勝ち組社会福祉士って?負け組と思う人の意見や就職成功方法を解説

社会福祉士を目指している方々の中には、「実際に就職した後、どのような仕事生活を送ることになるのか」について気になる方もいるかもしれません。難易度の高い社会福祉士資格を取得した後、充実した生活を目指したいと考えるのは自然なことですよね。 

今回では、「社会福祉士が充実した生活を送っていると言えるのか?」「そうでないと考えている人の意見は?」といった視点から考察していきます。

また、現役の社会福祉士の方々の意見をもとに、「より充実した生活を送るための方法」についても紹介します。

目次

社会福祉士は勝ち組?

社会福祉士は勝ち組であるか、負け組であるかという論争は、ときどきSNS上などで議論されています。

この問いに対する答えは容易に出るものではありませんが、果たして社会福祉士は勝ち組なのでしょうか?

こちらでは、社会福祉士が勝ち組であるか、また勝ち組の定義について解説していきます。

結論:勝ち組になれる可能性もある

結論から申し上げますと、「勝ち組」か「負け組」か「普通」かは、その人の感じ方によるものであるといえます。

すべての社会福祉士が「勝ち組」と感じているわけではないからです。これは、環境や仕事内容、本人の気持ちが大きく関わってくるからです。しかし、勝ち組社会福祉士になりたいと思っている方であれば、工夫次第で誰でもなれる可能性もあります。

勝ち組社会福祉士を目指す方法は記事内で更に詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください。

勝ち組の定義とは

勝ち組の定義は、これといった条件というよりも、ずばり「本人がどう感じているか」です。

本人が社会福祉士として成功していると思えば「勝ち組」で、満足できていなかったり、社会福祉士になったことを後悔していたりなど、マイナス思考に陥っている場合は勝ち組とはいえない状態であるといえます。つまり、勝ち組になりたいなら、自分が満足できる環境を手に入れられるかが大切なのです。

社会福祉士として勝ち組と感じている方は次のようなことに満足できている傾向にあります。

  • 仕事内容
  • 給料
  • 職場環境
  • 人間関係
  • 給料以外の待遇

自分に合った職場で働き、給料や仕事内容に納得できている社会福祉士は、比較的「勝ち組」と思えているのかもしれません。

勝ち組になれるかは人による

上記で説明した通り、勝ち組になるか否かは「勝ち組であると自分自身が思えるか」にかかってきます。ポジティブな思考だけでなく、納得できる職場環境も大切です。

勝ち組の社会福祉士は、その気になれば誰でも目指すことができますが、いざ環境が整ったときにそれをポジティブに捉えられる能力も大切であるといえます。勝ち組かどうかを決めるのは自分自身です。納得のいく職場環境を目指せるかが重要です。

反対に、勝ち組と思えない社会福祉士は、どの点に不満を持っているのでしょうか?

次の章では、勝ち組と思えない方の意見も紹介していきます。

社会福祉士で勝ち組と思わない人の意見

社会福祉士の中には、「自分は勝ち組だとは思えない」と感じている方もいるようです。

それでは、なぜ「勝ち組ではない」と感じてしまうのでしょうか?

こちらでは、実際に社会福祉士として働いている方々が「勝ち組とは思えない」と感じる一般的な理由を説明します。

仕事量が多く自分の時間がない

多すぎる仕事量により、自分の時間がなくなると、「勝ち組とはいえない」と感じてしまうようです。このような意見を持つ社会福祉士は多い傾向にあります。

仕事内容に納得しているかどうかは別として、自分の時間がなくなるほど多忙だと、社会福祉士として満足できる状態とは言えません。

給料が少ない

せっかく難易度の高い社会福祉士資格を取得したのに、給料に反映されないのは厳しいものです。職場によっては、社会福祉士であっても給料が少ないケースがあります。

給料に納得できないと、「自分は社会福祉士として負け組なのかもしれない」と思ってしまうことも多いようです。

仕事内容が充実していない

社会福祉士としての仕事内容が充実していない場合も、「勝ち組である」とは感じられないようです。

「入社してみたらやりたい仕事とは違った」など、仕事に楽しみを見いだせない場合は、社会福祉士としてのモチベーションが上がらないこともあります。

社会福祉士としての「勝ち組」「負け組」を語る上で、仕事内容の充実は重要な基準となります。

自分の意見が反映されづらい

どれだけ給料が良くても、発言権がなさすぎる職場では、「勝ち組」とは言えないこともあります。その職場がそういう性質のものだと割り切り、本人が満足していれば「勝ち組」と言えます。しかし、それに対する不満を抱いている場合は、「勝ち組」とは言えません。

上司が威圧的であったり、問題点が改善されないような環境ではストレスが溜まってしまいます。「勝ち組」かどうかを判断する際の重要なポイントは、自分の発言権があるかどうかです。

発言権があることで、社会福祉士としての自己存在意義を感じることができるでしょう。

社会福祉士で勝ち組になる方法

せっかくなら、社会福祉士として自分が勝ち組であると感じながら仕事をしたいですよね。

勝ち組になるには、運だけでなく自分の努力や工夫も必要です。正しい方法で、勝ち組社会福祉士を目指していきましょう。

ここからは、社会福祉士として勝ち組になるための方法を4つ紹介していきます。

自分が何をやりたいのかを明確にしておく

社会福祉士として勝ち組になりたいなら、自分がどんな仕事をしたいのかを明確にしましょう。

自分がどうなりたいのかを明確にすることで、進むべき道が定まります。どうなりたいかや目標が漠然としていると、いつまで経っても現状に満足できない状態が続く可能性が高いです。

自分の気持ちを整理するためにも、今一度自分自身と向き合い、「社会福祉士として何がしたいか」を考えてみましょう。

就職先をしっかりと調べる

どんな社会福祉士になりたいかを具体的に考え、現在の職場では叶えられないと判断した場合は転職も視野に入れてみましょう。

就職・転職する場合には、就職先のことをしっかりと下調べすることが大切です。公式HPや職場のブログなど、さまざまな情報を探し隅々までチェックしておきましょう。

より多くの情報を把握した上で転職を決めると、希望に合った職場で働ける可能性が上がります。

社会福祉士以外の資格取得を目指す

勝ち組として活躍したいなら、より多くの資格を取得しておくのも一つの方法です。特にケアマネージャーなどの資格をダブルライセンスとして持っていれば、仕事の幅も広がります。

転職にも有利になるため、ダブルライセンスを取得することには損はありません。

カイテクで職場の雰囲気を掴んでから就職する

就職先の雰囲気や人間関係までは、HPや求人欄でチェックすることはできません。それは自分で体感するしかないのです。しかし、面接時や見学時には、雰囲気や人間関係が自分と合っているかまでは確認できないでしょう。

そこで、おすすめなのが介護単発バイトアプリ「カイテク」の活用です。

カイテクは面接なし・給与即金の介護単発バイトアプリです。

現在、100,000人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録

  • 面倒な手続き不要面接・履歴書無し!
  • 給与は最短当日にGETアプリで申請・口座に振込!
  • 転職にも利用できる実際に働いて相性を確認!
  • 専門職としてスキルアップ様々なサービス種類を経験!

カイテクは社会福祉士資格を持っていれば、登録することが可能です。登録して介護施設などで単発バイトができるため、雰囲気や人間関係など、入らないとわからない職場の環境が把握しやすいのがメリットです。

就職・転職先に迷ったら、ぜひカイテクを活用して、スムーズな就職・転職活動に繋げていきましょう。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

堂々と「勝ち組」といえる社会福祉士になろう!

社会福祉士として勝ち組と感じられるような働き方ができると、自分のQOL(Quality of Life)もぐんと上がります。

仕事に満足しながら生活できるのは、なによりの幸せでしょう。勝ち組の社会福祉士となって充実した生活を送るためにも、その準備が大切です。カイテクなど、便利なアプリやツールを活用しながら、勝ち組社会福祉士への道を進んでみてください。

あなたが幸せな社会福祉士として活動することが、質の高い介護サービスの提供に繋がり、結果的に福祉を必要とする地域住民の生活の充実に繋がるのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次