【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

看護師の働く現実|サービス残業が当たり前の理由と解決策

「看護師はなぜこれほどサービス残業が多いのでしょうか?」と、残業が日常的な現実に直面して悩んでいる方は多いかもしれません。中には、就業前に早めに出勤して仕事を始める、いわゆる前残業を求められる場合もあります。

定時を超えて働くことが当然とされる環境は、精神的にも体力的にも大きな負担となります。

今回では、看護師がサービス残業を余儀なくされる理由と、その問題を解決するための具体的な方法について詳しく説明します。

目次

看護師はサービス残業が当たり前になっている?

こちらでは、看護師のサービス残業事情について解説します。

1ヶ月に平均5.2時間の残業をしている

日本看護協会の病院看護実態調査によると、正規雇用の看護師の超過勤務つまり時間外労働は、月平均5.2時間という結果が出ています。

残業が0時間と答えた看護師は全体の5%以下しかおらず、残業が多いことが当たり前となっている職場があることがわかります。また、同調査内では、病床数が多い職場ほど1人あたりの残業数は長い傾向にあるようです。

参考:2023 年 病院看護実態調査 報告書

前残業をする看護師も多い

職場によっては、看護師は勤務時間前に出勤する、いわゆる前残業をするのが当たり前というケースもあります。

新人看護師のときは特に前残業が当たり前な風潮があり、1時間前に早く出勤するという人もいるようです。しかし、中には前残業を禁止としている職場もあります。

職場によって看護師の残業事情は大きく異なります。

看護師にサービス残業が多い理由

こちらでは、看護師にサービス残業が多い理由について解説します。

就業前に情報収集をするのが当たり前とされている

看護師のサービス残業が多い理由のひとつは、就業前に情報収集をすることが当たり前とされていることが挙げられます。業務を安全にスムーズに進めるために、患者の情報収集は必須です。通常は、就業開始とともに申し送りや情報収集を行います。

就業前に早く出勤することが当たり前とする文化があり、早めの出勤を義務付けられているケースもあるようです。

人手不足で業務が回らない

深刻な人手不足も看護師のサービス残業が発生する原因です!

常に十分なスタッフが揃っていないことから、予定外の残業が頻繁に必要とされています。特に、急患や重症患者の増加、または突発的な事態に対応するために、人員配置が足りていない状況があります。

業務が十分に回らない状況が、サービス残業の多さに直結していると言えます。

勉強会や研修への参加を求められる

職場によっては、勉強会や研修への参加がほぼ強制的に求められています。患者への最良なケアを提供するために、定期的に行われる勉強会や研修へ参加する必要があります。

これらの学びの時間は看護師の時間外労働に実施されることが多く、結果としてサービス残業が増加する要因となっています。

サービス残業の問題点とその影響

こちらでは、サービス残業が多く発生することの問題点とその影響について解説します。

身体的・精神的な健康へのストレス

サービス残業が増加することは、看護師にとって身体的および精神的な健康に深刻なストレスを与える要因となります。睡眠不足や適切な休息が取りづらくなり、ストレスの増大が懸念されます。

看護師の安全と健康を守るためには、労働時間の見直しや労働環境の改善策が求められます。

【新人看護師のストレス解消術】効果的な方法と心のケアのポイント

医療ミスのリスク

サービス残業が慢性化することは、医療ミスのリスクを増加させる要因にもなり得ます。長時間の勤務や予期せぬ残業により、看護師の疲労度が高まり、集中力や判断力が低下する恐れがあります。

診断の誤りや処置のミス、薬の誤投与などのミスが発生するリスクが増し、患者の安全に深刻な影響を及ぼすことが懸念されます。

職場環境への影響

看護師のサービス残業が当たり前な環境になると、職場環境に深刻な影響を及ぼします。

職場全体のモチベーションや仕事への満足度を低下させる原因になります。働く意欲が低下し、職場の雰囲気が悪化してしまうという悪循環が起こり得ます。

次第に、退職したいという気持ちが大きくなってしまうことでしょう。

労働法違反の可能性

サービス残業が慢性化している職場は、労働法に違反している可能性が高まります。労働法には残業代の支払いに関する規定もあります。

労働基準法では、労働者が労働時間外に働いた場合には適切な残業代を支払う義務がありますが、サービス残業が行われている場合にはこれが守られていない可能性が高いです。

看護師自身の経済的負担が増し、モチベーションや意欲低下に繋がる恐れがあります。

看護師がサービス残業を回避するためには?

こちらでは、看護師がサービス残業を回避する効果的な方法について解説します。

チーム内での助け合いや分担を図る

看護師がサービス残業を回避するためには、チーム内での助け合いと業務の分担が重要です。コミュニケーションを密にとり、一人ひとりの業務負担を軽減する取り組みが大切です。

業務の進め方が効率的でないと感じている場合は、周囲に助けを求めましょう。

業務負担が減ることで、その分手が回らなかった作業に取り組むことができます。

勤務先全体での業務体制の見直しを求める

看護師のサービス残業を回避するために、所属先に業務体制の見直しを促すことも大切です。

サービス残業が当たり前という雰囲気がある場合は、病院全体での改善への取り組みが必要となります。まずは自分に近い先輩看護師に相談してみると良いでしょう。

病棟やチームで意見をまとめ、看護師長や人事に業務体制の見直しが必要である旨を伝えることも手段のひとつです。

労働組合や労働基準監督署へ相談する

職場に改善を求めるために、労働組合や労働基準監督署へ相談するという方法もあります。看護師が労働条件について疑問や不満を抱えた場合、これらの機関に相談することで、適切な労働環境の実現に向けた一歩を踏み出すことができます。

適切な対処をしてもらえるように、サービス残業が問題となっている証拠を集めて相談すると良いでしょう。

サービス残業がない職場への転職を検討する

サービス残業の多さにどうしても悩んでいる場合は、転職を検討してみましょう。サービス残業が当たり前とされている環境に長期間いると、身体を壊してしまいます。

看護師の仕事を続けることが難しくなる恐れもあるため、働きやすい環境へ移ることも大切です。

カイテクでは、1日単位の仕事をしたうえで、相性が良い職場を見つけることができます。求人票やホームページなどでは把握しづらい、現場の雰囲気や働き方を確かめることが可能です。

自分にとって働きやすい環境を効率的に探したい方は、カイテクを登録してみてください。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

カイテクでサービス残業のない理想の職場を見つけよう

職場によっては、看護師のサービス残業が当たり前という風潮があり、就業前よりも早く出勤する人もいます。サービス残業の慢性化は看護師にとってマイナスな影響が大きく、周囲との協力や職場環境の改善などが求められます。

サービス残業がない理想の職場を見つけたい方は、カイテクを活用した転職がおすすめです。実際に現場の働き方を確かめながら、後悔のない転職活動を始めてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次