【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

【看護師の面接対策】好印象を与える逆質問の具体例とポイントを解説!

看護師の転職面接では、終盤で「何か質問はありますか?」と逆質問を求められることが一般的です。しかし、この逆質問に対して、「何を聞けば良いのかわからない」と感じる方は多いのではないでしょうか。その場で質問できないと、採用担当者に「この仕事に対する関心が足りないのでは?」という印象を与えてしまう可能性があります。

今回では、転職面接で良い印象を与える逆質問の具体例やポイントを解説します。

【看護師もスーツが王道?】転職面接の服装と身だしなみを解説

目次

看護師が面接で逆質問をする際のポイント

こちらでは、転職面接で看護師が逆質問をする際に、好印象を与えるためのポイントを解説します。

意欲や熱意をアピールする

面接官から「何か質問はありますか?」と問われた際、その職場で働く意欲や熱意が高いことを示すことが重要です。逆質問は、面接官に質問する機会を活用し、自分の興味や動機、会社への貢献意欲を示す絶好のチャンスとなります。

積極的に質問を行うことで、あなたが真剣にこの病院や施設で働きたいという熱意が伝わりやすくなります。

ポジティブな内容の質問をする

逆質問を行う際は、ポジティブな内容の質問を選びましょう。例えば、部署やチーム内の文化、志望するポジションにおける成長の機会やスキルの習得方法などが挙げられます。

逆質問は、ただ単に情報を引き出すだけでなく、あなたの積極性や貢献意欲を示すための手段となります。

【看護師の面接対策】意欲が伝わりやすい逆質問

こちらでは、転職面接において採用担当者に意欲が伝わりやすい逆質問の例文を2つ紹介します。

①入職までに勉強や準備しておくことは?

「入職までに勉強や準備しておくべきことはありますか?」という質問は、実際に働くにあたってどのような準備が必要かを尋ねるものです。この逆質問を行うことで、新しい環境に適応し、早くから貢献したいという意志が伝わります。

入職までに行うべきことが理解できるため、自身のスキルアップにつながります。

②新入社員に求めることは?

「新入社員に求めることはどのようなことですか?」という質問は、志望する病院や施設が重視しているスキルや能力を理解することができます。また、自分の強みやスキルとどの程度マッチしているのかを把握することにも役立ちます。

自分の強みや成長すべき点を再確認する機会にもなり、自分のポジションと会社の期待を明確にする有益な内容となります。

【看護師の面接対策】職場の雰囲気を知りたいときの逆質問

職場の雰囲気を把握する内容の質問も面接官に好印象を与えます。

こちらでは、転職面接において職場の雰囲気を知りたいときの逆質問の例文を3つ紹介します。

①入職している看護師の人数は?

働いている看護師の人数が把握できれば、病床数や看護方式などを知ることができます。そのため、「入職している看護師の方々の人数は何名ですか?」という逆質問を行いましょう。

質問の答えによって、一人ひとりの業務量や職場環境などをイメージしやすくなります。

②看護師の平均年齢は?

職場の環境や雰囲気を知りたい場合は、一緒に働く看護師の年齢層も気になるところです。この場合、「働いている看護師の方々の平均年齢はどのぐらいですか?」と尋ねてみましょう。

平均年齢が高い職場であれば、先輩看護師からのサポートが期待できます。反対に、年齢層が低い場合は、あまり長く勤めている人が多くないことや、責任が大きい仕事を任せられるチャンスがあると考えられます。

ただし、平均年齢と自分の年齢に差がある場合は、コミュニケーション面で少し心配な部分が発生するかもしれません。

③未経験で入職している人は何名?

新しい分野に挑戦する場合や、まだ看護師としての経験が長くない場合は、教育体制についても把握しておきたいですよね。

「こちらで働いている看護師の方で、未経験で入職されている方は何名ぐらいいらっしゃいますか?」という逆質問がおすすめです。

自分と似た状況の看護師がどのぐらい採用されているのかが分かります。

【看護師の面接対策】職場の働き方を知りたいときの逆質問

働き方に関する質問は、スキルアップへの意欲が高いことをアピールできます。

こちらでは、転職面接において応募する職場での看護師の具体的な働き方を知りたいときの逆質問の例文を3つ紹介します。

①1日のスケジュールは?

入職後の働き方を理解するためには、スケジュールを尋ねることも重要です。この場合、「看護師の方の1日のスケジュールを教えていただけますか?」と質問しましょう。

具体的なスケジュールを知ることで、自分がどのような仕事に関わるのかを把握できます。

入職後の働き方を理解しようとする姿勢は、採用面接において非常に効果的です。

②院内での勉強会や研修の開催頻度は?

看護師としてスキルアップを目指している場合は、「こちらでの勉強会や研修の開催頻度はどのぐらいでしょうか?」という逆質問をしてみましょう。病院によって、勉強会や研修の開催頻度は異なります。

病院側が勉強会や研修に積極的であれば、希望通り働きがいのある職場となるでしょう。

勉強会や研修の内容について質問するのもおすすめです。

③外部への勉強会に参加は可能?

院内だけでなく、スキルアップのために外部への勉強会や研修などに参加したい場合は、「外部への勉強会に参加することは可能でしょうか?」と尋ねましょう。このような逆質問は、スキルアップに対する意欲の高さをアピールすることができます。

職場の協力体制や状況を確認することにも繋がります!

看護師として、将来的に成長していける環境なのかを判断できる質問です。

看護師の面接におけるNGな逆質問

こちらでは、転職面接において避けたほうがよいNGな逆質問の具体例を紹介します。

調べればわかる内容やすでに説明を受けた内容についての質問

志望先のホームページや求人票などすでに提示されている情報に関する逆質問は避けましょう。

なぜなら、リサーチ不足だということが伝わり、ここで働く意欲が低いと捉えられる恐れがあるからです。また、面接中や見学会などで説明を受けた内容に触れることも、「人の話を聞いていない」「理解力がない」と捉えられるためNGです。

事前に志望先の情報をリサーチして理解を深めたうえで、逆質問の内容を考えることが大切です。

給与や待遇などに関する質問

採用面接での逆質問で、給与や賞与、福利厚生などの待遇に関することを尋ねるのはあまり印象が良くありません。

働くうえで重要な内容ではありますが、事前に自分で情報収集すべきことです。

待遇面について知りたい場合は、「みなさんは何時ぐらいに出勤されていますか?」や「夜勤のシフトについてお尋ねしてもよろしいですか?」というようにオブラートに包んだ質問の仕方を用意しましょう。

「特にありません」と答える

逆質問を求められた際に、「特にありません」と突き返すのはNGです。志望先について知りたいことがない、とマイナスな印象を与えてしまいます。

面接に挑む前に、最低3つ程度は逆質問を用意しておくと良いです。しかし、用意していた質問を面接中に担当者が説明する場合もあります。そのようなときは、「お聞きしたかったことは全て説明していただいたので、見学の際に改めてお尋ねしてもよろしいでしょうか」と伝えましょう。

このような言い方であれば、オブラートに質問したかったことがクリアになったと伝わり、好印象を与えることができます。

逆質問で自分を最大限にアピールしよう!

転職面接での逆質問は、意欲や熱意をより効果的にアピールすることができます。逆質問は、入職後の働き方や職場の雰囲気を把握でき、意欲が伝わる内容が適しています。反対に、条件や待遇など自分で調べればわかる内容を質問すると、マイナスな印象になるためNGです。これから面接を控えている方は、紹介した内容の質問を参考に、3つほど逆質問できるように準備しておきましょう。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次