【事例あり】人間関係や仕事が辛い?看護師が抱えるお悩みと解決方法について

「仕事が辛い」「人間関係が辛い」と悩んだことはありませんか?

命に携わっている看護師の方のなかにも、いろんな悩みを抱えているという方は多いのではないでしょうか。悩みが大きくなりすぎると、心身ともに疲労が蓄積されるため解決方法を把握しておく必要があります。

もしも、看護師という仕事で悩みを抱えてしまった場合、どのように解決すれば良いのでしょうか?

今回では、看護師の方が抱えている悩みや解決方法についてご紹介します。

目次

看護師が抱えているお悩みはなに?

多くの看護師は、どのようなことに対して悩みを抱えているのか詳しく見てみましょう。

人間関係について

職場の人間関係について悩んでいる看護師が多い

仕事の人間関係問題は、どの職業でも起こりやすく多くの人が悩んでいることでしょう。

看護師は、先輩や後輩、同僚看護師だけでなく、医師や患者さんなど日常で多くの人と接しながら働いています。接する人が多い業種であるからこそ、人間関係で悩みやすいです。

具体的には、「特定の看護師が自分勝手な振る舞いをしている」「新人看護師に対してキツイ態度を取る先輩がいる」などといったケースがあります。

人間関係が劣悪な職場は、立場が弱い新人がターゲットになりやすく、はっきり言い返せずに悩んでしまうのでしょう。

給与・待遇面について

仕事に関して、給与や待遇面に納得できていない看護師も多くいる

主に、

  • 仕事内容の割に給与が低い
  • なかなか給料が上がらない

というような悩みが挙げられます。

看護師は、他の職種と比べて給与水準は高い方ではありますが、夜勤手当や残業手当によってそのような結果となっています。

また、看護主任や看護部長と役職に就くと昇給しますが、そのポストが少ないことが昇給が実現しづらい原因の1つとして考えられます。

給与が高い職場で働きたいと、転職する看護師も多くいます!

仕事内容・働き方について

「残業が多い」「夜勤が辛い」という悩みや、「医療事故やミスに対する不安」を抱えている看護師も多い

このような悩みが積もり、「転職をした方が良いのか」と考える方もいます。病院によって、夜勤業務がある職場とそうでない場合があります。

手当によって給与は高くなりますが、夜勤がある働き方が辛いと感じる方も多いようです。また、命に携わる職業であるため、責任の重さから悩みを抱えストレスに感じているケースも起きています。

全国のニュースでも医療事故に関する報道がされることもあり、いつ自分が当事者になるか分からないという不安もあるのでしょう。

勤務歴別の看護師のお悩みは?

看護師は、勤務歴が長くなるにつれて抱えている悩みに変化があるようです。

こちらでは、新人・中堅・ベテラン看護師のそれぞれの悩みについてご紹介します。

新人看護師のお悩み

看護師としてスタートしたばかりの新人の場合は、まだまだ分からないことの方が多く、仕事に対する不安が大きいまた、働き始めたばかりで職場の人間関係が難しいと感じている方も多くいます。

具体的な悩みとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 先輩や上司が怖い
  • 仕事を覚えることが大変
  • スキルが足りていないと感じる

看護師を目指していた頃と、実際の現場のギャップに悩む方が多いようです。新人であるため、不満を感じていてもなかなか意見をはっきり伝えることができずに悩んでしまうこともあるのでしょう。

人間関係が良好な職場に移りたくても、最初の3年は我慢しようとしてしまう方も多いと考えられます。

中堅看護師のお悩み

中堅看護師になると、後輩の指導にあたる立場になる

任される業務や責任も大きくなるので、新人の頃とはまた違う悩みがあります。

  • 仕事量が多すぎて大変
  • 上司と後輩看護師の板挟みになることが辛い
  • 転職をするか、このまま働き続けるのか迷う

後輩の指導を行うという業務や責任が増え、上司との上手く連携を図ることも必要となります。上司と後輩のパイプ役となることが多く、人間関係での悩みも大きいようです。

ある程度キャリアを積んできている時期であるため、別の職場に移るかどうかという悩みも出てきます。

ベテラン看護師のお悩み

ベテラン看護師になると、責任がさらに大きくなります。

かなり知識や技術を持っている看護師であるため、一見悩みがないように見えるかもしれませんが、ベテランが故の悩みがあります。

  • 責任が大きい
  • 体力的に辛くなってきた
  • 新しいことを覚えることが大変

勤務歴が上がると同時に年齢も上がってきますので、体力面での悩みも増えてくるようです。また、医療現場は日々技術が進化していきます。新しいことを覚え続けることが負担に感じる場合もあるようです!

看護師が限界を迎える前に行うべきことや考え方

悩みを抱えていると、限界を感じてしまうこともあるでしょう。

限界を感じてしまう前に、次のような方法や考え方を実行してみてください。

一人で抱え込まず人に相談する

看護師として働いていて、悩みを抱えた場合は一人で抱え込まないということが大事

まずは、人に相談をしてみましょう!

職場に相談しやすい人がいるとベストですが、人間関係で悩んでいる場合もあるでしょう。同じように悩んでいる看護師はたくさんいて、ネットやアプリに相談や解決方法が掲載されているものもあります。

プライベートの友人や家族に話すだけでも、心をスッキリさせることができるので、人に話すということを試してみてください!

自分のストレス発散方法を見つける

悩みを抱え込んでいるとストレスが大きくなってしまう

自分なりのストレス発散方法を見つけておくことも大事です

趣味や好きなことに没頭していると、悩みから離れることができます。プライベートまで仕事の悩みを抱えこんでいると、体をしっかり休めることができません。

体調不良を起こしてしまう可能性が高くなってしまうので、頭の中から悩みを取り除くためにストレス発散をしましょう。

無理に仕事を続けなくても良いという考えを持つ

悩みを抱えてしまったときの考え方としては、「無理に仕事を続けなくても良い」と思うことが大事

無理をしながら、同じ場所でずっと働き続ける必要はありません!

特に、看護師は病院だけでなくクリニックや他の分野で活躍できる場所が多く、転職先の幅も広いです。視野を広げると働ける場所が多くありますので、同じ場所に固執しなくても良いでしょう。

転職先を探してみると、自分に合った職場に出会える可能性が高くなります。長く働き続けなきゃという考え方は捨てて、思い切って転職活動をしてみるという方法もおすすめです。

勤務歴に関わらず一人で抱えすぎないようにすることが大事

看護師は、仕事で関わる人が多いことから人間関係で悩む方が多くいます。また、責任の重さや待遇面などの悩みも挙げられます。

勤務歴が長くなるにつれて、少しずつ悩みの内容も変化していくようですが、いずれにしても一人で抱え込まないということが大事です。

悩みを抱え込んでしまうと、ストレスが蓄積され体調にも変化が起きてしまいます。

まずは、人に相談をしてストレス発散をする方法を見つけておきましょう。悩みを解決するためには、考え方も「無理して仕事を続けなくても良い」という風に変えてみてください。

心に引っかかっていたものもスッキリさせることができるでしょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次