【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

50代から介護職で正社員は無理?目指すメリットやポイントを解説

50代で転職を考え、介護業界で働きたいと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、50代から介護の世界に飛び込むことへの不安を感じる方もいるかと思います。

今回は、50代から介護職の正社員を目指すことが可能かどうかについて解説します。

50代から介護職の正社員として働くメリットや、目指す際のポイントも紹介しますので、ぜひご覧ください。

目次

50代で介護職になったら正社員は無理?

50代で介護職になると、正社員になることは難しいのでしょうか?多くの方が介護職への転職を考える際に、「正社員になれないのではないか」と懸念し、前に進むのをためらうことがあるかもしれません。

こちらでは、50代で介護職になった場合に正社員として働くことが可能かどうかについて解説していきます。

結論:50代からでも正社員になることは可能!

「50代で介護職の正社員になることは可能なのか?」と疑問に思う方も多いことでしょう。

結論から申し上げますと、50代から介護職に転職しても正社員になることは十分可能です。

筆者が介護施設で働いていた際にも、50代から介護の仕事を始め、正社員となった方は数多くいました。しかし、50代で正社員になった方々は、最初はパートやアルバイトからスタートし、一定の条件を満たしてから正社員となったケースが多いようです。

正社員になるルートは人それぞれであり、雇用先の事業者の方針によっても異なります。

ただし、正社員になるためには条件を満たす必要がある場合も

50代で介護職に就いた場合、正社員として働く可能性は高いですが、特定の条件を満たす必要がある場合もあります。これは介護施設や事業所の方針に大きく依存するため、一概には言えません。一般的に、入職自体は比較的容易ですが、正社員として認められるまでのハードルはそれなりに高いと感じることもあるでしょう。ただし、介護施設や事業所によっては、未経験や無資格でも最初から正社員として採用されるケースも存在します。

正社員として採用されるための一般的な条件には、資格の保有や夜勤の対応能力が含まれることが多いです。介護関連の資格を有し、夜勤を含むフルタイム勤務が可能であれば、50代で未経験でも正社員になる可能性は高まります。さらに、介護業界での経験がある場合、正社員への道はより早く開ける可能性があります。

事業者によって正社員採用の条件は異なるため、興味のある方は事前に問い合わせを行うと良いでしょう。

50代から介護職で正社員になるメリット

実は、50代から介護職に正社員として就くメリットは多いです。これは、実際に50代から正社員として介護職に就いた経験を持つ筆者だからこそ、言えることです。50代で介護職に転職することに不安を感じている方には、まずメリットを知っていただきたいです。

そこで、ここからは50代から介護の仕事を始めて正社員になるメリットを解説していきます。

定年まで安定できる

日本での定年年齢は、現在大体60~70歳とされています。50代であれば、定年まで働く年数は10~20年程度となります。物価の高騰が続き、経済が不安定であると言われる日本で生活を続けるなら、安定した収入を得たいと考えるのは当然です。安定性という観点で言えば、介護の仕事を始めることは有利である可能性が高いです。

今後も需要が続くと言われている介護業界で働き続けることで、定年まで安定した収入を得ることができます。

時間の融通が利く

介護の仕事には、さまざまなジャンルがあり、ライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。例えば、平日に用事が多い場合は、比較的平日に休みを取りやすい入居型の介護施設の仕事を選択すると良いでしょう。また、規則正しい勤務を希望するなら、デイサービスなどの選択肢もあります。ライフスタイルに合わせた介護の仕事が選べることも、大きなメリットであると言えるでしょう。

他の仕事よりも、比較的融通を利かせやすい可能性があります。

これまでの人生経験を活かすことができる

介護の仕事では、利用者やスタッフとのコミュニケーションが必須です。特に、高齢の利用者とのコミュニケーションにおいては、人生経験豊富な50代のスタッフが活躍する可能性があります。また、高齢者が好むイベントに関しては、人生経験が豊富な50代のスタッフの方が的確な提案をする傾向にあります。

これまでの人生経験を仕事に活かし、充実した働き方ができるかもしれません。

人と関わりながら仕事ができる

  • 人との関わりが少ない仕事についていらっしゃる方
  • 接客が大好きな方
  • 一人暮らしをされているため、もっと誰かとお話ししたいと思っている方

上記のような方には、コミュニケーションの機会が多い介護の仕事がおすすめです。介護の仕事には大変な面もありますが、笑顔に溢れる日も多くございます。

高齢者やスタッフとの関わりに楽しさを見出すことができれば、長く仕事を続けることができるかもしれません。

50代から介護職で正社員を目指すときのポイント

50代から介護職の正社員を目指すことはもちろん可能ですが、その際に押さえておきたいポイントがいくつかあります。これらのポイントをクリアすることで、50代からでも正社員として将来性のある働き方が可能となるでしょう。

ここでは、50代から介護職で正社員を目指す際のポイントについて解説します。

資格を取る

介護業界では、資格を持っているだけで有利になる傾向があります。未経験から介護施設への入職を考えている場合、特におすすめなのは「介護職員初任者研修修了者資格」や「介護福祉士実務者研修修了者資格」です。これらの資格は研修を受講して取得できるため、比較的簡単に取得できます。

実務者研修修了者資格の詳しい取得方法については、下記の記事をご参照ください。

https://caitech.co.jp/media/9448/

50代からも正社員として働ける職場に応募する

正社員として雇用されるための条件が設けられている介護施設・事業所も多いですが、一方で、条件なしでフルタイム勤務を前提に最初から正社員として雇用してくれる職場も存在します。正社員への確約を望む場合は、その旨が明記された求人に応募するのも良いでしょう。

求人情報だけでは詳細がわからない場合は、面接を受けてその場で質問するのもおすすめです。

なるべく長く勤められそうな職場を選ぶ

50代で介護職の正社員を目指す場合、初めはパート職員として働き、資格取得や経験を積んでから正社員になるのが一般的なルートです。このような理由から、長く勤められる介護施設を選ぶと、正社員になる可能性が高まります。収入を安定させる意味でも、長期間勤めることには大きなメリットがあります。

自分に合った居心地の良い職場選びが重要です。

職場選びとして単発バイトをしてみる

長く勤めるためには、職場の雰囲気を知ることが非常に重要です。しかし、通常、職場の雰囲気を知った上で入職するのは難しいと言われています。派遣であれば職場の雰囲気を知ることが可能だと思う方もいるかもしれませんが、派遣では決められた期間の仕事を完遂しなければなりません。

たとえ1日や2日でミスマッチだと感じても、1ヶ月と決まっていればその期間は出勤する必要があります。そこでおすすめするのが、介護の単発バイトアプリ「カイテク」を利用した転職活動スタイルです。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」介護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録しております!

カイテクでは、派遣のような縛りがなく、自由に単発バイトとして職場に入ることができます。職場の雰囲気を確認しながら稼ぐことも可能で、すでに職がない方には特におすすめの転職方法です。職場の雰囲気がつかめず、「自分に合っていなかったらどうしよう」と介護施設への転職に悩んでいる方は、介護系の資格を取得した後、カイテクで転職活動を進めてみましょう。

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

50代から介護職の正社員になりたい方は、カイテクで職場選びをしてみよう!

50代から介護職の正社員を目指したいと考えるなら、資格取得が最も効果的な近道だと筆者は考えます。資格を取得した後、長く勤められるような職場選びの方法としてカイテクを利用し、単発バイトを経験すると良いでしょう。

50代からの転職は勇気が必要かもしれませんが、正社員として活躍する可能性は十分にあります。そのためには、安定して働ける職場を慎重に選び、介護職場の雰囲気を重視することが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次