【2024年版】単発バイトアプリおすすめランキング!

ブランクを埋めたい!看護師の勉強のやり直し方法について解説

結婚や子育てなどで一度離れたとしても、看護師は国家資格を持っており、人手が不足している現場も多いため、比較的復職しやすい環境が整っています。しかし、ブランクがある場合、多くの方が復職することを「不安」や「怖い」と感じるでしょう。そういったブランクを埋めるために、改めて勉強を始め、復職に向けた準備を行うことが大切です。

今回では、看護師のブランクを埋めるために必要な勉強のやり直し方法についてご紹介いたします。

目次

ブランクがある看護師の勉強のやり直し方法

こちらでは、ブランクを埋めるために必要な勉強のやり直し方法についてご紹介します。

参考書やアプリを活用して独学で勉強する

今すぐ勉強を開始したいという方は、参考書やアプリを使って独学で勉強を進めましょう。現在、紙媒体だけでなく、看護師向けの勉強アプリが数多くリリースされています。

基礎的な内容から専門分野に特化したものまで、さまざまな種類があります。復職先が決まっている場合は、その病院や部署の専門分野に特化した参考書やアプリを活用しましょう。

ただし、独学の場合は、そのツールの信頼性を重視しなければなりません。

学会や総合病院の医師監修など、プロが携わっているものを選ぶことで、しっかりとした知識やスキルを身につけることができます。

通信講座を利用する

自分のペースで勉強を進めたい方には、復職支援を目的とした通信講座もおすすめです。通信講座を申し込むと、教材が自宅に届きます。家事や育児で忙しい方も、自分の生活リズムに合わせて勉強を進めることができます。

看護師としての勉強を再開する場合、各種スクールに通うとなるとある程度の時間や費用が必要です。しかし、通信講座の場合、時間や費用を抑えることが可能です。さらに、学習中のサポートも充実しているため、不安な部分をそのままにせず、安心して勉強を進めることができます。

准看護師から正看護師の資格取得も目指せます。

セミナーや研修を受講する

公的機関や民間企業が開催する看護師の復職を目的としたセミナーや研修もおすすめです。例えば、厚生労働省指定の日本看護協会の研修や、大学病院の復職支援センターなどがあります。信頼できる質の高いセミナーや研修を選ぶことが大切です。

無料で受講できるものもあるので、自治体や地域の総合大学を調べてみましょう。セミナーや研修では、復職までのカウンセリングや、採血・注射・吸引・一時救命処置などを学ぶことができます。

ブランクを埋めるための内容が提供されており、復職への不安を軽減できるでしょう。

ナースセンターの支援を受ける

各都道府県のナースセンターでは、復職を希望する看護師向けのさまざまな支援を行っています。ブランクがある看護師のために、復職支援研修や医療実習が提供されています。ナースセンターでの研修や実習を受けることで、新しい医療・看護の情報を学び、最新の知識・技術を習得できます。

各都道府県によって研修や実習内容が異なるため、お住まいの地域のナースセンターを確認しましょう。

日頃から医療・福祉業界の最新情報をチェックする

看護師として復職を目指す場合、常に最新の情報を取得しておくことが大切です。新聞やテレビ、スマートフォンなどを使い、現場の状況や使用されている知識・技術を確認しましょう。

新しい情報を効率よく学ぶことで、仕事の質やスピードを向上させることができます。

復職を目指す看護師が勉強しておくべき内容

医療の現場では常に技術が進歩しています。そのため、ブランクを埋めるためには、復習と知識のアップデートが重要です。こちらで、ブランクがある看護師が復職を目指す際の、勉強しておくべき内容についてご紹介します。

基礎看護知識・技術の復習

復職に向けて、基礎となる知識・技術を再度勉強し直しましょう。働く部署や場所に関わらず、これは看護師としての基本です。

点滴や採血、バイタルサインの基準値や異常値、救命救急処置、患者の日常生活の支援など、あらゆるスキルを復習します。ブランクがあると、何度も繰り返した基礎でも忘れてしまう部分があるかもしれません。

改めて勉強し直すことで、現役で働いていたときよりもスキルをアップデートすることができます。

配属先の診療科で携わる疾患や治療

復職先が決まっている場合、配属先でよく接する疾患や治療について、前もって勉強しておきましょう。治療をスムーズに行うために、疾患や治療に関する知識は必須です。

自分に合った勉強方法で、診療科でよく見られる疾患や治療について予習しましょう。

配属先でよく用いられる薬

疾患や治療に関する内容だけではなく、薬の知識も身につける必要があります。以前働いていたときと違う薬が使用されていることも考えられますので、薬に関する知識のアップデートは欠かせません。

配属先で頻繁に用いられる薬の名前や効果、副作用について学びましょう。職場によっては、薬に関する勉強会を定期的に開催していることもあります。

薬の知識を高めることで、医療事故の予防や患者さんの医療満足度の向上、看護の質の向上などのメリットが得られます。

検査データの見方

血液データや検査データの正常値・異常値、CTやMRIなどの画像データの読み取り方など、各種検査データの解釈についても復習しましょう。検査データに異常が見られた場合、医師に速やかに報告し、適切な処置を行うことが求められます。

患者さんの健康管理における重要な判断基準となりますので、しっかりと勉強しておきましょう。

看護師の復職後に行うべき勉強方法

ブランクを埋めるためには、復職前に勉強をし直して準備するだけでなく、復職後も継続的に勉強をすることが大切です。こちらでは、看護師として復職した後に行うべき勉強方法についてご紹介いたします。

先輩看護師や周りのスタッフに積極的に質問する

ブランク明けでは、わからないことが多く出てくるかと思います。わからないことや、どうしたらよいか迷ったときは、すぐに先輩看護師や周りのスタッフに質問することが大切です。「新人看護師ではないのに」「忙しそうだから申し訳ない」と思って遠慮する必要はありません。

わからないことは積極的に尋ねて、自分のスキルアップにつなげていきましょう。

疑問点を翌日に持ち越さない

その日に感じた疑問は、その日のうちに解消するよう心がけましょう。以前働いていたときと変わっていることも多く、ギャップを感じたり、戸惑うこともあるでしょう。その日の疑問を翌日に持ち越してしまうと、後々困ることが起きるかもしれません。

疑問点やもやもやした感情は、翌日に持ち越さないことを意識しましょう。

職場の教育制度を利用する

職場によっては、看護師やスタッフ向けの研修や勉強会を開催していることもあります。職場の教育制度を利用することで、日常の業務に即した知識や技術を学ぶことができます。

学んだことを直接実践することができるため、自分の自信にもつながるでしょう。

自分に合った方法で看護スキルをアップデートしよう!

看護師への復職で、ブランクを感じて不安に思っている方は、基礎から復習し、新しい知識・技術を取得することが重要です。独学や通信講座も選択肢の一つですが、ナースセンターや自治体、民間の支援制度を活用するのもおすすめです。

看護師の復職には、カイテクがおすすめです。

カイテクは、「近所で気軽に働ける!」看護単発バイトアプリです。

  • 最短15分で給与GET
  • 面接・履歴書等の面倒な手続き不要
  • 働きながらポイントがザクザク溜まる!

20万人以上の看護師などの有資格者が登録しております!

1日単位での再スタートが可能なので、ブランクがある方でも挑戦しやすいでしょう。自分に合った方法でスキルを更新し、カイテクで良い職場を見つけてください。

\ 働きながら ポイントが貯まる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次