看護師なのに介護の仕事?介護施設で働くナースの役割や転職のメリット・デメリットについて解説!

看護師は病院やクリニックだけでなく、介護施設でも重要な役割を担っています。介護施設への転職を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、「看護師なのに介護の仕事をするのですか?」「介護施設で働く看護師の役割は何ですか?」など、気になることも多いでしょう。

今回では、介護施設で働く看護師の業務内容や役割、病院勤務から転職する際のメリット・デメリットについて解説します。

目次

介護施設で働く看護師の業務内容・役割について

介護施設では、介護職と看護職が協力し合い、利用者の日常生活を支えています。しかし、それぞれの業務内容や役割には異なる部分も多く存在します。医療従事者である看護師には、他の職種ではできない仕事もたくさんあります。

ここでは、介護施設で働く看護師の業務内容や役割について、介護職と比較しながらご紹介します。

介護職と看護師それぞれの業務内容

介護施設で働く看護師は、主に利用者の健康管理や療養に関する業務を担当します。また、医師の指示のもと、投薬や点滴などの医療行為も行います。これらの医療行為は、国家資格を有する医療従事者に限定されており、介護施設では看護師にしかできない仕事です。

一方、介護職員は身体介助や生活支援が主な業務となります。介護福祉士などにキャリアアップすると、相談業務やチームマネジメントなども担当します。基本的に介護職員は医療行為を行うことはできませんが、所定の研修を受講するなどの条件を満たした場合は、喀痰吸引や経管栄養などの業務が認められることもあります。

ただし、認められている範囲を超えた医療行為は禁止されています。

介護職と看護師それぞれの役割

介護施設における看護師の役割は、医療知識や技術を活かして利用者の健康を維持・改善することです。入居者がケガや病気になった場合、医師の指示を受けてさまざまな医療ケアを提供します。介護職員の場合は、介護ケアを通じて利用者の日常生活をサポートすることが主な役割です。

身体介助や生活支援を通じて利用者の自立を支え、心理的・社会的なケアにも重点を置きます。

看護師が介護施設で働くメリット

こちらでは、看護師が介護施設で働く主なメリットについてご紹介します。

病棟勤務に比べて体力的負担が少ない

看護師は、介護士と協力して利用者の身体介助を行うこともありますが、これは基本的には主な仕事ではありません。体力を要する業務は一人で行うわけではなく、病棟勤務と比較して体力的な負担は軽減されています。

年齢を重ねても、長期間にわたり看護師として働き続けることが可能な環境だと言えます。

夜勤・残業が少ない

介護施設での勤務は、病院と異なり急患がないため、基本的に定時で業務を終えることが可能です。さらに、残業も少なく、デイサービスのような日勤のみの施設も多く存在します。

夜勤や残業が少ないため、子育て中の方や家庭と仕事の両立を望む方にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

看護師としてのスキルが経験が少ない人も働きやすい

介護施設においては、病棟勤務に比べて高度な医療行為を行う機会が少ないです。バイタルチェック、口腔ケア、服薬管理、看護記録などの基本的な看護師業務が中心となります。

新人看護師やブランクがある方にとって、プレッシャーが少なく、働きやすい環境であると言えます。

看護師が介護施設で働くデメリット

こちらでは、看護師が介護施設で働くときにデメリットと感じやすい内容をご紹介します。

職場の看護師の人数が少ない

介護施設で働く看護師は、病院と比べて数が少なく、少人数で業務を行います。場合によっては、1人で看護師の業務を担うこともあります。

同じ職種の人が少ないため、困ったときに相談できる相手がいないことに不安を感じる方も多いようです。

給与は病院勤務に比べて低くなりやすい

介護施設では病棟勤務と異なり、残業や夜勤が少なく、高度なスキルが求められることも少ないため、給料が低くなる傾向にあります。以前に大規模な病院で働いていた場合、受け取っていた給料と比較して大幅に減少することを感じるかもしれません。さらに、ボーナスも病院に比べて少なくなることがあります。

コミュニケーションスキルが求められる

介護施設で働く際には、高齢者とのコミュニケーションスキルが必要不可欠です。そのため、コミュニケーションを苦手とする方にとっては、働きづらいと感じる可能性があります。しかし、病院においても看護師は患者や医師など様々な人たちとコミュニケーションを取りながら働いています。

看護師としての経験があれば、特に負担に感じる必要はないでしょう。

介護施設での仕事が向いている看護師の特徴

介護施設は、病院やクリニックとは役割や業務内容、提供するケアのニーズなども大きく異なります。こちらでは、介護施設での仕事がどのような人に向いているかをご紹介します。

高齢者とのコミュニケーションが得意

介護施設では、病院やクリニックに比べ、高齢者と関わる時間が長くなります。したがって、元々高齢者と上手くコミュニケーションを取れる人が適しています。

看護師として他の職場で働き、高齢者とのコミュニケーションにやりがいを感じている方は、介護施設への転職も一考です。

老人介護・高齢者ケアに興味がある

看護師の仕事は、分野によって業務内容や求められるスキル、関わる人々が異なります。老人介護や高齢者ケアに関心がある方は、介護施設での仕事にやりがいを感じるかもしれません。

やりがいを感じる職場に出会えば、長く看護師としてのキャリアを続けることが可能です。

ワークライフバランスを重視したい

介護施設は、夜勤や残業が少ないため、ワークライフバランスを重視する方にも適しています。看護師としてのキャリアを続けつつ、プライベートとの両立がしやすいです。

病院よりもゆとりを持って看護師の仕事をしたい方におすすめです。

看護師から介護士への転職もアリ!

看護師だけでなく、介護士に転職する方も多くいます。看護師から介護士への転職を通じて、異なるやりがいや仕事の魅力を感じられます。利用者の日常生活に寄り添い、アットホームな環境で一人ひとりと向き合うことは、介護士の大きな魅力です。

また、看護師としての知識や技術は介護の仕事にも生かせ、ダブルライセンスを持っていれば採用にも有利です。実務経験を積んで、介護福祉士やケアマネージャーなどの新しいキャリアへの道が開けます。

介護施設によっては、対応する利用者のニーズや業務内容が異なるので、自分に合う職場を選ぶことが大切です。

カイテクで介護業界での仕事に挑戦してみよう!

介護施設では、看護師や介護士がそれぞれ異なる役割と業務を担っています。そのおかげで、利用者に対してさまざまな安全なサポートを提供することが可能となっています。介護施設で働く方法としては、看護師として活躍することはもちろん、介護士への転身という道もあります。自

分に介護業界が合っているかどうか気になる方は、「カイテク」での挑戦をおすすめします。楽しいことだけでなく、大変なこともありますが、介護の仕事ならではのやりがいを多く感じられることでしょう。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 給与は最短15分で当日にGET
  • 転職・副業にも利用できる
  • 専門職としてスキルアップ

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次