【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

介護はブラックすぎ?地雷施設の見分け方や良い就職方法を解説

介護の仕事を始めたいと思いますが、ブラックという噂を聞いたことがあり、なかなか踏み出せません…

以前働いていた介護施設がブラックに感じるほど職場環境が厳しかった!介護業界全体がそうなのでしょうか?

といった疑問を持ち、介護業界全体に対してブラックなイメージを抱き、就職・転職に踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。 そういったときは、介護業界の現状を知りたいと思うのではないでしょうか。

今回では、実際の介護施設での勤務経験がある私が、「介護業界はブラックなのか」という問いにお答えし、また、地雷となる施設の見分け方や良い介護施設への就職方法などを解説していきます。

目次

介護業界ってブラックなの?

「介護業界はブラックと言われることが多いですが、本当にそうなのでしょうか?」と疑問に思っている方は多いかもしれません。 介護業界の悪い噂を耳にすると、就職前から不安になることもあるでしょう。

そこで、ここからは介護業界がブラックであるかどうかについて、私自身の経験談を交えて詳しく解説していきます。

結論:そうとも限らない

結論から申し上げますと、介護業界全体がブラックというわけではありません。

ただし、一部にはブラックと呼ばれる介護施設も存在します。 介護業界で長く働き続けたい場合は、そのようなブラックな介護施設への就職は避けるべきでしょう。

私自身は介護福祉士として介護施設で働いた経験がありますが、その職場がブラックだったということはありませんでした。 無理な残業を強いられることもなく、給料も適切でした。

納得できる環境で働けていましたが、知人の中には「私の職場は有給休暇を取らせてくれないブラックな施設だ」と話す人もいました。

介護業界全体がブラックとは言えず、就職先によって待遇に差があるのが現状です。

実際にはホワイトな介護施設も多数ある

介護業界はブラックという印象を持たれがちですが、必ずしもそうではありません。

実際には、介護スタッフを大切にするホワイトな介護施設も多く存在します。 しかし、ブラックな介護施設の声が大きくなると、業界全体がそのように見られがちです。

ホワイトな介護施設は以下のような特徴を持っています。

  • 給料が適切で、スタッフが納得できる設定になっている
  • サービス残業がない
  • 休日は交代制でもしっかりと取れる
  • スタッフ数が確保されているため、毎日が忙しいということはない

これらの条件が守られている介護施設では、スタッフのモチベーションが高く、良好なチームワークで連携しながら、介護ケアの向上に努めています。 そのため、人間関係について余計な悩みを抱えることもありません。

ブラック介護施設は見分けることが大切

働きやすい介護施設で仕事をするためには、ホワイトな介護施設を見極めることが重要です。

ブラックな介護施設とホワイトな介護施設を見分け、良い職場への就職を目指しましょう。

次の章では、ブラックな介護施設を見分けるポイントを具体的に紹介します。

ブラックな地雷施設の見分け方

「ブラックな介護施設に就職したくないけど、見分けるのが難しい」と感じている方は多いかもしれません。

確かに、就職前の介護施設の内情はわかりにくく、見分けるのは困難かもしれません。 しかし、ポイントを押さえることで、ブラックな介護施設への就職を避ける可能性があります。

ここからは、ブラックな施設の見分け方を3つ解説します。

口コミをリサーチする

まずチェックしたいのは、介護施設の口コミです。 介護施設の評判を知るための口コミは以下の3つです。

  • Googleの口コミ
  • 転職サイトにある元スタッフや現役スタッフからの口コミ
  • 施設紹介サイトの利用者やご家族からの口コミ

スタッフからの口コミだけでなく、施設紹介サイトの利用者やご家族からの口コミもチェックすると、施設の雰囲気が把握でき、参考になります。

ただし、口コミはあくまで参考の一つで、全てを鵜呑みにするべきではありません。

求人票の文言は注意深くチェックする

求人票の文言や出稿の仕方には注意が必要です!

例えば、求人が常に出ている介護施設は、人手不足で離職率が高い可能性があります。 また、求人票の文言で「アットホーム」と記載がある場合、それは家庭的な雰囲気というメリットだけでなく、「既存のスタッフが固まりやすい」という意味も含まれているかもしれません。

既存のスタッフが仲が良いのは良いことですが、逆に新人がそのグループに入りにくいという懸念点も存在します。

求人票は細かくチェックし、何か違和感がないか考えてみることが、ブラックを見抜く鍵となります。

しごと体験や見学などを行う

ブラックな介護施設を求人だけで見分けるのは困難です。 できれば介護施設の中に入って、様子を見る機会があると良いでしょう。

事前に職場体験や見学を行うことがおすすめです!

職場によっては、ミスマッチを避けるために、就職前に職場体験や見学の機会を設けてくれることがあります。 しかし、全ての職場がそれを実施しているわけではなく、受け入れてもらえないこともあります。

そういった場合には、単発バイトなどで職場の様子を見ることが考えられます。 それが可能なアプリ「カイテク」の説明は、次の章で詳しく解説します。

ブラックではない良い介護施設に就職する方法

介護の仕事をする際には、ブラックではなくホワイトな職場に就職したいと思うでしょう。

そこで、ここからはブラックではない優良な介護施設に就職する方法3つを解説していきます。

大手の求人サイトで就職先を探す

介護の仕事を紹介している求人サイトは多種多様ですが、利用するなら大手のものがおすすめです。

ユーザー数が多く、求人数も豊富な求人サイトは、比較的良質な介護求人を掲載していることが多いです。 逆にユーザー数や求人数が少ない求人サイトに掲載されている求人は、質が低い傾向にあります。

どちらにしても多くの中から職場を選ぶほうが、自身に合った介護施設を見つけやすいので、ぜひ求人サイトは大手のものを活用してみてください。

介護求人サイトのおすすめ8選!就職・転職を成功させる方法も解説

転職エージェントで担当者におすすめを紹介してもらう

介護に特化した転職エージェントも存在し、登録すれば担当者が自身の希望に合った職場を紹介してくれます。

就職・転職に関する相談もできるため安心ですが、一方で転職エージェントと提携している介護施設しか紹介してもらえないというデメリットも存在します。 限られた中での求人を紹介され、その中で就職・転職先を選ばなければならないため、向き不向きがあると言えます。

多くの求人の中から、自身のペースで選びたいという方は、転職エージェントではなく他の方法で探すことをおすすめします。

カイテクで実際に中に入って働いてみる

仕事体験や見学などの受け入れを行っている介護施設は少ないのが現状です。 しかし、ブラックな介護施設を見分けるためには、中に入って雰囲気を確かめたいところです。

おすすめなのが介護単発バイトアプリ「カイテク」です!

カイテクは看護・介護の単発バイトができるアプリですが、魅力はそれだけではありません。 実は、相性の良い職場があればそのまま就職も可能なのです。 単発バイトで実際に働いてから就職を決めることができ、内情を知ったうえでの就職が可能です。

ブラックかホワイトかを見極めながらバイトで稼ぐことができ、さらに就職も可能であるため、就活中の介護ワーカーさんには特に人気のアプリとなっています。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

ブラックではない良い介護施設に就職したければカイテクがおすすめ!

ブラックではないホワイトな介護施設に就職するなら、記事内の方法の中でも特にカイテクの活用がおすすめです。 月間仕事数3万件以上と求人も豊富であるため、多くの介護施設から自身に合いそうな職場を探すことができます。 ホワイトな介護施設で安心して介護の仕事を続けたいという方は、ぜひカイテクに登録して就職活動を進めてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次