介護職の試用期間中でも退職すべきときは?手順や注意点も解説

介護施設に就職して試用期間中にも関わらず、何らかの理由で退職したいと考えることがあるでしょう。

試用期間中でも介護職を退職することは可能なのでしょうか?

今回では、退職すべき場合やその際の手順、注意点などを説明していきます。

https://caitech.co.jp/media/257/

目次

介護施設は試用期間内で退職できる?

就職して数カ月は試用期間を設ける介護施設もあります。試用期間中に介護施設を退職したいと思った場合、辞めることはできるのでしょうか。ここからは、試用期間中の退職の可否について解説していきます。また、試用期間や注意点なども紹介していきますので、「退職したい」と思っている方は、ぜひご覧ください。

結論:できる

結論から申し上げますと、試用期間中の退職は可能です。退職は職員の権利であり、基本的には自由に選択することができるからです。

試用期間中であってもそれは変わらず、辞めたいと思えば申告して自由に退職することができます。しかし、試用期間中に退職すると当然、注意点やリスクもあります。

辞めることはできますが、注意しなければならない点もあるため、そこを充分に理解して適切な選択をしていくことが大切です。

試用期間中に退職するときの注意点は、記事内でさらに詳しく解説していきます。

試用期間とは

試用期間とは厳密にいえば、まだ本採用が決まっていない段階のことをいいます。実際に働いてみてお互いの相性を試す期間であるともいえるでしょう。試用期間の長さは施設・事業所によって違いますが、一般的には3カ月程度が多いかもしれません。

ご自身が試用期間中であるかよくわかっていない方は、雇用契約書などを再度確認してみるとよいでしょう。

試用期間中に退職するときの注意点

上記で本採用が決まっていない段階と解説しましたが、試用期間であっても雇用契約は結ばれています。そのため、「試用期間中だから簡単に辞められる」と軽く考えるすぎるのもよくないです。

試用期間であっても、雇用形態は結ばれている状態になるため、退職届の提出は必要になります。

早期退職はその後の就活にも影響しやすいリスクがあることも理解しておきましょう。

試用期間中でも退職すべき場合は?

試用期間中の退職は、基本的にはあまりおすすめできません。上記でも少し解説した通り、当然リスクもあるからです。しかし、理由によっては退職をすべき場合があります。退職したほうがよい状況である場合は、辞めることをポジティブに考えて話を進めるようにしましょう。

ここからは、試用期間中でも退職すべきケース4つを解説していきます。

条件が違う

面接や求人、契約書などで提示された内容と実際の仕事条件が違った場合は、試用期間中でも退職を検討したほうがよいかもしれません。特に、雇用形態や給与についての条件が異なる場合、今後も職場に不信感を持ちながら働き続けなければなりません。

ただし、「条件が違う」と思った場合でも、自分の勘違いであるかもしれないため、不信感を持ったときはまず職場に問い合わせてみるようにしましょう。

あまりに悪質な場合は、就活時に面接などで正直に辞めた理由を話したとしても先方にわかってもらえる可能性が高いです。

仕事が合わない

仕事がどうしても合わないと感じたときも退職したほうがよい場合もあります。本当にご自身と仕事が合っていない場合、そのまま続けていても嫌になって結果的にいつか辞めてしまう可能性が高いからです。合わなくて退職するなら、早いほうがよいという考え方もあります。

ただし、仕事の向き不向きは短期間ではわからない可能性もあるため、判断が難しいかもしれません。

「合わないかも」と感じたら、すぐに辞めようとするのではなく、まずは振り返ってゆっくりと考える時間を設けるようにしましょう。

体に不調がでる

体調不良になったり、腰痛で動けなくなったりした場合も、退職したほうがよいかもしれません。

無理して続けてしまうことで、もっと状態が悪化してしまう可能性もあるからです。

次の職場では同じことが起こらないように、体調不良になった原因も分析できると良いかもしれません。

生活に支障をきたしてしまうほど、体に異変を感じたら試用期間中でも退職を検討しましょう。

その他、解決できない問題がある

その他、解決できなそうな問題があれば試用期間中でも退職すべきです。例えば、下記のような状態です。人間関係や職場環境が悪すぎて改善される見込みがない、精神的に疲れてしまって眠れない。

上司が高圧的であったり、職場全体の環境が劣悪であったりする場合、モチベーションを持って仕事に取り組むことができなくなってしまい、試用期間中でも辞めたくなることがあるでしょう。続けていても、解決できないと感じた場合は、退職して他の職場でご活躍されたほうがよいかもしれません。

退職に迷ったときは「解決できる問題かどうか」を軸に考えてみると、結論がでやすいでしょう。

https://caitech.co.jp/media/17356/
https://caitech.co.jp/media/17344/

試用期間中に退職したくなったときの手順

試用期間中にスムーズに退職したい場合は、手順も大切です。間違った順番で話を進め、トラブルにならないように適切な手順を理解しておきましょう。

こちらでは、試用期間中に退職したいと感じた際の手順を解説していきます。

本当に退職してよいか考える

まずは、退職がご自身にとって本当に正しいのかを考える時間を設けましょう。感情に任せて辞めてしまうと、後悔しても時間を戻すことはできません。退職後に出戻り就職する方もいますが、試用期間中の退職は難しいことも覚えておきましょう。

仕事の選択は今後の人生に大きく影響しますので、ゆっくりと考える時間を作り、後悔のない選択をしましょう。

退職を決意すると同時に転職先も探しておく

退職を上司に報告する前に、転職活動も進めることが大切です。試用期間中の退職は、1~2カ月後ではなく、申告したその日になる可能性もあります。報告した日にすぐ退職する場合、当然次の日から職を失います。職がない時の単発バイトとしてカイテクもおすすめです。

カイテクを活用して職を探し始めれば、退職後の負担も少なく済むかもしれません。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 給与は最短15分で当日にGET
  • 転職・副業にも利用できる
  • 専門職としてスキルアップ

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

上司に報告する

気持ちが固まったら上司に退職の旨を報告しましょう。試用期間中の退職であるため、「まだ様子を見たらどうだ」と引き止められる可能性もありますが、気持ちが固まっている場合は退職の意思を貫くことが大切です。

上司への報告時には、「このような早期の退職、大変申し訳ありませんが」と一言添えるようにしましょう。

退職届を出す

試用期間中に辞める場合でも、退職届が必要です。口頭だけで退職を受け入れてもらえる場合もありますが、大半は必要とされますので、先に用意しておくとスムーズです。

退職の日付は上司に指定された日を記載しましょう!

退職したつもりが受理されていないということがないように、退職届の提出が必要かどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

https://caitech.co.jp/media/5004/
https://caitech.co.jp/media/5007/

介護職を試用期間中に退職するときはカイテクを活用してみよう!

記事内でも少し触れましたが、試用期間中など早期に退職する際には、介護単発バイトができるカイテクを活用することをおすすめします。早期の退職は、職を失うリスクが高いのが懸念点です。

カイテクは早期の給与振り込みも可能であり、金欠に困った際の繋ぎとしてもバイトを利用できます。さらに、相性の良い事業所に就職することも可能ですので、バイトをしながら就職活動ができるのです。

便利なアプリを活用して、試用期間中の退職をプラスに変えていきましょう。試用期間中に退職して困り、次の職を探したいときには、ぜひカイテクに登録してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次