60代の看護師は使えない?定年後も理想的な働き方を実現する方法を解説!

一般的には、60歳が看護師の定年とされる年齢ですが、もう少し働きたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、

・定年後も看護師の仕事を続けられるのだろうか…

・60代以降の再就職は難しいのではないか…

といった不安もあるでしょう。

今回では、60代以降の看護師が働きやすい職場や再就職先を見つける方法について解説していきます。

目次

看護師は60代以降も働くことができる!

こちらでは、看護師の定年制度や定年後の働き方の実態についてご紹介します。

60代以上で活躍している看護師も多い

一般的には、病院やクリニックでは60歳が定年とされていますが、法的な看護師の定年制限は存在しません。そのため、職場によっては60歳を超えても働くことが可能です。

厚生労働省の令和4年の衛生行政報告例(就業医療関係者)によれば、60~64歳の看護師が5.7%、65歳以上の場合は3.7%を占めています

これを総合すると、約10%の看護師が60歳以上で仕事を続けていることがわかります。他の年齢層の割合は10%前後であることから、60歳以上で活躍する看護師が多いと言えるでしょう。

参照:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/22/dl/kekka1.pdf

65歳定年にしている職場は増えている

これまでは60歳が一般的な定年でしたが、近年では65歳までの定年を採用する職場も増えています。その背景には、2025年4月から「65歳までの雇用確保」が法的に義務付けられるようになったことがあります。

この法改正により、希望する者は定年後も65歳まで雇用を継続することが求められています。そのため、65歳までの定年延長を導入する職場も増加傾向にあります。

定年後の再雇用・勤務延長制度を利用できる場合も

「定年後も看護師の仕事を続けたい」という場合は、再雇用制度や勤務延長制度を活用することが考えられます。

  • 再雇用制度
    • 定年を迎えた従業員が一度退職手続きを経て再雇用される制度
  • 勤務延長制度
    • 退職手続きを経ずに雇用を延長する制度

併用はできませんが、定年を迎える前に勤務先の制度を確認しておくことが望ましいでしょう。

60代以上の看護師は使えない?再就職の悩み

60歳以上の看護師は、豊富な経験とスキルを持った人材であります。多くの職場で重宝されるベテラン世代ではありますが、年齢が理由で再就職に不安を感じる方も少なくないようです。

こちらでは、60歳以上の看護師が再就職する際に抱える主な悩みについてご紹介いたします。

体力面の不安

年齢を重ねると、体力面の不安が大きくなることがあります。看護師の業務は立ち仕事が中心であり、体力が必要な業務も多いため、60代になると若い頃に比べて負担を感じることが増えます。

特に、生活リズムが崩れやすい夜勤がある職場では、働き続けることに不安を感じる方も多いでしょう。

新しい技術の習得に対する不安

看護の現場は、日々新しい情報や技術が更新されています。これまでアナログだった業務もデジタル化されつつあり、「付いていけない」と感じる方も増えています。しかし、長年のキャリアや経験にこだわるのではなく、新しい技術を学ぶ姿勢が重要です。

プライドを捨てて柔軟に学ぶことが、スキル向上に繋がります。

若い看護師とのコミュニケーション

年齢が上がると、若い看護師との世代間ギャップを感じることがあります。異なる世代同士であるため、どうコミュニケーションをとればよいか悩むこともあるでしょう。しかし、「使えない」「使いにくい」と決して言えません。

お互いの良さや苦労を理解し合い、フォローし合うことが大切です。

60代以上の看護師におすすめの働き方・職場

こちらでは、60歳以上の看護師におすすめの働き方や職場についてご紹介します。

嘱託職員

「今から転職活動するのはちょっと…」と感じる方は、まず現在の職場で嘱託職員へ転向できるか確認してみましょう。慣れた環境で働けたり、自分の体力や希望する時間に沿った働き方が実現しやすいです。

ただし、正社員と比べて給与が低くなる可能性があります。

単発バイト

自分のペースで無理なく働きたいと考える方は、単発バイトがおすすめです。1日単位で看護師の仕事ができるため、自分のスケジュールに合わせて働けます。

職場の人間関係に巻き込まれる機会も少なく、多くの職場を経験することができます。

クリニック

クリニックは、基本的に日勤のみの職場であり、休日もカレンダー通りです。また、パートやアルバイトであれば短時間勤務が可能です。総合病院のような大きな病院に比べて、体力に負担となる業務も多くはありません。

これまで経験してきた診療科のクリニックであれば、転職活動もスムーズに進めやすいでしょう。

健診センター

問診や検査補助、身長・体重計測、採血などの健康診断に関する業務がメインとなる職場です。基本的に、ルーティーンワークとなるためイレギュラーな対応が少ないです。

健康な方を対応するため病棟勤務に比べて、精神的なプレッシャーを感じないでしょう。

企業・保育園・幼稚園

企業や保育園、幼稚園で働く看護師は、基本的に社員や子どもの体調管理や怪我の対応を行います。夜勤がなく、健康な方を対応することが多いため、体力・精神面の負担も少ないでしょう。

ただし、職場での看護師の人数が少ないため、これまでの経験やスキルが必要とされる職場です。

介護施設

介護施設は、定年を迎えたベテラン看護師が歓迎されやすい職場です。実際に50代・60代以上のシニア世代や、一旦看護師を離れたブランクのある方も多く活躍しています。

夜勤がない施設も多いので、自分に合った職場を探してみましょう。

訪問看護

訪問看護は、利用者の自宅で看護ケアを行います。基本的に一人で業務を行うため、自分のペースで仕事を進めたい方におすすめです。

一人ひとりに向き合ってケアを提供したいという方も向いています。

60代以上の看護師求人の探し方

こちらでは、60歳以上の看護師におすすめの求人の探し方についてご紹介します。

カイテク

60代以上の看護師求人を探す際には、自分に合った職場選びが鍵となります。

カイテクでは、1日単位の看護師の仕事を見つけることができます。また、働きたいと思った職場とのマッチングが成立すると、正式な採用へとつながる可能性もあります。

カイテクは“面接なし・履歴書なし”看護単発バイトアプリです。

  • 面倒な手続き不要
  • 給与は最短当日にGET
  • 転職にも利用できる
  • 専門職としてスキルアップ

100,000人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

病院・施設に相談

働いてみたいと興味を持った病院や施設がある場合、直接相談するという方法もあります。

ホームページには求人情報が掲載されていることもありますので、確認してみましょう。

知人からの紹介

知人や友人からの紹介を経て転職先を探すという方法もおすすめです。知り合いからの紹介があるため、安心感もあります。

看護師や看護師がいる職場で働いている知人がいれば、早めに転職について相談しておくと良いでしょう。

自分のペースで無理なく働ける職場を探そう!

60代以降も看護師の仕事を続ける場合、体力や若手とのコミュニケーションに悩むこともあるかもしれません。しかし、「使えないと思われているかも」というような悩みは必要ありません。

これからも看護師の仕事を続けたいと思う場合は、職場選びがポイントです。カイテクなら、自分のペースで働ける職場が見つかります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次