【目指せ!看護師リーダー】リーダーに求められる能力や役割を解説!

初めてのことだらけだった新人看護師から数年、着実に経験を積み、看護歴も3年以上になるとリーダー業務を任されることがあります。

看護師のリーダー業務とはいったいどのような内容なのでしょうか?

今回は、看護師のリーダーの役割や仕事内容、求められる能力について解説します。

  • 看護師のリーダーを任されて不安に思っている
  • リーダー経験はないがどのような業務内容なのか
  • どのようなスキルが必要なのか気になっている

こちらに該当する方はぜひ参考にしてください!

目次

看護師のリーダーとは?

3年程度の看護師経験を経て一通りの仕事を覚えた看護師が次なるステップとして任されることの多いリーダー。

看護師のリーダーを任されたということは、まわりの人から信頼を得ている証拠である一方、新たなチャレンジには不安や戸惑いがつきものです。

そこで、

  • 看護師のリーダーが果たす役割
  • 具体的な仕事内容
  • 一日のスケジュール例

をご紹介します。

看護師のリーダーが果たす役割

看護の現場において病院の多くは「チームナーシング」という看護方式を採用しています。

チームナーシングでは、配置されている看護師を複数のチームに分け、そのなかにリーダーやメンバーである看護師、看護補助者などを振り分け、チーム全体で看護を行う

看護師のリーダーは、主任や看護師長といった役職ではありませんが、チーム全体の状況を把握し、全体を取りまとめる役割を果たします。またチームには新人看護師も配置されるため、新人看護師の指導を担当することもあります。

看護師のリーダーはチームの責任者でもあるため、病院によっては3年目以上の看護師でないとリーダーはできないなどの決まりがあり、一人前になった看護師が担える役割となっています。また、中堅看護師の教育を行うというねらいもあります。

看護師のリーダーの仕事内容

現場で働く看護師の中心となって業務の調整や、ほかの医療スタッフとの連携を図るなど重要な役割を担います

具体的な仕事内容には以下のようなものがあります。

  • 病棟全体の状況把握
  • チームメンバーの業務調整やフォロー
  • チームメンバーへの指示出し
  • 医師からの指示受け
  • チームリーダー同士の引き継ぎ
  • ほかの職種の医療スタッフとの連携

など

看護師のリーダーは病院内のさまざまなスタッフと関わりながら幅広い業務を担当するため、調整力や管理能力、コミュニケーション力なども求められるでしょう。

看護師のリーダーの一日のスケジュール

看護師のリーダーの1日のスケジュールはどうなっているのでしょうか?

医療機関によっても異なりますが、日勤のリーダーの1日の流れを見てみましょう。

  • 病棟看護師(日勤)の一日の流れ
    • 8:00  出勤、着替え
    • 8:30  ナースステーションにてカルテをチェック、患者さんの情報収集、医師の指示を確認
    • 8:40  夜勤のチームリーダーから申し送りを受ける
    • 8:50  チームメンバーと情報を共有。業務の優先順位を判断し、それぞれに指示
    • 10:00 予約入院について確認。その日の空きベッドの状況によってほかの部署と調整、緊急入院に備えて受け入れ体制を整える
    • 11:00 医師からの指示受け、内服薬の確認、退院する患者への対応など
    • 12:30 人員の調整を行いながら昼休憩を指示。合間に自身も昼休憩をとる
    • 13:00 午後の業務開始。病室を巡回
    • 14:00 メンバーからの報告を受け、メンバーのフォロー、新人看護師の指導、看護日誌への記録など
    • 16:30 夜勤リーダーに引き継ぎ
    • 17:00 退勤

チームナーシング導入のメリットとは?

上記にある通り、多くの病院でチームナーシング制が導入されています。チームのリーダーになるにあたって、チームナーシングの意味を理解しておくことが大事です。

こちらでは、チームナーシング導入のメリットについてご紹介します。

看護師間のコミュニケーションが円滑になり、業務効率化が実現する

少人数のチームとして体制を整えることで、看護師間のコミュニケーションが円滑化されます。

新人看護師が気兼ねなく先輩に質問できる環境がつくられます。上司にあたる看護師も部下と意見を交換しやすい環境になるため、業務の効率化が実現します。

コミュニケーションの質が向上され、より看護の質も高まります。コミュニケーションがよく取れている職場は、働きやすい職場でもあります。良いチームで働くことができるので、看護師のモチベーションアップにも効果的です!

職員一人ひとりの満足度が高くなることで、離職防止に繋がるため病院側にとってもメリットが大きいと言えます。

業務が分散される

チームナーシングによって、一人の患者さんを複数人の看護師で看るため、業務が分散化されます。

患者さんを自分一人で対応しなければならないというプレッシャーから解放されます。命に関わる職業であるため、ただでさえ精神的な負担を抱えているという方は多いでしょう。

チームで業務を分散することで、看護師一人ひとりの精神的負担が軽減されます。また、多くの看護師で対応することで、小さなミスを防ぐことにも有効的です。

患者さんにとっても看護師にとってもメリットが大きい看護体制になります。

看護ケアの質が維持でき、患者の満足度が高まる

チームナーシングを導入することで、全体で情報を共有し合える体制が整います。しかも、より幅広い視点で患者さんを理解することができるので、高品質なケアが提供できます。看護ケアの質が保たれることで、患者さんの満足度向上に繋がります!

一つのチームとして、患者さんに対する看護計画や対策が立てやすくなり、様々なリスクを回避しやすくなります。

病院を利用することに不安を抱えている患者さんも多いです。しかし、チームナーシング導入によって、患者さんの不安も解消されるでしょう。

看護師のリーダーに求められる能力

チームのリーダーとなると、様々な能力が求められます。

こちらでは、看護師のリーダーに求められる主な能力を3つご紹介します。

看護師としての知識、スキル

看護師のリーダーとして、看護についての十分な知識や技術などの習得は前提

基礎となる看護の知識やスキルがなければ、適確な判断や指示をすることはできません。また、看護師のリーダーは後輩やチームメンバーの指導にもあたるため、人に指導できるだけの看護知識や技術を体得しておくことは必須といえます。

看護知識や技術は、日々更新されています!

資格を取得したときの情報のままでは、後輩に対して的確な指導ができませんので、常にスキルを高め続けていくことが大事です。

コミュニケーション能力

スムーズな連携のために、必要な情報を正確に判断し、情報共有をおこなうコミュニケーションスキルが必要

医療の現場では看護師一人でも、医師一人でもできることは限られています。そのため、よりよい医療を提供するためにはチーム医療が欠かせません。それには各職種、各部署の医療スタッフとの連携が必須となります。

チームメンバーや患者さんに対して指導を行う際にも、コミュニケーションスキルを用いて、自分の考えを理解してもらえるように伝えなければなりません。

判断力

看護師のリーダーは、チームの意思決定をする場面が多く、とっさの判断力が求められる

また、新人や後輩が看護師のリーダーに求めることは、困ったときや不安なときに的確に指示やアドバイスをしてくれることではないでしょうか。

「あの人がリーダーなら、安心して業務にあたれる」と思われるような判断力を備えておくと、リーダーとしてまわりから信頼されるでしょう。

任せる力

後輩の看護師に業務を任せる力も、看護師のリーダーとして必要な能力の一つ

自分一人の持てる時間や、抱えられる業務量には限りがあります。

看護師各個人の能力やスピードを把握しておくこともリーダーとしての役割になります。 指導しながら、一人ひとりの状況や状態を正確に把握することで任せるべき業務が判断できるようになります。

後輩に業務を指導するなかで、知識やスキルが身についてきたら適正な範囲での業務を任せてみましょう!

リーダーとして後輩看護師と良好な関係を築くポイント

チームのリーダーという立場になり、後輩との関係性に悩むという方も多くいるでしょう。後輩看護師と良好な関係性を築くためには、いくつかコツがあります!

こちらでは、リーダーとして後輩看護師と良好な関係を築くための5つのポイントをご紹介します。

個人の役割の違いを理解する

チームとしてまとめていくにあたって、自分が思う通りに動いてくれないと不満に感じることもあるでしょう。

自分だけが大変な思いをしていると悩んでしまうこともあるかもしれません。しかし、新人看護師や経験を積んだベテラン看護師など、立場の違いによって与えられている役割が異なります。

新人の場合は、まだ業務に慣れていないことが多く、全体を理解するというよりは業務に慣れることを優先した方が良いです。一方、チームのリーダーになると、周囲の状況を見て的確な判断が求められます。

自分だけが大変だと思わずに、個人によって役割が違うということを理解することが大事です。

自分が何をしなければならないか、後輩看護師は何を優先すべきなのかを納得して業務を進めることができます。

些細なことでも良い部分を褒める

リーダーという立場になることで、後輩を指導する機会も多くなります。責任の大きい仕事であるため、ときには厳しく指導することもあるでしょう。

ただし、良い部分を発見した際は些細なことでもすぐ褒めることが大切です。

看護の技術だけでなく、患者さんに対する接し方や業務に対する取り組み方など褒めるべきポイントはたくさんあります。ちょっとしたことでも先輩から褒められると嬉しくなり、モチベーションも高まります!

「このリーダーはちゃんと見てくれている」と信頼度もアップするでしょう。

積極的なコミュニケーションを心がけ、話しかけやすい雰囲気を出す

せっかくチームとして一緒に働いているのですから、コミュニケーションを積極的に取るように心がけましょう。

先輩が高圧的で無愛想な雰囲気だと、後輩は話しかけにくくなります。看護師同士の円滑なコミュニケーションによって、高品質なケアが提供できます。

リーダーという立場を与えられた以上、チーム内のコミュニケーションの円滑化は重要視しなければなりません。

自ら積極的にコミュニケーションを取るようにすることで、話しかけやすい雰囲気をつくることができます。後輩も相談事を言いやすくなるため、良好な関係性が構築されます!

仕事を平等に振り分ける

チームのリーダーである以上、平等性が求められます。各看護師に対して、仕事の振り分けが平等に行われているかは常に意識しておきましょう。

チーム内で仕事量の差が生じることで、不満やストレスが積もりやすくなります。人間関係の悪化にも繋がりやすく、職場環境が悪化してしまう恐れがあります。

一人ひとりのスキルや業務スピードを考慮しつつ、平等に仕事を振り分けることが大事です。

見本になる言動を意識する

有能なリーダーとなるには、他の看護師の見本にならなければなりません。チームの顔になるので、常に言動を意識しておきましょう!

万が一、自分に対応できないことを質問されると、的確な指示や指導が行えなくなります。そのため、リーダーという立場になっても、知識や技術を高め続ける必要があります。また、悪口や不平不満を言っていると、周囲からの信頼は低下します。

看護師としてのスキルや人柄も見られる立場であるため、自分の言動に責任感を持つことが大事です。

看護師のリーダーを目指すためのステップ

上記で述べたとおり、看護師のリーダーとなるには様々な能力が求められます。自分が目標とするリーダーになるためには、今から努力を積み重ねることが大事です。

こちらでは、看護師のリーダーを目指すためのステップをご紹介します。

セミナーや勉強会に参加する

医療の現場では常に情報がアップデートされるため、現場で知識や技術を覚えるほかに、セミナーや勉強会に参加するのもおすすめです。

看護師向けのセミナーや勉強会は、資格取得を目指すためのものやリーダーシップにまつわるものなど、その内容はさまざま。

ご自身のレベルや習得したい内容に沿ったセミナーに参加してみましょう!

また、現在はオンラインで開催されているものも多くあり、Web上で開催されるセミナーや勉強会をご自宅で手軽に活用することができます。

チーム全体を見渡せる視点を持つ

新人看護師時代は目の前のやるべきことで精いっぱいかもしれません。

一通りの業務に慣れたら、チームで動いていることを意識して、物事を全体的に、俯瞰して見るくせをつける

看護師のリーダーは自分の受け持つ業務だけでなく、ほかの看護師がどのように仕事に取り組んでいるかも把握しなければなりません。それには、チーム全体を見渡せる視点を持つことが大切です!

業務の優先順位をつけて整理する

日々の業務に加えて、リーダーとしての業務を担うとなるとさらに業務量は増加します。チームのリーダーを目指したい場合は、業務の優先順位をつける癖をつけておきましょう。

業務を把握し、的確な判断で仕事を振り分けることもリーダーの役割です。業務整理のスキルも求められますが、意外と苦手だと感じる方も多いようです。一人で業務を抱え込むと非効率的になります。

自分の業務に余裕を持たせるためにも、今は何を優先すべきかを考える癖をつけ、上手く業務整理するようにしましょう。

人のいいところを見つける

いざリーダー業務を任されられると、責任感からか、同僚や後輩の看護師に厳しい態度で接してしまうことがあります。「リーダー」という肩書だけでも、後輩の看護師からすれば威圧的に感じるもの。

日ごろから目を配って「人のいいところを見つける」ことに努めるとよい

知識やスキルが長けていても、感情的に叱ったり、力で押さえつけたりするだけのリーダーシップでは、チームもまとまりません。人間関係を円滑に保ち、人の目線に立って物事を考えられる懐の広さも、大切なリーダーシップであるといえるでしょう。

看護師のリーダーは現場における司令塔!

看護師のリーダーは、いわば看護の現場における司令塔。

看護の知識やスキルに加え、総合的な判断力、コミュニケーション力、人に任せる力などが求められます。

また、リーダーとしてチームの先頭に立つことに苦手意識をもつ看護師もいるでしょう。しかし、リーダーを担当することは、看護師としてだけではなく、人としての成長を促してくれるはずです。

チームの顔である看護師は、後輩看護師や患者さん、他の部署のスタッフからも注目される立場になります。

看護師としてのスキル向上や人間性を高める努力を続けることで、より信頼される人材へと成長できます。 今回ご紹介した内容を参考に、ぜひチームのリーダーを目指してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次