【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

看護師で年収700万円は可能?到達しやすい職種や年収アップを解説!

看護師の仕事は、一般的に「年収が高い」と思われがちです。しかし、実際には職場や職種によって年収の額は様々です。

「もっと収入を高くしたい」と感じている方は多いのではないでしょうか。たとえば、年収700万円は日本の平均年収よりも高いですが、看護師としては実現可能な金額なのでしょうか。

今回では、看護師として年収700万円に到達しやすい職種や年収アップの方法についてご紹介します。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

看護師で年収700万円は難しい?

年収700万円となると、月の手取り金額はおおよそ44万円ほどとなります。看護師としてこれを実現することが可能なのか気になるところです。

こちらでは、看護師の年収700万円を実現する可能性や、看護師の平均年収について詳しく紹介いたします。

看護師で年収700万円は実現できる

結論から申し上げますと、看護師の職務で年収700万円を実現することは可能です。ただ、一般的な企業と同様に、看護師としての経験が浅い段階では年収700万円に到達することは難しいでしょう。

看護師は、勤続年数や経験に応じて、看護主任、看護師長、看護部長へと昇進していきます。それに伴い、給与も上がっていきます。また、勤務先の病院や施設の規模によっても年収には大きな差が出ます。

年収700万円を目指す場合、大規模な病院や施設への転職を考慮すると良いでしょう。

看護師の平均年収は約500万円

厚生労働省の調査によれば、看護師の平均年収は約508万円です。前年の調査結果が年収498万円であったことを考慮すると、平均年収は上昇していることが確認できます。

この数字を見ると、看護師の年収は高いと感じる方もいるかと思います。しかし、医療系の職種として比較すると、看護師の平均年収は若干低めとなります。

例えば、薬剤師との比較では、約75万円の差が確認できます。

年齢や経歴によって年収に差がある

看護師の年収は、年齢や経験によって大きく変わります。

例として、20〜24歳の看護師(女性)と55〜59歳の看護師との間には、月収で約10万円の差があります。また、経験年数による比較でも、1年目の新人看護師と15年以上のベテラン看護師とでは、年収に約200万円の違いが見られます。

看護師としての現場経験が長ければ長いほど、高い年収を目指すことが可能になります。

看護師の年収700万円に到達しやすい職種

年収700万円という目標を実現することは、決して不可能ではありません。看護師が活躍できる場面は数多くあり、中には高収入を得ることがしやすい職種も存在します。

こちらでは、年収700万円を目指しやすい看護師の職種についてご紹介いたします。

病院・介護施設の管理職

病院や介護施設で管理職として働く場合、基本給やボーナスに加え、役職手当が付与されることが一般的です。
特に、大学病院や総合病院のような大規模な病院では、多くの患者を受け入れるため、高収入を得るチャンスが増えます。

介護施設においても、入居費用が高い老人ホームでは、看護師の給料も高く設定される傾向があります。

夜勤がある場所は、収入が高い職場の特徴とも言えます。日勤のみのクリニックやデイサービスなどと比較すると、夜勤手当などの差で収入に大きな差が出ることが多いです。

職場や役職によりますが、例えば看護部長になれば、月5〜6万円の手当が付与されることも考えられ、目標年収に近づく可能性が高まります。

フリーランス看護師

フリーランスの看護師は、特定の病院・施設に所属せず、業務委託契約などで働いています。毎月の収入が安定するわけではありませんが、働き方次第で年収700万円を目指すことも十分考えられます。

常勤の看護師のヘルプ要員としてや、登録制の訪問看護、健診・美容クリニックなど、様々な場所での活動が可能です。さらに、書籍の執筆や講演活動なども行っているフリーランスの看護師もいます。

自分で働く時間や場所、報酬を選べるため、工夫次第で高収入を目指すことができます。

一般企業勤務

看護師の資格を活かして、医療機関以外の一般企業での勤務も考えられます。医療機器メーカーや品質管理の仕事での活躍の場が増えてきています。また、企業の医務室で、社員の健康診断や保健指導を担当するような働き方もあります。

臨床経験を活かしながら、高収入を得ることが期待できる職種も多いです。

看護師が年収700万円を目指すためには?

看護師の平均年収や高収入を得るための方法についてご紹介します。

では、年収700万円を目指すには、どのような取り組みが必要でしょうか?

今回は、その方法について詳しくご紹介いたします。

管理職を目指す

看護師は、キャリアを積むことで年収が徐々に増加する傾向があります。そこで、看護主任や看護師長、さらには看護部長を目指すことで、年収700万円に近づく可能性が高まります。特に、大規模な病院の管理職を目指すことがおすすめです。大きな病院は病床数が多く、スタッフの基本給も高めに設定されているためです。

容易ではありませんが、着実にキャリアを築いていくことで、高収入を目指すことができます。

手当が付く資格を取得する

看護師として資格を追加で取得すると、手当が増加します。年収700万円を目指す場合、手当が加算される資格を取得するのが有効です。具体的には、専門看護師や認定看護師、認定看護管理者などの資格が考えられます。

これらの資格を持つことで、上司へのアピールポイントとなり、キャリアアップの道が拓けるでしょう。

ダブルワークをする

キャリアアップや資格取得だけでなく、ダブルワークを検討することも一つの方法です。しかし、看護師のダブルワークは体力的、スケジュール的に厳しいと感じる方も多いでしょう。そんな方には、「カイテク」がおすすめです。

カイテクを利用すると、1日単位のアルバイトが可能となり、自分のペースで収入を増やすことができます。

様々な場面での経験が得られるため、スキルアップにも繋がります。

高収入の職場に転職する

現在の職場で年収700万円が難しいと感じる場合、高収入を得られる職場への転職も選択肢として考えられます。
大規模な病院、介護施設、一般企業など、多岐にわたる選択肢が存在します。フリーランス看護師としての道も考慮できるでしょう。

転職を考える方には、再度「カイテク」をおすすめします。マッチングを経て、正式に採用されるケースも多いです。

職場の雰囲気や給与、勤務時間をしっかり確認できるため、自分に合った職場を見つけることができます。

働き方次第で目標の年収700万円は実現できる

看護師として働きつつ年収700万円を目指すのは簡単ではありませんが、決して不可能ではありません。高収入を目指すための環境や働き方を選ぶことで、目標に近づけるでしょう。「カイテク」をはじめ、さまざまな方法を利用して、自分に合った職場や働き方を見つけてください。

カイテクは「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次