「介護職、辞めてよかった」退職のメリットやタイミング、おすすめの転職方法を解説!

介護職を続けていく中で、「辞めたい」と感じる瞬間は数多くあるかもしれません。しかし、実際に退職するという選択をすると、「本当に辞めるべきか」、「辞めた後に何をすべきか」など、さまざまな不安が浮かんできますね。

今回は、介護職を辞めるメリットや適切なタイミング、おすすめの転職方法について解説します。

目次

介護職を「辞めてよかった」と思うことは?

介護職を辞めたいと考えているけれど、「本当に辞めても良いのだろうか」と悩んでいる人は多いでしょう。

ここでは、介護職を「辞めてよかった」と思う場面や理由をいくつかご紹介します。

退職・転職をして後悔したくない方は、ぜひ参考にしてください。

人間関係問題から解消された

介護職の離職理由の中でも頻繁に挙げられるのが、「人間関係問題」です。多くの人が職場の人間関係に疲れ、退職を選択しています。

退職すると、苦手なスタッフとも接する必要がなくなります。そのため、退職によって人間関係の問題が解消され、安心する人が多いようです。

働いていると、どうしても性格が合わない人に出会うことは避けられません。また、あからさまに意地悪な態度を取る職員もいるようです。

スタッフ同士の関係が悪いと、職場全体の雰囲気が悪くなり、退職を希望する人が増えやすくなります。

身体的・精神的ストレスから解放された

介護の仕事は、身体的にも精神的にもストレスが蓄積しやすいです。介助業務では、自分よりも身体の大きい利用者を支えることもあり、腰や肩を痛める人も多いです。

また、夜勤が多い職場では生活リズムが崩れやすくなります。時折、利用者から理不尽な要求を言われ、「しんどい」「大変」と感じる場面に遭遇することもあります。

これらからくる心身のストレスを抱える人も少なくありません。しかし、このような悩みを抱えている人が退職すると、心身のストレスが解放されます。

悩みから解放されることで、「辞めてよかった」と実感できるでしょう。

転職後に給料が上がった

転職後に給料が上がったことで、「辞めてよかった」と感じるケースも多いようです。法改正によって改善されている部分もありますが、未だに介護職の給料が安いという声は根強くあります。

自分が望む待遇が揃っている職場を選ぶことで、将来や生活面での安心を得られます。

働きやすい環境へ移れた

介護業界には、コミュニケーションが取りづらい、休暇が十分に取得できないなど働きづらいと感じる職場もあります。

介護の仕事が好きであっても、働きづらい環境に長くいると、働くモチベーションを見失ってしまいます。モチベーションが低下すると、次第に退職を考える方向に向かいやすくなります。

職場を変えることで、新たな介護職としてのやりがいやモチベーションを発見できるかもしれません。

介護職を辞めるベストなタイミングは?

介護職を辞めたいと思っている場合でも、タイミングを逃すと損をしてしまう可能性があります。また、次の就職先が見つからず、生活が困難になることもあります。

こちらでは、介護職を辞める最適なタイミングについてご紹介します。

ボーナスが支給された後

退職後に後悔しないタイミングとしては、ボーナス支給後がおすすめです。退職すると、収入が途絶える期間が続くこともあるからです。

生活面での安心感を得るために、ボーナスでまとまった収入を得てから退職することを推奨します。これまでの評価がボーナスに反映され、それが報酬となります。

ボーナスを受け取ってすぐに辞めることに罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、それは必要ありません。

3ヶ月分程度の貯蓄ができた時

退職後の生活をより安心して過ごせるように、給料の3ヶ月分ほどの貯蓄があるときに辞めることを考えてみても良いでしょう。退職してから転職活動を始めるとなると、生活面での不安はつきものです。

すぐに再就職できない可能性を考慮し、十分な貯蓄ができてから退職することをおすすめします。

転職先が決まった時

安心を求め、またはすぐに新しい職場に移りたいという方は、在職中から転職活動を始めると良いでしょう。応募先から内定を受けた後、現在の職場に退職の意向を伝えます。

ただし、退職を伝える前には就業規則を確認し、行動するようにしてください。

退職を伝える際には、感謝の意を表しつつ、明確な意志を貫くことが重要です。退職までのスケジュールをしっかりと立てることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

介護職おすすめの転職方法

介護職の転職方法として、主に3つのパターンが考えられます。全く別の業界へ進む方法、これまでの知識や経験が活かせる業界へ進む方法、そして介護業界内で転職をする方法です。抱えている悩みや目標によって、選ぶ方向は異なります。

ここでは、介護職の方におすすめの転職方法をご紹介します。転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

介護職から全く別の業界へ進む

「もう介護の仕事はいい」と感じたり、「介護の仕事に疲れた」と感じる方は、無理をせずに全く別の業界へ進むことをおすすめします。

例えば、一般職や事務職では夜間に働くことはほとんどなく、規則正しい生活を送ることが可能です。また、パソコンが得意な方は、プログラマーやエンジニアの道もあります。

自分が得意なことやチャレンジしたい仕事は何かを考えると、新しい道が見つかるでしょう。

介護職の知識・経験を活かせる職種に移る

これまで積み重ねてきた介護職の知識や経験は、さまざまな仕事で活かせます。例えば、看護師や保育士は介護職と同じく人のサポートをする仕事です。

介護の資格を持っていると、保育士の資格取得が容易な制度もあります。保育士試験で免除される科目もあるので、転職を考えている介護職の方にはおすすめです。また、看護師になるには国家資格を取得する必要がありますが、介護職と比べて給料が高く、待遇も良いという魅力があります。

介護とは別の業界へ進みたいという方は、新たに資格取得を目指して転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

「カイテク」を利用して介護業界内で転職する

介護の仕事が好きだけど、今の職場が合わないと感じる方は、転職サイト「カイテク」を利用しましょう。

カイテクは面接なし・給与即金の介護単発バイトアプリです。

現在、100,000人以上の介護福祉士など介護の有資格者が登録

  • 面倒な手続き不要面接・履歴書無し!
  • 給与は最短当日にGETアプリで申請・口座に振込!
  • 転職にも利用できる実際に働いて相性を確認!
  • 専門職としてスキルアップ様々なサービス種類を経験!

カイテクでは、介護施設や病院などの求人情報が掲載されています。日勤や夜勤のみといった働き方の選択肢も多く、登録すれば1日単位の仕事を探すことも可能です。

ダブルワークをしながら自分に合う職場を探すことができます。職場環境を変えて、気持ち新たに介護の仕事を続けることをお考えの方にはおすすめです。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

働き方を変えることで仕事の悩みを解決できる

介護の仕事は、体力的にも精神的にもストレスが蓄積しやすく、職場環境に合わないと感じることもあり、「辞めたい」と思う気持ちが生じやすいものです。しかし、職場や働き方を変えることで、現在抱えている悩みを解消できるかもしれません。

「体験型転職支援」を利用して、他の職場の環境を体験することもおすすめです。まずは1日単位の仕事から自分に合う職場を探してみましょう。

新しい環境で働くことで、介護の仕事のやりがいや魅力を再発見できるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次