置などが主な業務となります。また、内服薬の管理や健康診断の準備、医療的ケア時の対応を行う場合もあります。

夜勤専従

夜勤専従の派遣もあり、求人や転職情報がたくさんあります。直接雇用の場合と比べると給与は高く魅力的でもあります。

夜勤の回数が増えていくと昼夜逆転の生活となり、体調を崩す人も少なくありません。

自己管理ができなければ、夜勤専従は難しいでしょう!

健診センター

健診センターの業務は残業や夜勤もないため手当がつきません。また、検診センターの始業は早く、初めての場所で柔軟に業務をこなせる力が求められます。

健診センターだけではなく、健診車で企業や自治体の会場を訪れる巡回健診も行なっている場合があります。

企業などに出向いてインフルエンザ予防接種をおこなったりしますので、時期によっては多忙となることもあります。

電話・コールセンター

看護師として、コールセンターで働くことができる会社が多くあります。

基本的な医療の知識があることと、患者さんへの対応もできるコミュニケーション能力が高い看護師のオペレーターの需要が高くなっています。

派遣として働いた時に、労働者とコールセンターの双方が合意した場合に、正社員や契約社員へ登用される紹介予定派遣も可能です。

コロナ対応コールセンター

コロナ禍でコロナ対応コールセンターにおいても看護師の需要が高まりました。

電話でコロナに関する相談や、コロナ療養者の健康観察を行うのが主な業務です。

看護師として数年間の経験があれば応募可能で、コロナに関する対応についてはマニュアルが作られているところが多いので安心して働けます。

コロナ療養施設

コロナ療養施設での業務は、療養者の健康観察が主な業務です。

健康観察は、療養者自身にスマートフォンやタブレットのアプリの検温表を入力してもらい、看護師はその入力された体温を確認しながら療養者と電話でお話をします。

療養ホテルでは、保健所のスタッフとホテル従業員と一緒に業務を行います。

看護師派遣として働くときの注意点

看護師派遣として働くときに注意する点があります。

ここでは、以下の注意点を解説しています。

  • 職場によって求められるスキルや経験がある
  • スタッフとのコミュニケーションがうまくとれる
  • 患者さんとコミュニケーションがうまくとれる
  • 体調管理ができる
  • 看護職損害賠償責任保険に入っておく

それぞれみていきましょう。

職場によって求められるスキルや経験がある

看護を行う上で、他には患者さんに対して「観察」「判断力」「責任感」「向上心」「体力」「メンタルの強さ」が求められます。

派遣として働く上でも求められる経験やスキルがあることを覚えておきましょう。

「やったことないからできない」など、あれこれ出来ないことを言ってしまう患者さんに迷惑をかけてしまいます。

自分が経験したことやスキルを活かせたり、これまでに経験していない分野でも対応できるかどうかを判断して応募する必要があります。

取り決めやルールに対して柔軟に適応できる能力が求められます。

スタッフとのコミュニケーションがうまくとれる

看護師派遣に求められることは、一番に患者さんとうまくコミュニケーションがとれるかということです。

即戦力としてバリバリ働ける人も求められますが、患者さんとの良好な関係を築けないと仕事ができません。

患者さんとうまくやり取りができれば、必要な情報を得ることができます。

コロナ療養施設などでは、医療従事者以外と業務を行うこともあるためコミュニケーションスキルが非常に重要となります。

患者さんとコミュニケーションがうまくとれる

派遣だけではありませんが、スタッフともうまくコミュニケーションがとれる必要があります。

看護師の仕事も1人ですることはできません。チームワークが求められます。

派遣先であってもチームの一員として良好な関係性が築けるかが重要となります。

体調管理ができる

夜勤専従として働いた場合、通常は休みである時間帯に働いていることで心身の疲労を回復させる時間が減ってしまいます。

夜勤が増えることで体内リズムが代わり、体調を崩してしまう人もいるでしょう。また、休みの管理もできないことで休息が取れていないのに気づかない人も出てきます。

派遣や直接雇用と関係なく体調管理ができるよう努めましょう。

看護職損害賠償責任保険に入っておく

「何かあっても職場が守ってくれない」など、看護業務を行う上でのリスクが高くなり、場合によっては訴訟を起こされる可能性もないとは言えません。

万が一のことを考えて、看護職損害賠償責任保険に入っておくことをおすすめします。

収入を安定させるためには

看護師派遣だからこその不安は、収入が安定しないことです。

ここでは、以下について解説しています。

  • 単発の派遣先にも登録する
  • 給料が高いところに登録する
  • 派遣先に長期登録する
  • ナースケを利用する

それぞれみていきましょう。

単発の派遣先にも登録する

看護師派遣の求人は増えていますが、看護師派遣として働きたい人も増えています。

決まった派遣先だけではなく、単発で入れる派遣先にも登録しておくことをおすすめします。

給料が高いところに登録する

収入を安定させるためには、少しでも給料が高いところに登録することをおすすめします。

そこで注意することは、「給料が高い=大変な業務」の場合もあります。

自分に合った派遣先に登録するようにしましょう。

派遣先に長期登録する

短期の派遣ではなく、最長3年で働ける派遣先に登録するのも良いでしょう。

また、紹介予定派遣として登録すると、一定期間派遣スタッフとして働いた後に労働者と派遣先双方の合意のもとに正社員や契約社員として雇用される場合もあります。

カイテクを利用する

看護師バイトを探すときには、看護単発バイトアプリ「カイテク」を利用して看護師派遣をはじめても良いでしょう

カイテクは面接なし・給与即金の看護単発バイトアプリです。

現在、100,000人以上の看護師などの有資格者が登録

  • 面倒な手続き不要面接・履歴書無し!
  • 給与は最短当日にGETアプリで申請・口座に振込!
  • 転職にも利用できる実際に働いて相性を確認!
  • 専門職としてスキルアップ様々なサービス種類を経験!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

これまでのスキルや経験を活かして看護師派遣でガッツリ稼ぎましょう!

看護師派遣として医療機関や訪問看護ステーションで働くことはできませんが、看護師としての需要が高い派遣先も多くあることがわかりました。

コロナ禍となり、看護師の活躍の場が大きく広がったのもあります。

これまでのスキルや経験を活かして、看護師派遣としてガッツリ働けるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次